『紅白』RADWIMPSゲストボーカル・三浦透子の過去に衝撃 「あの子が!?」

1月1日(水)5時31分 しらべぇ

31日に放送された『第70回NHK紅白歌合戦』に、女優・三浦透子(23)がロックバンド・RADWIMPSのゲストボーカルとして出場。その意外な過去に、ネット民から驚きの声があがっている。


■『グランドエスケープ』を歌唱

この日、RADWIMPSのゲストボーカルとして、『グランドエスケープ』で歌唱した三浦。同曲は今年公開され、興行収入136億円を記録した映画『天気の子』(新海誠監督)の主題歌だ。

本職は女優なこともあり、『紅白』には初出場の三浦。しかし、歌い始めるとその姿は非常に堂々としており、曇り空を晴らすかのような瑞々しい歌声を披露した。


関連記事:RADWIMPS野田洋次郎、『Mステ』観覧女性のみに疑問 「今の時代に…」

■「2代目なっちゃん」の過去

そんな三浦だが、もともと子役出身で、23歳ながら芸歴は17年と長い。また、6歳時にはおなじみの人気清涼飲料水「なっちゃん」のCMに、「2代目なっちゃん」として出演していた過去を持っている。

なっちゃんガールと言えば、初代の田中麗奈から始まり、桜庭ななみ、すでに芸能界を引退している堀北真希さんなど人気女優が務めてきたことでも知られているが、子役として起用されたのは三浦だけ。印象に残っている人も多いのではないか。

■「あの子だったのか」と驚愕

三浦が紅白に出場したことで、経歴を検索した人も多かったのか、ツイッター上では「え? 三浦透子ちゃんて? え? なっちゃん? 歌手になってた?」「三浦透子さんは2代目なっちゃんなのか」などの声が殺到。

中には「めっちゃ雰囲気ある美人になってて感動した」など、どこか親戚のような目線になってしまった人の姿も確認できる。


■約1割に「子役時代から応援する存在」

ちなみに、しらべぇ編集部では過去に、子役に関してこんな調査を実施。全国10代〜60代の男女1732名を対象に「子役時代から応援している芸能人がいる」かを尋ねたところ、全体の10.8%が「いる」と答えたのだ。

子役

子役という職業が非常に浮き沈みが激しく、大人になっても活躍し続ける人が少ないのも、その一因だろう。

そんななか、美しい成長を見せ、紅白という大舞台で見事な歌唱を見せた三浦。昔のファンは懐かしい気持ちになったことだろう。


・合わせて読みたい→『紅白』Official髭男dism、初歌唱で初見勢衝撃 「詐欺では」「大丈夫?」


(文/しらべぇ編集部・宝田洸太



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年3月22日〜2019年3月27日

対象:全国10代〜60代の男女1732名 (有効回答数)

しらべぇ

「紅白」をもっと詳しく

「紅白」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ