ドロンジョとB・Jがお見合い!? タツノコプロ×手塚プロ、TVCMで初コラボ

1月1日(月)6時0分 オリコン

ブラック・ジャック(右)とドロンジョ(左)、出会うはずのなかった2人が、婚活をはじめる(C)TEZUKA PRODUCTIONS(C)TATSUNOKO PRODUCTION

写真を拡大

 昨年、創業55周を迎えたタツノコプロのアニメキャラクター「ドロンジョ」と、今年、生誕90年の手塚治虫(1928- 89年)の代表的キャラクター「ブラック・ジャック」が、婚活支援サービス「パートナーエージェント」のイメージキャラクターに起用され、2人のお見合いを描いたWEB動画『ドロンジョとブラック・ジャック』が1月1日、公開された。5日からは北海道限定でテレビCMとしても放送される。

 この国民的キャラクターたちが広告でコラボレーションするのは、ドロンジョが生まれて40年、ブラック・ジャックが生まれて45年の歴史の中で史上初。本来なら出会うはずのないドロンジョとブラック・ジャックの婚活シーンを通して、「想像を超える出会い」を表現する。

 動画は婚活マッチング中の2人を描き、「こんな人いたんだ。」というキャッチコピーのもと、お互いの第一印象から結婚観までの4話を第1弾として公開。NGO団体職員のドロンジョは、ブラック・ジャックに対して「医者か。年収は悪くないわね」と思い、一方でブラック・ジャックは「鼻っ柱の強い女だ。嫌いじゃない」と、お互い好印象を持った様子。第3話では仕事は世界征服と話すドロンジョに驚くブラック・ジャックなど、シュールなシーンもある。この恋のゆくえは…。

 今回のコラボについて、手塚プロダクションは「お寿司が、アボガド巻やカリフォルニアロールを許してワールドワイドになれたように、手塚プロはこれからも、現地の素材や文化とコラボしながら、手塚治虫作品を世界に発信していきます。世界の多くの有名キャラクターや物語、さまざまなタレントの持ち主とのコラボを推し進めていきます」とコメント。

 ドロンジョとブラック・ジャックのマッチングについて、タツノコプロは「ドロンジョも独り身が長いですからね。そろそろいい相手を見つけてもいいのではないかと。その点、手塚プロダクションさんに所属される男性がお相手なら安心ですし。職業柄、世界を飛び回っていてなかなか出会いの時間もなく、いい相手がいないかなと思い参加してみました。ドロンジョは少々見栄っ張りでお金に目が無いところがありますが、根は素直でいい女です。ドロンジョをよろしくお願い致します。なかなかいい出会いがない彼女に、いい人が見つかるといいなと思います」と、今回の企画にノリノリ。

 続けて、「こうして見ると実にお似合いのカップルですね。お医者様であれば将来性も申し分ないですし、彼女も結構乗り気なんじゃないですかね。ギャグアニメとシリアス漫画という違う世界の者同士の対面は、なかなかのインパクトだと思います」と話した。

 手塚プロダクションも「このテーマで新シリーズ13本ぐらいできてしまうくらい楽しいマッチングですね。ぜひパートナーエージェントさんにスポンサーになっていただき、アニメ番組を作ってみたいと思いました」と今後の進展に期待を寄せた。

 『ドロンジョとブラック・ジャック』は全7話。現在、第一話「第一印象」、第二話「ご趣味」、第三話「結婚後のしごと」、第四話「年収」が公開中。

■スペシャルサイト
http://www.p-a.jp/db1801-01/

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

お見合いをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ