『紅白』King Gnuメンバーの学歴にネット衝撃 「めちゃくちゃエリートじゃん」

1月1日(水)5時46分 しらべぇ

紅白歌合戦(『第70回NHK紅白歌合戦』出場歌手発表会見にて撮影)

31日に放送された『第70回NHK紅白歌合戦』に、ミクスチャーロックバンドのKing Gnu(キングヌー)が出演。抜群のパフォーマンスに称賛の声が集まる一方、ツイッター上ではメンバーの学歴に衝撃を受ける人が相次いでいる。


■『白日』で圧巻のパフォーマンス

King Gnuは常田大希、勢喜遊、新井和輝、井口理から成る4人組バンド。様々なジャンルの音楽を高度にミックスした、唯一無二の音楽性で知られる。

この日、披露したのはドラマ主題歌にも採用され、ブレイクのきっかけとなった楽曲『白日』。動画・ストリーミング再生が1億回を超えるヒット曲だ。

井口の美声からパフォーマンスが始まると、歌声・演奏・楽曲のクオリティ、そのすべてにネット上では「感動した」「泣いた」「いい曲すぎる」「歌とんでもなく歌が上手い」などの反響が相次ぐことに。


関連記事:関ジャニに嵐、King Gnuも登場 紅白歌合戦2日目リハーサル

■東京藝大出身者がふたりも

そんななか、彼らの姿を初めてテレビで観た人々が、ネットで検索してメンバーの学歴に衝撃を受けることに。じつはリーダーの常田が東京藝術大学音楽学部器楽科チェロ専攻(中退)、井口が東京藝術大学音楽学部声楽科(卒業)なのだ。

東京藝大と言えば、日本国内でトップの芸術大学として知られる存在。坂本龍一葉加瀬太郎など、名を挙げるとキリがないほど多くの音楽家、俳優、芸術家を輩出している。

■「スゴイ」「頭もいいんだ」

作り込まれた楽曲や、井口の類まれなる歌唱力も納得の彼らのバックボーン。

今回の『紅白』で初めて知った人も少なくなかったようで、ツイッター上では「東京藝大ってスゴイな」「めちゃくちゃエリートじゃんか」「King Gnu生演奏なのに上手すぎる 藝大は流石」などの声が相次ぐことに。

また、中には「King Gnu、『小汚ねえ格好のバンド』という認識しかなかったが、主要メンバーが東京藝大出身と知り納得してしまった…。そうだ、このエリートのワザとらしい小汚さはまさに芸大のソレだ…」などとイメージが一変した様子の人も。


■学歴や経歴で人を判断する?

ちなみに、学歴に関してはこんなデータが。しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女に「学歴」について調査したところ、約1割が「学歴や経歴で人を判断する」と回答したのだ。

ほとんどの人は「学歴では判断しない」ということだが、King Gnuのように「高学歴だと知ったことで印象が良くなる」というケースはあるのかもしれない。そんなことを感じさせる、今回の出演であった。


・合わせて読みたい→King&Prince、紅白衣装は「岩橋玄樹要素あり」 その色はコガネムシ?


(文/しらべぇ編集部・宝田洸太



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年3月18日〜2016年3月22日

対象:全国20代〜60代の男女1,352名(有効回答数)

しらべぇ

「紅白」をもっと詳しく

「紅白」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ