ゴールデンボンバー樽美酒、紅白「丸刈り」を釈明 「びっくりしたよな〜...ゴメンなぁ」

1月1日(木)14時10分 J-CASTニュース

丸刈り前の樽美酒研二(12月29日撮影)

写真を拡大

   エアーバンド「ゴールデンボンバー」の樽美酒研二(34)が、12月31日(2014年)の「第65回NHK紅白歌合戦」出演中に「丸刈り」パフォーマンスを披露した。出演を終えた樽美酒は、ブログで「びっくりしたよな〜...ゴメンなぁ」とファンに謝りながら、「大丈夫大丈夫 似合うでしよ♪」と話している。


   実は樽美酒、数日前の28日に髪を切ったばかりだった。その時には「髪の毛がうっとうしくてイラっとしたので...」という理由で、「結構がっつり」散髪していたが、もしかすると丸刈りをしやすくするための下準備だったのかもしれない。


   ボーカルの鬼龍院翔(30)は、ブログで「樽美酒研二さんファンの皆様、この度は、パフォーマンスの為に彼の髪の毛を奪ってしまい本当にすみません」と謝罪する一方、「それを上回るパフォーマンス案が出れば、もちろん坊主にしないで済むパフォーマンスにしたかったのですが、いくら考えても、どうしても今回はこれ以上のものが出てきませんでした」と話している。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ゴールデンボンバーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ