イチロー似タレント 似せるため素振り、体幹トレ欠かさない

1月1日(火)7時0分 NEWSポストセブン

イチローに似せるため体幹トレーニングを欠かさないニッチロー

写真を拡大

 バットを持って左の打席に立てば “ホンモノのイチロー?”と見間違えるほどのそっくりぶりはまさにメジャー級! 表情や細かい動きもヤンキースのイチロー選手(39才)そのものというパフォーマー・ニッチロー(34才)。とんねるずも認めた、そのパフォーマンスには並々ならぬ努力があるようで…。イチローのヤンキース2年契約残留を自らのことのように喜んでいるというニッチローにインタビューした。


——イチロー選手がヤンキースに移籍してから、何か変わりましたか?


ニッチロー:昨シーズンはレンジャーズのダルビッシュのほうが注目されていましたからね。でもヤンキース移籍でまたイチロー選手の注目度が上がって。ぼくも数多くのスポーツ紙や雑誌の取材も受けましたし、仕事も増えましたね。


——本当にイチロー選手そっくりですね。昔から似ていたんですか?


ニッチロー:いえ、高校時代は誰からも言われなかったですね。そっくりと言われるようになったのは3〜4年前から。以前働いていた飲食店で、その時、ロン毛だった髪をしばるようになったら、“似てる!”とお客さんにといわれるようになって。そこからイチロー選手のものまねをパフォーマンスとしてやるようになりました


——元々は路上パーフォーマーだったとか。


ニッチロー:そうです。2009年のWBCで東京ドームで試合があった時にドーム前でものまねをやったのがきっかけです。イチロー選手の背番号のTシャツを着てバットを構えるだけだったんですが、何百人と集まってきて、取材もされて。もしかしたら街中でやったら面白いんじゃないかと思って、仕事の前や後に週一程度、下北沢などでパフォーマンスをするようになりました。


——イチロー選手のファンだったんですか。


ニッチロー:もちろんリスペクトしています。小学校時代は柔道、中学ではハンドボールのキーパー、その流れで高校と専門学校ではサッカーのキーパーをしていましたが、野球観戦は好きでした。ちょうどぼくが中学生のときにイチロー選手が年間200本安打を打って。発言やファッションもBボーイチックでニュータイプの野球選手が出てきたなあと思っていました。


——野球経験は?


ニッチロー:ありません。小さいころ草野球をやったぐらい。キャッチボールも受けることはできても投げるのは下手です。バッティングセンターで練習もしますが、なかなか当たりませんし、バットに当たれば飛ぶ…ぐらいで、野球に関してはまったくの素人です。


——でも体形もイチロー選手とほぼ同じですよね。


ニッチロー:身長は181cmでまったく同じなんです。体重はぼくのほうが10kgぐらい軽いですが、向こうはアスリートの筋肉ですからね。それにはかないません。


——トレーニングもしているんですか?


ニッチロー:ユニフォームを着たときに細いと見栄えがしないので、筋トレやランニングで鍛えるようにしています。体幹トレーニングと毎日30〜40分のランニングをしていますし、イチロー選手を意識して素振りもしています。そこは徹底していますね。


——なぜ、ニとチの間に小さなッが入っているんですか?


ニッチロー:前は漢字で似ッチローだったんです。似チローというより小さな“ッ”を入れたほうがひびきがいいかなあと思って。でもニッチは英語で“すきま”という意味があり、“イチロー選手のすきまのことをやる”という意味も込めてすべてカタカナ表記にしました。


——イチロー選手には会ったことは?


ニッチロー:残念ながらないんです。どうやら存在は知っていてくれているようですが。


——人づてで聞いたとか?


ニッチロー:そうです。ぼくの知人がアパレル関係のショップで働いているんですが、そこに来店されたようで。その知人が“自分の知り合いにイチローさんのものまねをしている人がいるんですよ”と言ったら、“知っているよ。らしいね”と笑って話していたそうです。それを聞いてホッとしました。とりあえず怒ってないんだなって。で、ふところの深さにますますリスペクトするようになりました。


——『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)内の人気コーナー「博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜」では本当にマニアックなイチロー選手の動きをやっていますね。


ニッチロー:相当、研究してますからね。動画よりも写真を見ることのほうが多いです。写真だとその時の表情や細かい動き、仕草がよくわかるので。


——ユニフォームはもちろん、バット、グローブすべてイチロー選手と同じモデル?


ニッチロー:はい。だからお金かかるんですよね。今でこそやりはしませんが、昔は電車移動や居酒屋で友人と飲むときもユニフォームに帽子姿だったんですよ。


——そのままの姿で?


ニッチロー:ええ。イチロー選手が電車なんて乗ることないから、その光景がシュールじゃないかなあと思って。あとは回転寿司の『スシロー』に行ったり。“スシローでイチローが寿司を食べているって面白いなあ”と思って(笑い)。居酒屋で飲んでいるときはまわりの人が面白がってくれておごってくれたりしましたよ。


【ニッチロー】

1978年9月23日生まれ。長野県出身。本名・今村健太。俳優でパフォーマー。2009年より路上でイチロー選手のものまねパフォーマンスを始める。『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の「博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜」第17回で準優勝。ものまねショーレストラン「そっくり館キサラ」にレギュラー出演中。

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

イチローをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ