鼻にクワガタ、壁ドンにまで挑戦... 元ゴーストライター新垣隆、年末特番にひっぱりだこ

1月1日(木)18時21分 J-CASTニュース

「謝罪会見」から早11か月...(14年2月撮影)

写真を拡大

   作曲家の新垣隆さん(44)が、年末特番に次々出演している。2014年12月31日には2つの「裏番組」にも出演するなど大人気だ。

   ピアノ演奏などの本業だけでなく、芸人顔負けの「体当たり」も見せている。



たけし原案の「交響曲」を作曲




   新垣さんの起用は、「ギャグ」としての扱いが多い。12月26日の「ビートたけしのアナ雪のおかげでオレの映画が遅れちゃったぞTV」(TBS)には「元ゴーストライター」の肩書きで生出演。ビートたけしさん(67)の地元、東京都足立区内の地図を「原案」にした「交響曲ADACHIKU(足立区)」の作曲を依頼され、ピアノ演奏を披露した。


   30日には「耀く!日本レコード大賞」(TBS系)にも出演している。作曲賞を受賞した「ゴールデンボンバー」が「ローラの傷だらけ」を演奏中、ギターを弾きながらサプライズ登場。演奏終了後には、両手を耳に当てながらキョロキョロするポーズも見せ、会場は大いにわいた。


   出演は、本業の音楽活動だけではなかった。12月31日には、人気年越し番組「絶対に笑ってはいけない大脱獄24時」(日本テレビ系)で、芸人顔負けの体当たりにも挑んだ。服の中に「巨大風船セット」を仕込み、マツコ・デラックスさん(42)が空気を注入する。風船は徐々に膨張し、ついには破裂。しかし新垣さんは、ノーリアクションを貫いた。大きいサイズのクワガタ「ヒラタクワガタ」に鼻をはさまれるシーンも淡々とこなし、出演者の笑いを誘った。



「新垣さん特番」だと茶化される場面も



   新垣さんの出演は、とどまることを知らない。「絶対に笑ってはいけない」の裏番組である「THE FACE OF 2014 世界が選ぶ今年の顔アワード!!」(フジテレビ系)にも出演し、番組のために書き下ろしたテーマ曲をピアノ演奏した。


   番組では、ゴーストライター騒動について真面目に語るだけでなく、14年に流行した「壁ドン」の実演もあった。「オアシズ」大久保佳代子さん(43)に対して、「佳代子の目って意外とカワイイな」と言いながら人生初の壁ドンにチャレンジした。番組前半では新垣さんの見せ場が多く、「アンジャッシュ」渡部建さん(42)が「(この番組は)新垣さん特番」だと茶化す場面もあった。


   新垣さんは「女性セブン」12月4日号で、ファッショングラビアにも挑戦している。そこでは社会に責任をとるために、「音楽活動だけではなく、みなさまの望まれることをやるということも、そのひとつではないかと思いました」と語り、本業以外にも意欲を見せていた。


   音楽以外の活動も、ネットで話題になっている。ツイッターでは、


「ガッキー仕事選んでwwwwwww」

「新垣先生はホントに陽が当たっていただきたい存在。ゴールデンボンバーの心意気にほれぼれ」

「なんやかんやいっても新垣さんって頑張ってるよな。どんな仕事でも嫌な顔せずにやってる。もともと表情がないのかもしれないが」

などと、様々な声があふれている。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

新垣隆をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ