『紅白』櫻井翔、King Gnuを言い間違え 「イジりまくるメンバー」に反響

1月1日(水)5時1分 しらべぇ

紅白司会者(『NHK紅白歌合戦 』リハーサルにて撮影)

31日に放送された『第70回NHK紅白歌合戦』に、ミクスチャーロックバンドのKing Gnu(キングヌー)が出演。白組司会である嵐・櫻井翔がバンド名を言い間違え、それに対するKing Gnuメンバーの反応に、反響が相次いでいる。


■櫻井翔が「King&Gnu」と紹介

しらべぇでも既報のとおり、この日、『白日』を披露した彼ら。動画・ストリーミング再生が1億回を超える、ブレイクのきっかけとなった楽曲だ。

すると、彼らを紹介する際に櫻井が「King&Gnu」と紹介してしまうハプニングが発生。すぐに「失礼しました。King Gnuで……」と言い直していたものの、後輩グループに「King&Prince」がいたことが影響していたのだろう。


関連記事:関ジャニに嵐、King Gnuも登場 紅白歌合戦2日目リハーサル

■「言い間違いでめちゃくちゃ緊張」

本番後、ツイッターを更新したメンバーたち。それぞれ、櫻井の言い間違いについて綴っていく。

まず、ヴォーカルの井口理は「本番前自分でも恐ろしいくらい集中してたんだが、櫻井くんのKing&Gnu言い間違いでめちゃくちゃ緊張した。笑」とコメント。

ドラムの勢喜遊は「この度改名しました! King&Gnuです!!!」とツイート。

ベースの新井和輝は「ふははははははは」と笑い声を綴り、ユーモラスな対応でファンを笑わせた。


■「楽しく返してくれて最高」

失敗をユーモラスにイジったKing Gnuの面々。この対応に、ネット上では「こぞってイジってて草」「櫻井くんのKing&Gnuの言い間違いをおいしいぞ〜〜というようにいじりまくるメンバー陣草」などの声が相次いだ。

また、嵐ファンからも「翔くんの言い間違いを楽しく返してくれるKingGnuの方たち最高です」「KingGnuの皆さんが紹介のときの言い間違いに触れてくれてるの優しい」などの声が寄せられている。

King Gnuにとっても特別だったに違いない今回の『紅白』初出場。そんな中で、言い間違いに動揺しながらも抜群のパフォーマンスを見せ、ユーモアあふれる対応を取ったのは、もはや大物の風格を感じさせる。


・合わせて読みたい→King&Prince、紅白衣装は「岩橋玄樹要素あり」 その色はコガネムシ?


(文/しらべぇ編集部・宝田洸太



しらべぇ

「紅白」をもっと詳しく

「紅白」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ