ショーンK氏、1年10ヶ月ぶりメディア出演 モンゴルの現状をリポート

1月1日(月)17時48分 オリコン

TOKYO MXの元日特別番組『世界見聞録~モンゴルで経済と豊かさを考える旅』に出演したショーン・マクアードル川上氏

写真を拡大

 経営コンサルタントのショーンKことショーン・マクアードル川上氏(49)が、1日放送のTOKYO MX『世界見聞録〜モンゴルで経済と豊かさを考える旅〜』(午後4時〜5時)に出演。2016年3月に経歴詐称騒動でラジオなどレギュラー番組を降板して以来、約1年10ヶ月ぶりにメディア復帰を果たした。

 番組では、ショーンK氏が昨年10月にモンゴルへロケにおもむき、同国の経済発展の現状などをリポートした。ショーンK氏は今回、企画・調査・検討からロケーションまで積極的に番組作りに参加したという。

 「国の経済成長とそこに暮らす人々の幸福感を探るという企画趣旨、優秀なスタッフの皆さんの熱意に賛同し、貴重なプロジェクトへの参画機会をいただきました。今後もライフワークとしてこのように社会的にも意義のある企画があればぜひ参加させていただきたいと思っています」と手応えを語ったショーンK氏。ただ、今後については「全方位のメディア活動を積極的に行う意思はございません。ありがとうございました」と事前のコメントで発表している。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ショーンKをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ