天皇にとって1年のうちで最も忙しい日、元日の過ごし方

1月1日(月)7時0分 NEWSポストセブン

2017年の新年祝賀の儀(時事通信フォト)

写真を拡大

 天皇と正月といえば、1月2日、皇居の長和殿ベランダに天皇・皇后はじめ皇族方が勢揃いする「新年一般参賀」が印象深い。日本国旗を振る数万人の国民に対し、天皇が微笑みながら手を振って応えている光景がお馴染みだが、その笑顔の裏には相当な疲労が蓄積されているはずだ。


 なぜなら、その前日の元日は、天皇にとって“1年のうちで最も忙しい日”だからである。


 初日の出にはまだ早い早朝5時半、天皇の元日は始まる。伊勢神宮をはじめ四方の神々を遥拝(ようはい)する宮中祭祀「四方拝」に臨むのだ。皇室ジャーナリストの神田秀一氏が解説する。


「四方拝は宮中の神嘉殿の前庭に敷かれた畳の上で行なわれます。最初に皇室の祖先神が祀られている伊勢神宮の方向へ、それから東、南、西、北の順番で四方の神々に遥拝していきます。遥拝の作法は、まず正座の姿勢から立ち上がり正座に戻るという動作を2回繰り返す。正座の姿勢のまま深いお辞儀を1回挟んで、再び同じ動作を2回繰り返します。このようにして陛下は国家国民の安寧と五穀豊穣を神々に祈られているのです」


 四方拝の前には身を清める「潔斎(かかり湯で心身を清める)」という儀式もある。それから天皇しか身につけることのできない「黄櫨染御袍」という重い装束に着替え、宮中の神嘉殿に移動する。


「準備時間を考えれば、陛下は午前4時には起床されているでしょう。寒風吹きすさぶ屋外でコートを羽織ることもなく儀式を行なうわけですから、ご負担は相当なものです。ご高齢が考慮され、近年は御所のベランダにてモーニングコート姿で行なわれるようになりましたが、ご負担が大きいことに変わりはありません」(同前)


 神道学者の高森明勅氏によれば、四方拝は1000年以上の歴史があるという。



「史料で確認できる四方拝の起源は、平安時代の初め、嵯峨天皇の時代まで遡ります。当初は在来の信仰を土台としつつも、中国的要素が強かったのですが、伊勢神宮への遥拝が加わり、今の形は明治に確立しました」


 四方拝は10分ほどで終わり、その後すぐに宮中三殿に移動して、「歳旦祭」という年始の祭典に臨む。


 歳旦祭では賢所、皇霊殿、神殿の宮中三殿にそれぞれ祀られている天照大神や八百万の神々、歴代天皇・皇后・皇族の霊に対し拝礼する。天皇にとっての“初詣”のようなもので、明治時代以降、行なわれるようになった。


 国民は初詣で個人的な祈願をするが、天皇は国家国民の安寧を祈るという違いがある。皇室ジャーナリストの久能靖氏が語る。


「歳旦祭からは皇太子もお出ましになります。しかし陛下と同じ部屋で、同時に拝礼を行なうわけではない。陛下が拝礼を終えて退室されてから皇太子が入室されるので別々です。宮中三殿には冷暖房がなく、床は板敷ですから非常に寒いはず。近年は掌典職(しょうてんしょく)が陛下の代わりに拝礼し、陛下は皇后とともに儀式終了まで御所でお慎みされています」


◆手をつけない「おせち」


 歳旦祭終了後は、御所にて侍従長はじめ侍従職職員らと「新年祝賀およびお祝酒」を行ない、9時半からは宮殿にて「晴の御膳」という行事に臨む。


 これは新年を迎えたお祝いと自然の恵みに感謝するための儀式であり、ここでは勝栗や干しナツメなどの木の実や果物、塩や酢などの調味料、鮎白干しなどのメニューが用意される。おせちのルーツともいわれるのだが、天皇は皿に箸を立てる所作をするだけで、これらの料理を召し上がることはない。



 実際に朝食として召し上がるのは、「御祝先付の御膳」と呼ばれる料理だ。本膳で小串鰤焼き、浅々大根(大根の塩漬け)、菱葩というお餅。二の膳で割伊勢海老、栗を甘い汁で煮込んだ福目煮勝栗、雉の胸肉を焼いて熱燗を注いだ雉酒などがある。雑煮や屠蘇は出ないという。


 朝食を終えると、9時45分から「新年祝賀」と「新年祝賀の儀」が待つ。前出の久能氏がいう。


天皇皇后両陛下は『祝賀』と『祝賀の儀』を合わせて数百人の方々と分刻みでお会いになり、夕方までずっと立ちっぱなし。しかも祝賀を述べる方々が両陛下の部屋に来るのではなく、彼らが待機している宮中内の複数の部屋を両陛下が移動されるのです。正装で重い勲章もつけておられますから、相当なご負担でしょう」


 平成25年の元日に両陛下が祝賀を受けた人数はなんと計686人に及んだという。前出の高森氏が解説する。


「午前中の『祝賀の儀』では、首相、衆参議院の議長、最高裁長官などが順番に天皇に祝賀を申し上げます。これにより、行政、立法、司法の三権よりも天皇の権威が上位に位置していることを、目に見える形で毎年確認しているのです」


「祝賀の儀」の源流は、飛鳥時代の「元日朝賀」まで遡る。朝廷で皇族や大臣以下役人たちが元日のたびに天皇に拝賀していたという。646年に行なわれたのが史料上の初見で、実に1300年以上前から行なわれていた儀礼なのである。


「午後からの『祝賀の儀』には、各国の大使ご夫妻が訪れます。それぞれの国を代表した全権大使から祝賀を受けるのが、首相ではなく天皇であることは、日本の“国家元首”が天皇であることを示しています。ちなみに陛下は、三権の長から祝賀を受ける時は壇の上に立たれますが、海外の大使の場合は互いに国を代表する立場ということで、壇を設けず同じ目線に立たれています」(同前)



 夕刻まで続く「祝賀の儀」が終わると、ようやく夕食になる。日本の伝統的な慶事の食膳「御祝御膳」とともに雑煮も食べるという。


「お身内との『御祝御膳』が22時頃まで続くこともありますから、陛下にとっては非常に長い一日です。心身のご疲労は想像もつきません。それでも翌日、陛下はお疲れの様子を見せることなく『一般参賀』を迎えられます。しかも陛下は一般参賀で読み上げられるお言葉をご自身でお考えになり、準備される。陛下は国民の笑顔を間近で見られるこの行事を大事にされ、高齢になった今も1日5回もお出ましになっています」(宮内庁関係者)


※週刊ポスト2018年1月1・5日号

NEWSポストセブン

「元日」をもっと詳しく

「元日」のニュース

BIGLOBE
トップへ