BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

SMAP最後の日に中居正広がラジオで語った木村拓哉とは対照的な言葉!「誰も悪くない」「前ばかり向けるわけじゃない」

LITERA1月1日(日)2時49分

 2016年12月31日、ついにSMAPが解散した。1月に独立解散問題が発覚して以降、ほぼ沈黙を貫いてきた中居正広だが、SMAP最後の日、ほぼまる1年に渡った解散騒動について、はじめて語った。


 同じく31日最終回となった、中居正広のレギュラーラジオ番組『中居正広のSome girl'SMAP』(ニッポン放送)でのことで、23時から30分の放送でまさに解散直前のことだった。


「僕がしゃべると、また誰かに迷惑かかるのかな。神さま、なんで僕が31日なの?」と、奇しくもSMAP解散の日である12月31日に放送があたってしまったことをつぶやいたあと、「ちょっとお話をしないといけないこともあるかな、と思っています」と切り出した。


「僕にとっては、この1年な、敏感、デリケートな日が毎日続きました。そういう日があまりに続くと、鈍感になっていく、麻痺してくるんですね。丁寧に言葉を選んだり、あまりに考えすぎると」
「もういっぱいいっぱい迷惑をたくさんかけすぎちゃってるんで、こうやってお話しするのも、私利私欲というか、自分が好かれたいとか、そんなの全くない。この期におよんで、自分だけとか、1ミリもなくなる。自分の肯定論、僕は正しい、まちがっていない、自分を認めてもらいたいがために、嘘を言ったり、人の心を踏みにじったり、群れることとかも、そういうマネはしたくない」
「自分の言動、行動、決断、すべてが正しいなんて、全然思ってない。まちがえる瞬間とか、不正解だった場面とか、ぼくはきっとあると思ってる」
「ぼくは今年44歳になりますが、今まで習ったことのない1年だった。今年過ごした1年は、教わったことのない1年だった。かけ算とか、ボールの投げ方とか、お年寄りに席をゆずりましょうとか、そいうふうに学校の先生、上司、先輩とかに教わってるから対応できるんだけど、今年1年は教わったことのない1年だった。だから全てが正しいなんて、自分が正しいなんて思ってない。人間の真価が問われる1年だった」


『SMAP×SMAP』(フジテレビ)での生謝罪のときと、『スマスマ』最終回で「世界にひとつだけの花」を歌ったとき以外は、表面的には一貫して普段と変わらないテンションを維持していた中居だが、当然ながらキツい1年だったことを吐露した。


「誰も、悪くないんです」
「こういうふうに言うと、「ぼく悪くないんです」っていうんじゃないですよ、この期に及んで。なんなら、ぼく悪くても大丈夫なんです。円滑にいくなら、ぼく悪くていいんですけど」
「誹謗とか中傷とか、ネットとか週刊誌とか、普段観ないほうですけど、それでも耳に入ってきて。誰も悪くないんですよ」


 かたくなに解散を主張したと解散原因のスケープゴートにされている香取慎吾のことをかばっているのか、土壇場で独立を拒否し分裂を招いた木村拓哉のことをかばっているのか、あるいは両方をかばっているのだろうか。とにかく中居は「誰も悪くない」「自分が悪いと思われてもいい」と、自分以外のメンバーをかばった。


 さらに、『スマスマ』でのぎこちないやりとり、隠せない不仲ぶりに、プロ意識がないなどとメンバー、とくに香取を批判する声も多かったが、中居はこう言って、メンバーを思いやった。


「メンバーは、今年1年本当によくがんばりました。よくふんばったと思います。いろんな思いあったと思います。入り交じって、複雑な思いあったと思います。みんなも習ったことない1年ですから。よくがんばったなあと思います。最後までしっかりSMAPを務めたと僕は思います。ねぎらいとかお褒めの言葉をあげてほしいなと思います」


 こうした姿勢は、木村拓哉のそれとは対照的なものだ。キムタクは解散発表時、「本当に無念です。でも、25周年のライブもグループ活動も5人揃わなければ何も出来ないので、飲み込むしかないのが現状です。たくさんの気持ちで支えて下さったファンの方々、スタッフの皆さんを無視して「解散」という本当に情けない結果になってしまいました」と、自分以外の誰かを責めるようなコメントを発し、解散発表時滞在していたハワイから帰国したときにも「去年の末から今回の騒動に至るまで自分自身は変わっていない」と、自分を正当化した。


 さらに30日の解散前最後のラジオ番組「木村拓哉のWhat's up SMAP!」(TOKYO FM)の放送でも、「まあ、この番組のタイトルもそうなんですけど、大切にしたいなっていうものは変えずに、ブレずに、はい。そんな、まあ勇気というか、なんかひとつ確たるものを持って進んでいきたいなと思います!」と、自分だけがSMAPを守り続けていくことを強調していた。


 たしかに、このキムタクのラジオ番組は2017年からも「SMAP」がついたタイトルのまま、放送され続けるらしい。しかし、それはキムタク1人がジャニーズ事務所に恭順の意を表したため、SMAPという名前の使用を許されたということにすぎない。


 逆に、ほかのメンバーはそれまで出演してきたラジオ番組のタイトルも変更せざるを得なくなった。「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」(文化放送)は「編集長 稲垣吾郎」。「中居正広のSome girl'SMAP」(ニッポン放送)が「中居正広ON & ON AIR」。草なぎ剛と香取慎吾の「SMAP POWER SPLASH」(bayfm)は「ShinTsuyo POWER SPLASH」と、それぞれ"SMAP"の名を外された。


 こんな状況で、キムタクはSMAPの何を守るつもりなのか。「自分は変わってない」と自らの正当性を主張し続ける木村、「何が正解だったかわからない」と迷いを吐露する中居。2トップとして、SMAPをひっぱってきたふたりだが、どちらがSMAPを愛していたのか、明白ではないか。


 中居自身もそのことへの複雑な思いがあるのだろうか。この日のラジオではキムタクをかばいながらも、こんなことも語っていた。


「僕は前ばっかり向けるタイプじゃなくて、自分の足跡、どこで脱線したのかなとかどこで道草くったのかなとか確かめながら、僕は前に進みたいタイプなんでしょうね」


 前ばっかり向けるタイプじゃない。これは明らかに、キムタクが生謝罪で繰り返し語った「前を向いて進みたい」を意識しての発言だろう。


 番組の最後、中居は「勝手ながら、締めさせていただきたいと思います。声はらせていただきますね」と前置きし、「しんごー、つよしー、ごろー、きむらー、スマップー」と大きな声で叫び、「じゃあね、バイバイ」と別れを告げた。
(本田コッペ)


Copyright © CYZO Inc. All Right Reserved.

はてなブックマークに保存

この記事のトピックス

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
中居正広のまとめ写真 SMAPのまとめ写真 ラジオのまとめ写真 解散のまとめ写真

「中居正広」をもっと詳しく

注目ニュース
切らない選択をした麻央さん 「できれば3人目」という思い NEWSポストセブン6月29日(木)7時0分
乳がんのために亡くなった小林麻央さん(享年34)が、自身の体に初めて異常信号を感じたのは、2014年2月のことだった。[ 記事全文 ]
さんまの「無茶ぶり」にプロサッカー選手・内田篤人が思わず発した「苦言」 アサ芸プラス6月29日(木)9時58分
冗談だとしても無茶ぶり過ぎ!?6月24日に放送されたバラエティ番組「金曜プレミアムさんまのまんま初夏に大笑いしましょかSP」(フジテレビ系…[ 記事全文 ]
20代は恋愛厳禁、30代から「早く結婚して安心させて」? 身勝手なエゴを押し付けられる女性声優の悲哀 messy6月29日(木)3時0分
NMB48の須藤凛々花さん(20)の結婚発表騒動によって、AKBグループをはじめとするアイドル業界の「恋愛禁止ルール」の是非が問われている…[ 記事全文 ]
勝間和代、藤井聡太四段29連勝は「偶然の可能性」 異常なフィーバーへの嫌気がアンチ発言を生む? J-CASTニュース6月28日(水)17時26分
プロ将棋公式戦で前人未到の29連勝を達成した藤井聡太四段(14)に対し、お笑いタレントの大竹まことさん(68)が「調子に乗らすな」「誰かシ…[ 記事全文 ]
香取慎吾に反町隆史が出した『相棒』犯人役オファーの行方 週刊女性PRIME6月29日(木)4時0分
6月17日の『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)で、映画監督デビューを果たした水谷豊に「夢、夢は叶いますか?」と尋ねた香取慎吾。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア