【ラブちゃんの2020年占い】有村さん、鈴木さん、加藤さんに何かが起きる!? UFOが見つかる可能性も......!?

1月1日(水)10時0分 耳マン

「アプリを置く位置を変えるだけで簡単に運気がアップする!」という斬新な“スマホ風水”が話題の新刊『「もしもし神様ですか?」幸運を呼び込む開運スマホ術』を発売したばかりの人気占い師・Love Me Doさん(通称:ラブちゃん)。「当たりすぎる!」とネット上で大きな注目を集めており、2020年も各所で大忙しになりそうなLove Me Doさんに2020年を占ってもらいました。2020年はどんな年になるのでしょうか? ラブちゃん、教えて!


節目の年になります! 特に9月〜12月を大切に!

2020年はどんな年になるのでしょうか? 風水では20年ごとに運勢が変わると言われています。2020年12月には、木星と土星が重なる『グレートコンジャンクション』を迎えます。さらに幸運の星である木星が山羊座に入る年でもあります。何か殻を破るチャンスが巡ってきたり、真面目にコツコツやってきた人が日の目を見ることになりそうです。大きな節目の年で特に9月〜12月が大切になるでしょう。

「月」「金」「加」「工」「手」「子」「西」の字がつく人に何かが……UFO発見も!?

2020年は十干十二支の『庚子(かのえのね)』に当たります。庚子は月がテーマになる年なので、有村さんや斉藤さんや藤田さん、月島さんや望月さんなど「月」の字がつく名前の人に注目です。また、庚は陰陽五行論で「金」も表すので、金子さんや鈴木さんにも注目です。鉱石や石を加工するなどのイメージから、「加」「工」の漢字がつく人、加藤さんや工藤さんにも目が離せません。庚は「武器」も表しており、武器は手で扱うものなので、「手」の漢字がつく人にも注目です。さらに、方位で表すと「西」と縁があるので西野さんも話題になりそうです。また「子」の年でもあるので、名前に子がつく人も良さそう。これらの漢字が名前についている数が多ければ多いほど、力が活発に働くでしょう。

また……庚は「乗り物」「宇宙船」も表すのでUFOが見つかって話題になったりするかも? 月でも大発見があるかもしれませんよ!

『「もしもし神様ですか?」幸運を呼び込む開運スマホ術』を読んで2020年を幸せに過ごそう!

12月12日に発売となったLove Me Doさんの新刊『「もしもし神様ですか?」幸運を呼び込む開運スマホ術』では「アプリを置く位置を変えるだけで簡単に運気がアップする!」をテーマにした画期的な『開運スマホ術』にたっぷりと迫ります。恋愛運、仕事運、金運、健康運がアップするアプリ配置例など、本書でしか読めない画期的な開運術が満載。また、運気が上がる/下がるスマホの使い方、さらにはLove Me Doさんが2020年の12星座の運勢もズバッと予想しているのでそちらも必読! 早速入手して2020年を幸せに過ごしましょう!

Love Me Do

ラブ・ミー・ドゥー●“ラブちゃん”の愛称で活躍している占い師。手相、タロット、四柱推命、西洋占星術、風水、易、人相、九星など、占術ごとの師匠につき、占いを習得。『陰陽五行論』を軸にオリジナル占いも考案している。著書も『部屋の角に神様がいる!Love Me Doの5分で簡単引き寄せ風水』(宝島社)、 『3秒でわかる!手のひら手相術 手に龍神様が走る!』(さくら舎)、 『30歳で星座が変わる!アラサー星占い』(学研プラス) 、『鏡の中のりんごは何色ですか?〜悩んだ時に啓示が降りてくる“神様の直感占い”』(サイゾー)、『月と風水〜時間と空間を操る時空風水〜』(ゴマブックス)とさまざま。サッカーのスキルもプロ級で、たびたびバラエティ番組にサッカー芸人としても登場している。

耳マン

「占い」をもっと詳しく

「占い」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ