BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

2017年注目の若手女優7人 井頭愛海、上白石萌音らが有望

NEWSポストセブン1月1日(日)7時0分
画像:ブレイクが期待される井頭愛海(公式HPより)
写真を拡大
ブレイクが期待される井頭愛海(公式HPより)
画像:「アモーレの妹」平祐奈(公式HPより)
写真を拡大
「アモーレの妹」平祐奈(公式HPより)
画像:『君の名は。』で注目の上白石萌音(公式HPより)
写真を拡大
『君の名は。』で注目の上白石萌音(公式HPより)

 昨年は多くの若手女優がブレイクしたが、今年はどんな顔ぶれが活躍するのか? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが2017年の注目若手女優について解説する。


 * * *

 昨年放送された『あさが来た』『とと姉ちゃん』『べっぴんさん』がすべて平均視聴率20%を超えるなど、絶好調の朝ドラ。主演の波瑠さんや高畑充希さんだけでなく、助演の吉岡里帆さんや清原果耶さんが連ドラ出演を重ねるなど、依然として若手女優の最高峰の登竜門となっています。


 現在放送中の『べっぴんさん』では、1月から登場する新キャストに注目。ヒロイン・坂東すみれ(芳根京子)の娘・さくらを演じる井頭愛海(いがしらまなみ、15歳)さんは、国民的美少女コンテスト出身で、今春の選抜高校野球応援イメージキャラクターに選ばれた正統派美少女です。実力は未知数なものの、持ち味の関西弁を生かした伸びやかな演技を見せれば、一気のブレイクも夢ではありません。


『べっぴんさん』の新キャストで、もう1人見逃せないのは、久保田紗友(くぼたさゆ、16歳)さん。学校へ行かずにジャズ喫茶で働き、さくらのお姉さん的存在となる山本五月を演じます。久保田さんは、「短い登場シーンでもインパクトを残す」根っからの女優。昨秋は『運命に似た恋』(NHK)で写真オタクの女子高生としてレギュラー出演しながら、『世にも奇妙な物語』(フジテレビ系)、『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』(フジテレビ系)にも出演して、「あの黒髪ストレートの子は誰?」と話題を集めました。


 春から放送される朝ドラ『ひよっこ』(NHK)のヒロイン・谷田部みね子を演じるのは有村架純さんですが、彼女はすでにトップ女優。みね子の親友で村一番の美少女・助川時子を演じる佐久間由衣(さくまゆい、21歳)さんが新たなスターになりそうな予感があります。佐久間さんは、2015年に女性同士の恋愛を描いた『トランジットガールズ』(フジテレビ系)で、初ドラマながら主演を飾った大器。クールな表情と、ショートカット、170cmの高身長で、女性ファンが多いのも強みです。時子は「いつか女優になる」という美少女の役だけに、『あまちゃん』(NHK)における橋本愛さんのような存在になるかもしれません。


 朝ドラ関連以外で真っ先に挙げたいのは、「アモーレの妹」こと平祐奈(たいらゆうな、18歳)さん。昨年は姉・平愛梨さんの話題に隠れがちな中、10社ものCMに出演するなど大活躍。今年は主演を含む6作もの映画出演が控えるなど、女優活動も本格化します。印象的な太眉とハジけるような笑顔は、幅広い年齢から好感度が高く、かつての石原さとみさんと面影を重ねる人も少なくありません。


 この一年で急浮上した武田玲奈(たけだれな、19歳)さんは、ファン層の広さが重要な連ドラ女優にうってつけの存在。「水着姿で青年誌のグラビアを総ナメにしつつ、『non-no』では専属モデルとしてカッコよく決める」という2面性は、そのままテレビ映えする女優としての華に直結します。2016年は連ドラ5本と、女優歴わずか2年にも関わらず、急激な飛躍を果たしました。今年は主演映画の公開も控えるほか、連ドラのオファーも間違いないでしょう。


 昨年、記録的大ヒットとなったアニメ映画『君の名は。』のヒロインと主題歌を担当した上白石萌音(かみしらいしもね、18歳)さんも、テレビへの本格参戦が期待されています。今年は1月スタートの『ホクサイと飯あえあれば』(TBS系)でドラマ初主演。初主演映画『舞妓はレディ』の周防正行監督がベタボレした演技力と美声で、「目標」と語る高畑充希さんのような存在になるかもしれません。


 最後の1人は、『アナザースカイ』(日本テレビ系)のMCを務め、『ドコモdポイント』『ハーゲンダッツ』『GU』のCMでおなじみの中条あやみ(なかじょうあやみ、19歳)さん。これまでモデルやCMでの活動が中心でしたが、今年は話題必至の映画『チア☆ダン』や主演映画『覆面系ノイズ』になど女優業にも力を入れはじめます。息をのむような美ぼうと相反するような気さくなキャラのギャップで、ハーフ女優の可能性を広げてくれるのではないでしょうか。


 2010年代に入ってから朝ドラの好調が続き、夜も約7割が女優主演ドラマになるなど、女優の需要が高まっているのは間違いありません。ここで挙げた7人の年齢は、最年長が佐久間由衣さんの21歳で、最年少の井頭愛海さんは15歳。各芸能事務所が積極的に若手女優を発掘・育成して、次々にスター候補が生まれている様子がうかがえます。


 わたしたち視聴者は、単に作品を見るだけでなく、「自分の娘を見るように応援し、成長を見守る」のも楽しみの1つ。お気に入りの若手女優を見つけて、一年間注目してみてはいかがでしょうか。


【木村隆志】

コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本前後のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。



NEWSポストセブン

はてなブックマークに保存

NEWSポストセブン

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「女優」をもっと詳しく

注目ニュース
ふなっしー、地元回帰で駅のアナウンスを担当するも冷ややかな船橋市民 週刊女性PRIME9月20日(水)4時0分
青果店には梨が並ぶ季節になったけど、あの“梨の妖精”を近ごろ見かけない……。「“梨汁ブシャー!”のふなっしーですね。千葉県船橋市の非公認キ…[ 記事全文 ]
二宮和也が長澤まさみとの共演で露骨に拒絶! ファンすら「ヤバすぎない?」「子供っぽい」と指摘する不自然な態度 messy9月19日(火)23時0分
9月14日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)に、映画『散歩する侵略者』のPRとして主演の長澤まさみ(30)が登場し、過去に交際報道のあった二…[ 記事全文 ]
B'z稲葉(52)、テレビでの「豹変」に驚き トーク中「老けた?」→歌「マイナス15歳...」 J-CASTニュース9月19日(火)15時53分
B'zがデビューしたのは、まだ年号が「昭和」だった1988年だ。それから約30年、当時23歳だったボーカル・稲葉浩志さんも、すでに52歳で…[ 記事全文 ]
鈴木砂羽“土下座強要”騒動の影響が…観客語る舞台での異変 女性自身9月20日(水)6時0分
「人道的に彼女の人格や尊厳をメチャクチャにするような、そういった罵声を浴びせた事実はございません」9月13日、演出・主演舞台『結婚の条件』…[ 記事全文 ]
稲垣、草なぎ、香取がSNS開設を前向きに検討 日刊スポーツ9月20日(水)5時0分
ジャニーズ事務所から独立した元SMAPの稲垣吾郎(43)草なぎ剛(43)香取慎吾(40)が、ツイッターやインスタグラムなどのSNS開設を前…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 ふなっしー、地元回帰で駅のアナウンスを担当するも冷ややかな船橋市民週刊女性PRIME9月20日(水)4時0分
2 B'z稲葉(52)、テレビでの「豹変」に驚き トーク中「老けた?」→歌「マイナス15歳...」J-CASTニュース9月19日(火)15時53分
3 二宮和也が長澤まさみとの共演で露骨に拒絶! ファンすら「ヤバすぎない?」「子供っぽい」と指摘する不自然な態度messy9月19日(火)23時0分
4 市川海老蔵と小林麻耶で噂される再婚は大河ドラマにも出てくる風習だった!?アサ芸プラス9月19日(火)5時59分
5 市川海老蔵「再婚最有力候補」小林麻耶との複雑な関係まいじつ9月12日(火)10時30分
6 山下智久、頻繁にエゴサーチしていた「気になってしょうがない」モデルプレス9月19日(火)19時23分
7 稲垣、草なぎ、香取がSNS開設を前向きに検討日刊スポーツ9月20日(水)5時0分
8 鈴木砂羽“土下座強要”騒動の影響が…観客語る舞台での異変女性自身9月20日(水)6時0分
9 中居正広の暗躍、ジャニーズ事務所をも秤にかける存在に週刊女性PRIME9月19日(火)4時0分
10 山下達郎、ライブ中の「客の合唱」は迷惑 「あなたの歌を聴きに来ているのではない」J-CASTニュース9月19日(火)15時7分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア