桑田佳祐、紅白で本格復帰 紋付きはかま姿で登場

1月1日(土)0時54分 J-CASTニュース

   サザンオールスターズの桑田佳祐さん(54)が2010年12月31日、NHK紅白歌合戦のスペシャルゲストとして登場し、事実上の「復活宣言」を行った。



   桑田さんは、嵐・いきものがかりが対戦した直後の23時過ぎ、都内のスタジオから、紋付きはかま姿で登場。司会の松下奈緒さんが、



「全国の皆さんにメッセージを」


と水を向けると、



「全国放送なんですか。まずいな…」


とジョークを飛ばす余裕を見せつつ、



「大変ご心配をおかけしましたが、皆さんの声援のおかげで素晴らしい年になりました。みんなから沢山いただいたメッセージで、新たに飛躍できたら」


と、視聴者に「復活宣言」。「それ行けベイビー!!」「本当は怖い愛とロマンス」の2曲を、背景にバニーガールをはべらせながら披露した。


   NHKホールの楽屋裏ロビーでも、大勢の報道陣がモニターに釘付け。桑田さんの姿が映し出されると、「おおーっ!」と歓声があがっていた。番組終了後、紅組司会の松下奈緒さんも、



「『ああ、お帰りなさい』という気持ち。ご一緒させていただいて嬉しかったです」


と話していた。


   桑田さんは10年7月に食道がんが見つかり、8月に手術を受けた。その後、アルバム制作に向けたレコーディングを再開し、本格復帰の時期が注目されていた。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

復帰をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ