BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

flumpool、故郷の大阪でカウントダウンライブを開催

OKMusic1月1日(日)19時0分
画像:12月31日@大阪城ホール (OKMusic)
写真を拡大
12月31日@大阪城ホール (OKMusic)
画像:12月31日@大阪城ホール (OKMusic)
写真を拡大
12月31日@大阪城ホール (OKMusic)
画像:12月31日@大阪城ホール (OKMusic)
写真を拡大
12月31日@大阪城ホール (OKMusic)
画像:12月31日@大阪城ホール (OKMusic)
写真を拡大
12月31日@大阪城ホール (OKMusic)
画像:flumpool  (OKMusic)
写真を拡大
flumpool (OKMusic)
flumpoolが2016年12月31日、故郷大阪の大阪城ホールにて初の単独カウントダウンライブを開催した。

今回のツアータイトル『flumpool COUNTDOWN LIVE 2016→ 2017「FOR ROOTS」〜シロテン・フィールズ・フォーエバー〜』は、2015年夏に地元大阪にある大泉緑地にて初の単独野外ライブを行った時に名づけられた「FOR ROOTS」を引き継ぎ、更にストリートミュージシャンの聖地、大阪城ホール前、通称「シロテン」と呼ばれる場所にて、デビュー前の大阪時代に連日ストリートライブを重ねていたことからこのサブタイトルが加えられた。会場外でも、年末にふさわしい盛り上げが行われ、開演前より観客もボルテージがあがり開場時間を迎える。開演間近になる頃には、会場は2016年の締めくくりとなるライブを見ようと超満員。およそ1万人のファンが詰めかけた。

2016年にシングルとしてリリースされた「FREE YOUR MIND」でライブがスタート、デジタルサウンドとエッジーなギターサウンドが融合した、flumpoolの新たな音楽性を前面に押し出した楽曲に、ファンも拳を突き上げ答える。2ブロック目では2016年に、およそ3年半ぶりにリリースされたオリジナルフルアルバム『EGG』より数曲披露された。

MCでは、山村隆太が「大阪帰ってきたよ!」と叫ぶと、観客からは「おかえり!」と温かい声援が飛ぶ。ストイックな演奏と対比するようなホームタウンでの温かいMCはいずれも熱に満ち溢れたものであった。途中、メンバーがステージを移動し、デビュー前に行っていたストリートライブを想起させるストリートステージと名付けられたステージでこれまでの楽曲をアレンジして披露。デビューを夢見てストリートライブを重ねていたflumpoolが、こうして大阪城ホールでライブを行えることの喜びと感謝を音に乗せて演奏するメンバーの顔には昔と変わらない笑顔と共に、多彩なアレンジのサウンドからは音楽に対して至極真摯に向き合ってきたことを感じさせるものがあった。

大型ビジョンと会場の天井の至るところに圧巻の星空が映し出され、そこに惹き込まれるように再びメインステージへ移動すると、今回のライブのテーマソングでもある、「ムーンライト・トリップ」をライブ初披露。優しくも力強いバラードに、辛い時でも背中を押してくれる歌が会場を暖かく包み込むと同時にflumpoolの過去現在未来をその詞では表現。映像演出も相まって、感動のシーンとなった。

そして、その後には2017年3月に公開される映画、「サクラダリセット」の主題歌である「ラストコール」もついにライブで初披露。壮大なサウンドに、2016年のオリジナルアルバムをリリースした後の全国ツアーを経て格段にパワーアップを遂げた、メンバーの演奏。Vo,山村の力強い歌声が楽曲を初めて聞いたファンの胸にも強く響いていた。勢いそのままにライブは進み、代表曲である「星に願いを」で観客の熱気で大阪城ホールが揺れるほどの盛り上がりを見せ、いよいよ年越しの瞬間へ。メンバーのカウントダウンと共に背景のビジョンでもド派手な映像煽りがあり、年越しを迎えた瞬間には、初披露となった新春ビジュアルが映し出された。歓喜に満たされた中で、これも代表曲「君に届け」を披露。

インディーズ時代からの代表曲「labo」で本編を終えステージを去るメンバーへ鳴り止まないアンコールの声。それに応えるようにメンバーがなんと客席に登場!「大切なものは君以外に見当たらなくて」をそのまま客席で演奏を行うというサプライズ。実は前日に“シロテン”でストリートライブを行っていたというその映像を流しつつ、地元大阪でカウントダウンライブを行う喜びを「MY HOME TOWN」に込めてflumpoolのカウントダウンライブは感動と歓喜に包まれながらフィナーレを迎えた。その後、ステージ上でボーカル山村隆太の口から、2017年春に「ラストコール」を表題曲としたシングルのリリース、5月に武道館ライブ2daysの開催、秋からの全国ツアー開催と盛り沢山の2017年の活動が発表された。

映画「サクラダリセット」(2017年3月公開)の主題歌がリリース予定。また、音楽以外にも山村隆太のフジテレビ系月9ドラマ出演での初の役者挑戦などの既発の情報と共に、2017年も走り続けるflumpoolの勢いは止まらない!

photo by Kazumichi Kokei

【セットリスト】
M1.FREE YOUR MIND
M2.君をつれて
M3.Touch
M4.解放区
M5.産声
M6.DILEMMA
M7.輪廻
M8.花になれ
M9.MW 〜Dear Mr. & Ms. ピカレスク〜
M10.Hydrangea
M11.未来
M12.ムーンライト・トリップ
M13.ラストコール(新曲)
M14.夜は眠れるかい?
M15.Blue Apple & Red Banana
M16.reboot 〜あきらめない詩〜
M17.World beats
M18.星に願いを
M19.君に届け
M20.labo
-アンコール-
EN1.大切なものは君以外に見当たらなくて
EN2.MY HOME TOWN

【リリース情報】

シングル「ラストコール」
詳細は後日発表予定
※映画「サクラダリセット」主題歌

■特設サイト
http://www.flumpool.jp/sp/lastcall/

【ライブ情報】

『flumpool 8th tour 2017 Beginning Special「Re:image」at NIPPON BUDOKAN』
〜ラストコール〜
5月20日(土) 日本武道館
17:00開場/18:00開演
〜ナミダリセット〜
5月21日(日) 日本武道館
16:00開場/17:00開演

■特設サイト:
http://www.flumpool.jp/sp/budokan2017/

『flumpool 8th tour 2017 「Re:image」』
詳細は後日発表予定
■特設サイト:
http://www.flumpool.jp/sp/tour2017/
OKMusic

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「大阪」「flumpool」「ライブ」「カウントダウン」の関連トピックス

「大阪」をもっと詳しく

大阪に関するまとめ
注目ニュース
市川海老蔵「人生で一番泣いた日です」「お察しください」 小林麻央を案じる声も BIGLOBEニュース編集部6月23日(金)9時7分
歌舞伎俳優の市川海老蔵は23日朝、「人生で一番泣いた日です」とブログを更新。詳細については「改めてご報告させていただきます」とコメントした。 [ 記事全文 ]
「将棋の邪魔をするな!」藤井四段の快挙に水を差す「Mr.サンデー」に非難轟々 アサ芸プラス6月23日(金)9時59分
6月21日、王将戦の1次予選で澤田真吾六段に勝利し、デビュー以来の連勝記録を歴代最多タイの「28」に伸ばした藤井聡太四段。[ 記事全文 ]
市川海老蔵、きょう23日午後会見へ  オリコン6月23日(金)10時34分
歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が、きょう23日午後2時30分から都内で会見を行う。書面では「市川海老蔵よりご報告がございます」と伝えている。[ 記事全文 ]
海老蔵「人生で一番泣いた日」「お察しください」 ナリナリドットコム6月23日(金)8時15分
歌舞伎俳優の市川海老蔵(39歳)が6月23日、公式ブログを更新し、「人生で一番泣いた日です」とつづっている。[ 記事全文 ]
市川海老蔵「人生で一番泣いた日です」 ブログにつづる モデルプレス6月23日(金)9時35分
【市川海老蔵/モデルプレス=6月23日】歌舞伎俳優の市川海老蔵が23日早朝、自身のブログを更新。悲痛な胸の内をつづっている。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 市川海老蔵「人生で一番泣いた日です」「お察しください」 小林麻央を案じる声もBIGLOBEニュース編集部6月23日(金)9時7分
2 香取慎吾の“意味深”発言に上戸彩返せず ザキヤマが苦肉のリアクションTechinsight6月22日(木)13時19分
3 浜ちゃんが「入場お断り」になった理由 USJに質問すると...J-CASTニュース6月22日(木)14時8分
4 110本から7本へテレビ出演が激減!ふなっしーの現在は?RBB TODAY6月21日(水)22時11分
5 海老蔵「人生で一番泣いた日」「お察しください」ナリナリドットコム6月23日(金)8時15分
6 ダウンタウン浜田雅功、プライベートでUSJから入場を断られる「浜田さんはご遠慮ください」モデルプレス6月21日(水)18時32分
7 滝沢秀明、“何でこいつが?”発言でジャニーズ整形疑惑浮上 “黄金期のネタ切り売りキャラ”を指摘する声もおたぽる6月22日(木)9時0分
8 「かわいすぎるパチスロライター」同業者と結婚引退日刊スポーツ6月21日(水)9時43分
9 竹内由恵アナも陥落必至、「女子アナランキング」でテレ朝アナが“全滅”かアサ芸プラス6月22日(木)5時59分
10 三浦知良が「13年別居」を直撃した記者を圧倒 “キング”対応がカッコよすぎる週刊女性PRIME6月21日(水)4時0分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア