注目ワード水曜どうでしょう・新作 映画・宇多田ヒカル 中国・メディア ロハス製薬・容姿の良し悪しで異性 けものフレンズ・たつき監督 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

地上波3局の年末の歌謡祭…SM、YGなど人気歌手のパフォーマンス総まとめ

Kstyle1月1日(火)17時34分

地上波3局の年末の歌謡大祭典が、それぞれ20を越えるパフォーマンスでファンを誘惑した。



「2012 SBS歌謡大典」第1部が10%(AGBニールセン・メディアリサーチ、全国集計)の視聴率を記録したこと以外はいずれも1桁の視聴率に止まったが、彼らのパフォーマンスはあらゆるオンラインサイトやYouTubeを通じて熱い反応を得た。



MBCの年末の祭典に総出演したYGエンターテインメント所属歌手の合同ステージは、放送前から爆発的な期待を集め、YGは大型クラブを連想させるパフォーマンスで“さすが”との好評を博した。



SMエンターテインメントは、東方神起を筆頭にSUPER JUNIOR、SHINee、f(x)など、パワフルなパフォーマンスで魅せるグループを全面に配置し、注目を浴びた。SISTARはセクシーで濃艶なステージで、最もセクシーなグループという名声を維持した。この他にも、ガールズグループのセクシーメンバーを集めた「Dazzling RED」のステージと、MBCでTURBOに変身し、過激なダンスを披露したK.willも注目を浴びた。



クラブを連想させるステージ — 「2012 MBC歌謡大祭典」BIGBANG
年明けの1番目にステージに上がったYGの歌手たちは、ステージを一瞬にして大型のクラブに変えた。放送ではほとんど披露されることのなかった「BAD BOY」でステージに登場したBIGBANGは、続けて「FANTASTIC BABY」で雰囲気を盛り上げた。メンバーは客席の隅々を回りながら歓声を浴び、ハイライトシーンでは2NE1とEpik Highがステージに立ち、クライマックスを演出した。この様子はネット上で書き込みが殺到し、人気を得ている。



セクシーを証明 — 「2012 SBS歌謡大典」SISTAR
ひらひらの黒いワンピース姿で「Alone」を歌ったSISTARは、濃艶そのものだった。背景として流された赤い映像は、ファムファタールのコンセプトを強調した。ハイライトは一小節が終わった後だった。ステージに1人残ったボラは、いきなり男性ダンサーに果敢にジャンプし、長い足を伸ばしながら驚きのパフォーマンスを披露した。ステージの後、この様子は“裸足ダンス”として記事となり、話題を生み出した。



個性溢れるコラボレーション — 「2012 MBC歌謡大祭典」2NE1&イ・ハイ
2NE1とイ・ハイのコラボレーションステージは、YGがどれだけ個性の強いボーカルを保有しているかを如実に表すステージだった。2NE1がイ・ハイの「1.2.3.4」を歌うと、初々しかったこの曲は妖艶で気高い歌となり、イ・ハイが2NE1の「I Love You」を歌うと、更に感性豊かな歌となった。ネット上にはこれからも両チームのコラボが楽しみだとの意見が殺到した。



応答せよ1997 — 「2012 MBC歌謡大祭典」COOL
MBCが1990年代のダンスミュージックを一斉に披露し、郷愁を刺激したのはそれほど新鮮な企画ではなかった。昨年はヴィンテージブームが色濃く、様々な世代を一つにするダンスミュージックとしては未だその頃のヒット曲に匹敵する曲が無いためだ。しかし、COOLのイ・ジェフンとキム・ソンスが登場したMBCのステージは、当時の音楽がどれだけ楽しかったかをはっきりと示してくれた。振り付けをこなしながら依然として確実なライブステージを披露したイ・ジェフンの歌は、後輩グループの模範となった。客席からは、miss A ミンの過激なリアクションも輝いた。



我らがSM — SBS「歌謡大典」SM所属アーティスト
SMエンターテインメントのビジュアル担当が集まった。SUPER JUNIORのウニョク、ドンへ、東方神起のユンホ、SHINeeのミンホ、テミン、EXOのKAI、LAYが一つのチームとなりステージに立った。新曲「SPECTRUM」に合わせ次々と登場した彼らは、スティック、スカーフなど様々な小道具を利用し、カリスマ溢れるパフォーマンスを披露した。個々の振り付けと全員揃った振り付けのいずれも完璧で、ネット上で爆発的な反応を得た。



完璧なライブを披露 — 「2012 KBS歌謡大祝祭」SHINeeSHINeeは上半期にリリースした「Sherlock」で完璧なライブと振り付けを披露し、観客を感心させた。特にパフォーマンスの後半、5人のメンバーが共に高音と柔軟なダンスを披露すると、客席から大きい歓声が上がった。公演が終わってからも、ネット上には彼らの実力を賞賛する数百件の書き込みが相次いだ。
NHN Japan Corp. All rights reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

Kstyle

関連ワード

注目ニュース
小泉今日子の10月ドラマ予告動画が「あの爆死ドラマに激似」の不穏! アサ芸プラス9月25日(月)9時59分
10月17日スタートの新ドラマ「監獄のお姫さま」(TBS系)。主演は小泉今日子で脚本は宮藤官九郎。[ 記事全文 ]
TOKIOの2人、バク転成功 「40代で出来んのは素直に尊敬」 J-CASTニュース9月25日(月)19時44分
かつて「ジャニーズ」といえば、「バク転」のイメージが強くあった。少年隊や光GENJI、V6などメンバー全員ができるグループある一方、最近で…[ 記事全文 ]
松本潤が「イッテQ」で体を張る裏事情 まいじつ9月24日(日)19時0分
画/彩賀ゆう(C)まいじつ『嵐』の松本潤が10月8日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)にゲストで出演する。[ 記事全文 ]
ナゾの「女性ヒーロー隊員」にネットざわつく もしかしてアノ声優? ダイドーに聞くと... J-CASTニュース9月25日(月)16時25分
ダイドードリンコの「ダイドーブレンド」ブランドの新しいテレビCMに、チラリと登場する「女性ヒーロー隊員」が誰なのか、ネットがざわついている。[ 記事全文 ]
香取慎吾、今後は「芸術活動」が主軸?高く評価される実力とは! アサ芸プラス9月25日(月)9時58分
晴れて、新たに所属事務所が決まった香取慎吾。SMAPのCDデビュー日(91年9月9日)の前日に、およそ30年も所属したジャニーズ事務所を退…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア