注目ワード北朝鮮・演習 錦織圭・今季 韓国・合同 広陵・中村 漫画・浮浪雲 2017夏・ソフトモヒカン

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

1948年に始まった皇居の一般参賀 今の形式になるまでの経緯

NEWSポストセブン1月1日(木)16時0分

 日の丸を振る人々で皇居が賑わう季節がやってきた。12月23日の天皇誕生日の一般参賀に続き、1月2日には新年一般参賀が行なわれる。


 今回の新年一般参賀には12月29日に20歳の誕生日を迎えた秋篠宮家の次女、佳子内親王が初めてお出ましになるとあって、平成に入ってからは皇太子ご成婚翌年(1994年)の約11万人に次ぐ、約10万人の参賀者が見込まれている。一般参賀は1948年に始まった。神道学者の高森明勅氏が解説する。


「二重橋そばで記帳を受け付け正門から帰す予定だったが、予想以上に人が集まったため、参賀者を正門から西の丸に通して坂下門から帰すという流れになった。


 当時は宮殿が戦火で焼失していたため、昭和天皇は宮内庁の屋上からその様子を眺められた。それが最初のお出ましとされています。その事実が国民に伝わり、宮内庁庁舎に万歳を唱える国民に陛下がお応えになるという形式になったのです」


 1968年に宮殿が再建されてから、宮殿2階にある長和殿ベランダに成年皇族が並ぶ現在のスタイルとなった。一般参賀は天皇誕生日と新年の年2回だが実施要領は異なる。


「お出ましの回数(現在は天皇誕生日は3回、新年は5回)に加えて、新年の参賀では乾通りを通って、日本武道館などがある北の丸公園側の乾門からも出られるのです」(高森氏)


 乾通りは最近も話題になったばかりだ。天皇の傘寿の記念として、2014年春と冬に一般公開された。各5日間にわたる公開では、春に約39万人、冬に約35万人が訪れた。


 また、2014年5月と10月に抽選制で行なわれた宮殿の特別参観の倍率は573倍(5月)だった。


※週刊ポスト2015年1月1・9日号

NEWSポストセブン

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

NEWSポストセブン

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「一般参賀」「皇居」「誕生日」「日の丸」の関連トピックス

「1948年に始まった皇居の一般参賀 今の形式になるまでの経緯」の関連ニュース

注目ニュース
海老蔵「15,6時間」麻央さんの大手術を振り返る 日刊スポーツ8月21日(月)23時23分
歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が、今年6月に亡くなった妻の小林麻央さん(享年34)が闘病中に受けた、15〜6時間にもおよんだという大手術を…[ 記事全文 ]
上原多香子の“衝撃スキャンダル”で「想定外の収入」を得た人たちとは アサ芸プラス8月21日(月)17時59分
夫の遺族が公開した遺書により、芸能活動継続の危機に瀕している元SPEEDの上原多香子。[ 記事全文 ]
続々出演取り止め!宮迫博之に残された道は「自宅謹慎」 まいじつ8月21日(月)19時1分
(C)まいじつ『週刊文春』誌上でふたりの女性との不倫疑惑が報じられ、出演していた保険会社のCMがホームページから削除された上に「違約金10…[ 記事全文 ]
松居一代「不倫は不道徳」船越英一郎に謝罪求める 日刊スポーツ8月22日(火)9時10分
夫で俳優の船越英一郎(57)と離婚調停中のタレント松居一代(60)が、「素直に謝るべき」と謝罪を求めた。[ 記事全文 ]
読売1面〈首相「3選望まず」6割今の総裁任期まで〉の衝撃 NEWSポストセブン8月21日(月)7時0分
2018年9月の自民党総裁選で3選を果たし、2020年に自らの政権下で新憲法施行を果たすことは、安倍晋三首相の宿願だった。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア