ブレイク芸人の登竜門「おもしろ荘」エイトブリッジが優勝 田中圭&吉高由里子も絶賛「もっと見ていたい」

1月1日(水)19時23分 オリコン

エイトブリッジ(C)日本テレビ

写真を拡大

 ブルゾンちえみ日本エレキテル連合おかずクラブ、ぺこぱといったブレイク芸人の登竜門となっている元日恒例の日本テレビ系『ぐるナイ おもしろ荘 若手にチャンスを頂戴 今年も誰か売れてSP』が、1日深夜に放送された(深0:30)。今年は、別府ともひこと篠栗たかしによるお笑いコンビ・エイトブリッジが優勝し「ネクストブレイク芸人」の切符を手にした。

 同コンビは、くりぃむしちゅーマツコ・デラックス、有働由美子らが所属しているナチュラルエイトが10年ぶりに迎えた新人芸人で、別府が有田哲平、篠栗が上田晋也の運転手を務める。この日は、別府の天然っぷりを生かした漫才で会場をわかせた。

 漫才後には、田中圭が「めっちゃくちゃ面白かったですし、もっと見ていたいと思っちゃいました」と口にすると、吉高由里子も「もっとほしくなっちゃう」と絶賛。別府のキャラクターに注目が集まり「ご飯を食べることに集中しすぎて呼吸を忘れる」といったエピソードが明かされると、出演者から驚きと笑いが起こった。

 別府は、その超天然キャラゆえに、有田からもよく怒られているようで「この前も、有田さんの誕生日に、何をプレゼントしようかいろいろ考えた結果、手作り弁当をあげたんです。毎日楽屋のお弁当を食べているので、手作りがいいかなと思ったんですけど、有田さんからは『気持ち悪りぃよ』って言われました」とにっこり。優勝が発表された直後、大喜びの2人は「めちゃくちゃうれしい。今から有田さんの運転行くので、すぐに電話します」とかみしめるように語っていた。

オリコン

「ブレイク」をもっと詳しく

「ブレイク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ