指原莉乃、大島優子卒業で「だらだらしたグループに」と心配

1月1日(水)18時7分 J-CASTニュース

   AKB48の大島優子が12月31日(2013年)のNHK紅白歌合戦のステージで卒業を発表したことを受け、AKBの卒業生からは「お疲れ様」といったねぎらいの言葉がツイッターやグーグルプラスで相次いだ。




「優ちゃんひとまずお疲れ様」(前田敦子)
「今年も、もう終わっちゃうー  てか、優子卒業おめでとう びっくりした。笑」(板野友美)


   半面、年下の現役世代には悲壮感も漂う。HKT48の指原莉乃は、大島が「精神的な支柱」だったとして、卒業後を



「だらだらしたグループになっちゃうんじゃないかって、少し不安です。ゆうこちゃんがいつ卒業するかわからないけど、みんなで話し合いを重ねて意見を合わせるしかありません」


と案じる。HKT48の兒玉遥は



「飲んでた昆布茶を吹いてしまいましたΣ(゚□゚*)驚きで思考が停止してます」


と、固まってしまった。


   また、AKBグループオタクとして知られる漫画家の小林よしのりは、



「やっぱりこうなったか。 言葉もない。 もう風呂入って寝る!」


と絶望感を隠さなかった。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

大島優子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ