元SMAP3人、袴姿で新年の抱負 - 香取「みなさんと一緒にドキドキしたい」

1月1日(月)3時43分 マイナビニュース

SMAP稲垣吾郎草なぎ剛香取慎吾が12月31日、インターネットテレビ局・AbemaTVのの特別番組『27Hunホンノちょっとテレビ』(1月1日0:45〜)出演前に袴姿で取材に応じ、2017年を振り返ると共に、新たな年への意気込みを語った。

2016年12月31日にSMAPが解散した後、3人は2017年9月にジャニーズ事務所から独立。直後に共同ファンサイト「新しい地図」を立ち上げ、インターネットテレビ局・『72時間ホンネテレビ』や、同番組に合わせてスタートさせたSNSなどで注目を集めた。

そんな激動に2017年について、稲垣は「忘れられない1年になりました。いいスタートを切ることができた」と振り返り、「この先見えないことが多いんですけど、一歩一歩、未開の地を開拓していきたい。いろいろな夢をこれからも叶えていきたい」と決意を新たに。草なぎも「一歩ずつなんですけど、大きな一歩を踏み出せたんじゃないか」と手ごたえを口にした。

香取は「2017年新しいことが始まり、12月31日にこんなにたくさんの記者の方に集まっていただける活動ができているとは思っていませんでした」と打ち明け、「たくさんの方に支えていただいて、2017年自分がどうなってしまうのかをわからないまま一歩を踏み出してみたら、"自分だけの力じゃない"というのをこれまでの人生の中で一番味わった一年でした。感謝です。ありがとうございます」とたくさんの支えに感謝した。

2018年の抱負もそれぞれ語り、草なぎは「本当に急ピッチ。映画が決まったりしていて」と3人の映画『クソ野郎たちと美しき世界』(2018年4月6日公開)に言及し、「まずは決まっていることをしっかり。今あるつながりを大事にして僕らなりの作品を作っていけたら」と宣言。稲垣も映画について「楽しみですし、みなさんの期待に応えられるようにしたい。3人ともお芝居が好きなので、いい作品を作りたい」と力強く語った。

香取は「2018年もみなさんと一緒にドキドキしたい」と希望。『27Hunホンノちょっとテレビ』がスマートフォンの自撮り撮影での配信ということを例に挙げて、「そういう新しい試みもギリギリまで知らないまま、でもドキドキして楽しめるので、2018年も応援してくれる皆さんと一緒にドキドキするような毎日になったらいいなと思います」と目を輝かせた。

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

SMAPをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ