永野芽郁、清純派ブレイク女優のビキニ衣装に男性ファン熱視線! 待望の初写真集が発売前から話題に

1月1日(火)10時0分 メンズサイゾー

 2019年の大飛躍が確実視されているモデルで女優の永野芽郁(19)。昨年の「ブレイク女優」にも選ばれた彼女が、3月5日に待望のファースト写真集『moment』(SDP)をリリースする。ビキニ風の露出度の高い先行カットが通販サイトなどで公開されたことが話題になり、早くも大ヒットの兆しを見せている。


 昨年、永野はNHK朝の連続テレビ小説『半分、青い。』でヒロインの鈴愛(すずめ)を演じ、それをきっかけにファン層が一気に拡大。元々可愛すぎるルックスで若者を中心に人気が高かった永野だが、同ドラマで役柄と完璧にシンクロした演技力を発揮したことで「可愛いだけじゃない」と評価が急上昇した。


 朝ドラ主演が決定打となり、永野はオリコンが発表した「2018年ブレイク女優ランキング」で1位を獲得。今年も1月6日スタートの出演ドラマ『3年A組 −今から皆さんは、人質です−』(日本テレビ系)や3月公開予定の主演映画『君は月夜に光り輝く』などが控えており、さらなる大飛躍が期待されている。


 これまでは女性ファンの方が多い印象だったが、現在は男性人気も高まる一方となり、そのタイミングでリリースされる初写真集への注目度が爆上がり中だ。だが、朝ドラマヒロインでファッションモデルでもあるため、男性ファンが期待するような露出は見込めないのでは…との声も上がっていた。最近はモデルとグラビアを両立する「モグラ女子」が増加しているが、永野は男性向けグラビアの経験がほどんどなく、ファッション誌でも水着の着用は避けているといわれているためだ。


 しかし、公開された複数の先行カットの中には、ビキニ衣装で大胆に肌を露出したセクシーショットも。それを目にした男性ファンたちは「めっちゃ可愛い」「これは絶対にほしい」「水着あったら神」「楽しみすぎる」などとネット上で盛り上がり、早くも通販サイトの写真集ランキングで上位入りするなど期待が盛り上がっている。


 永野といえば、深田恭子(36)、多部未華子(29)との3姉妹役を演じている「UQモバイル」のCMでもおなじみに。2016年の放映スタート当時は深田や多部に比べると知名度が劣っている印象があったが、現在は「朝ドラ女優」の称号を得たこともあって人気・実力ともに二人に勝るとも劣らない存在となった。わずか2年で偉大な「姉」たちと並ぶほどの成長を遂げたといえる。


 初写真集は米・フロリダで撮影され、貴重な「10代ラスト」の瞬間が収められる。撮影はすべてセルフスタイリングで行われ、自身が選んだ私服を着こなし、まるでプライベート旅行をしているかのような等身大の飾らない姿が収録されるという。海外の開放的な雰囲気で撮影されたとなれば、男性ファンが期待するセクシーな一面も披露してくれるかもしれない。


 いずれにせよ、男性人気の起爆剤になりそうな初写真集。まだまだ成長中のブレイク女優がどんな姿を見せてくれるのか、期待はふくらむばかりだ。


(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

「永野」をもっと詳しく

「永野」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ