ローランドが「ホストを辞める」理由語る 「惚れた女に振り回されたい」

1月1日(水)10時31分 しらべぇ

ローランド

ホスト界の新帝王として2019年を席巻したローランドが、31日放送『バナナマンのドライブスリー』(テレビ朝日系)に登場。自身の女性論を熱弁し、ホスト引退にまで言及した。


◼多忙だった2019年

「人生で一番働いた1年だった」と2019年を振り返ったローランド。本業のホストだけでなく、起業やメディアへの出演などで多忙を極め、ほぼ休みがなかったと明かす。

それでもホストとして店に出れば、「神様かってくらいチヤホヤしてくれる」らしく、体調がキツくても頑張れたと語った。


関連記事:高年収ほど支持?平愛梨の「関白宣言が理想」発言に賛否が殺到

◼惚れた女に振り回されたい

ここから恋愛の話題に。バナナマン・設楽統が「ローランド側が本当に好きになったらどうなるの?」と質問する。

これにローランドは「仮に『仕事辞めて』って言われたら多分辞めちゃう。女の子に振り回されて生きていきたい」と本音を吐露。「惚れた女に振り回されるのが一番の幸せ」と得意の名言が飛び出す。

それでも、「尻に敷かれるんじゃないですかね」としながらも「今のところはない」とし、振り回されるほど惚れている女性とは出会えていないと明かした。

◼視聴者も称賛

好きな女性が望むならホストを辞めてもいいと明言したローランドに、視聴者も敏感に反応している。

「『惚れた女に振り回されて生きていくのが一番の幸せ』、これ解る」「発言がもうなんか色々振り切ってて好き」「ローランド様カッコ良すぎ!」と称賛する声が目立っていた。


◼2割強が「亭主関白」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男性762名を対象に調査したところ、全体の23.4%が「亭主関白」だと回答している。

男性が主導する亭主関白な家庭は減少傾向にあるようだ。ローランドのように、女性を尊重し、女性に振り回されたほうが円満な家庭が築かれるのかもしれない。


・合わせて読みたい→ROLAND、水族館とのコラボに自信も「口説くならここ以外で」


(文/しらべぇ編集部・サバマサシ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年10月19日〜2018年10月22日

対象:全国20代〜60代の男性762名 (有効回答数)

しらべぇ

「ホスト」をもっと詳しく

「ホスト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ