『紅白』綾瀬はるかの天然発言に困惑 「たしかにそうだけど…」

1月1日(水)6時46分 しらべぇ

綾瀬はるか

31日に放送された『第70回NHK紅白歌合戦』に、女優の綾瀬はるかが紅組司会として出演。彼女らしさあふれる司会に、ネット上は大盛りあがりとなった。


■「GENERATIONS」を噛む

今回で紅組司会3回目の綾瀬。天然キャラとして知られる彼女は、過去の『紅白』でもその司会が話題になってきたが、この日もある意味「順調」な仕上がり。

開始から15分程度で「GENERATIONS from EXILE TRIBE」のグループ名を呼ぶ際に「じぇっねれじぇGENERATIONSの…」と噛むと、櫻井翔が「噛んでないよ」とフォローする一幕が早速見られた。


関連記事:元日の『笑点』司会として綾瀬はるか出演! 「天然キャラが楽しみ」と喜びの声多数

■「未来の大河ドラマで……」

そして、石川さゆりを紹介する際、審査員の長谷川博己をステージ上に招く。彼は19日から放送開始となる大河ドラマ『麒麟がくる』の主演であり、石川は本作で長谷川の母親役を演じる。

すると、綾瀬が「おふたりは未来の大河ドラマで……」と紹介。すぐに「来年のね、大河ドラマで親子を演じられる……」と言い直すも、長谷川、石川ともに苦笑。白組司会の櫻井翔から「未来でもあるよ」とフォローされていた。

■「たしかに未来だけども」

間違ってはいないものの、3週間足らずで放送が始まることを考えると「未来」とは言い難く、ツッコミポイントしかなかった綾瀬の発言。

思わず笑ってしまった視聴者も多かったようで、ネット上では「綾瀬はるかさんの『未来の大河ドラマで…』優勝」「爆笑爆笑」「ヒヤヒヤする、この感じがたまらん」などの声が。

また、「たしかに未来の大河ドラマやけど!(笑)」とツッコミを入れる人の姿も見られ、お茶の間が笑いに包まれたことがよくわかる感じだ。


■天然キャラの調査を実施

ちなみに、「天然な芸能人」について、しらべぇ編集部では過去にこんな調査を実施。

全国20〜60代の男女1,342名を対象に「芸能人の『天然キャラ』は作っているだけだと思う」かを尋ねたところ、全体のおよそ半数の人が「そうだと思う」と回答していたのだ。

天然キャラ

しかし、綾瀬の司会っぷりを見ていて、そんなことを感じる人はいなかったのではないか。そう思ってしまう、彼女らしさあふれる司会だった。


・合わせて読みたい→『NHK紅白歌合戦』3日目リハーサル Perfumeはトラブルも「記者さん大変ですね」


(文/しらべぇ編集部・宝田洸太



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年7月14日〜2017年7月17日

対象:全国20代〜60代の男女1,342名(有効回答数)

しらべぇ

「紅白」をもっと詳しく

「紅白」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ