注目ワード小林麻央・海老蔵 スシロー・チェーン 森慎二・西武 聴覚障害・人の声 女子・開催 2017夏・ソフトモヒカン

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

陸前高田にあったもうひとつの奇跡の一本松 現在15cmに成長

NEWSポストセブン1月1日(火)7時0分

 3.11の大津波で甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市。7万本の松原で1本だけ残った「奇跡の一本松」は今、復興のシンボルとして保存作業が進められている。


「根本から切断し5分割した幹は、愛知県の製材所で芯のくり抜き作業が終了し、現在、滋賀県で防腐処理が施されています」(陸前高田市建設部・阿部勝さん)


 さらに12月になってスタートしたのが、一本松の“根”の保存作業。横幅5m、重さ3.5tにも及ぶ巨大な切り株は、岩手県大船渡市の事業所で水洗いを終え、年内はこのまま自然乾燥させて、年明けから防虫・防腐処理を行う予定だという。


「高田松原を守る会」副会長・小山芳弘さん(60才)は、感慨深げにこう話す。


「これまで土の中に埋もれていた根が、目に見える形で残されるのは頼もしい限り。なぜ一本松だけが津波に耐えることができたのか、その力強さをこの根が後世に伝えてくれるでしょう」


 2013年2月には幹が元の場所に立つ形で、根の部分は本体とは別に屋内展示され、復興の象徴が“復活”する。しかし、本体のモニュメントはどんなに手間をかけても10年ほどしか持たないそう。そこで前出・小山さんは“後継樹”の育成にも力を注いでいる。


「震災後の2011年初夏に松原を歩いていた際、偶然にもたった1本だけ、小さく芽吹いている松の苗を見つけたんです。今は自宅で大切に育て、15cmほどに成長しました。ある意味、これこそ一本松といえるのかもしれません」


※女性セブン2013年1月10・17日号

NEWSポストセブン

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

NEWSポストセブン
関連ワード

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「奇跡」をもっと詳しく

注目ニュース
切らない選択をした麻央さん 「できれば3人目」という思い NEWSポストセブン6月29日(木)7時0分
乳がんのために亡くなった小林麻央さん(享年34)が、自身の体に初めて異常信号を感じたのは、2014年2月のことだった。[ 記事全文 ]
勝間和代、藤井聡太四段29連勝は「偶然の可能性」 異常なフィーバーへの嫌気がアンチ発言を生む? J-CASTニュース6月28日(水)17時26分
プロ将棋公式戦で前人未到の29連勝を達成した藤井聡太四段(14)に対し、お笑いタレントの大竹まことさん(68)が「調子に乗らすな」「誰かシ…[ 記事全文 ]
お笑い芸人出身のグラドル“ゲグラ女子”がジワジワ勢力を拡大中!! アサ芸プラス6月29日(木)5時58分
新旧入れ替わりの激しいアイドル界に、また新しい波が押し寄せている。「お笑い芸人からグラドルに転身したタレントが、今ジワジワと増えてきている…[ 記事全文 ]
「藤井聡太フィーバー」の裏で聞こえてきた囲碁界からの「悔恨肉声」 アサ芸プラス6月28日(水)17時59分
史上最年少の14歳のプロ棋士・藤井聡太四段が、「第30期竜王戦」の決勝トーナメント1回戦で増田康宏四段に勝ち、デビュー戦から負けなしの「公…[ 記事全文 ]
母亡き勸玄くんに待つ梨園の重圧、襲名披露興行は10億円規模 女性自身6月29日(木)6時0分
「勸玄はまだわかっているんですけど、わかっていないところもあって。今日の朝も麻央の横になっているところに立って、麻央の顔を触ったり、足をさ…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア