BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

『劇場版 艦これ』主題歌を歌う西沢幸奏さん、第2回トーク&ミニライブでファンを魅了

アニメイトタイムズ1月2日(月)15時0分
画像:『劇場版 艦これ』主題歌を歌う西沢幸奏さん、第2回トーク&ミニライブでファンを魅了
写真を拡大
 アニメ映画『劇場版 艦これ』(2016年11月26日より公開中)の主題歌「帰還」を先日リリースしたばかりのシンガー、西沢幸奏(にしざわ しえな)さん。そんな彼女が、2回目となるトーク&ミニライブ「Vol.2 “Face to Face”」(昼夜2公演)を11月26日(土)、SHIBUYA CLUB QUATTRO(東京・渋谷)にて開催しました。

 約9ヶ月ぶりに行われたトーク&ミニライブで、圧巻のパフォーマンスを見せてくれた西沢幸奏さん。ギターをかき鳴らし歌う姿がとにかくカッコよく、確実に盛り上がれます。まだ生で彼女のライブを見たことがない方は、今から見ておかないと、もったいないですよ! 
ただのイベントで終わらせたくない!をテーマに全力で突っ走る!
 大きな歓声の中登場し、センターにエレキギターを手にした西沢幸奏さんがスタンバイすると、いきなりTVアニメ『学園都市アスタリスク』のOPテーマ「Brand-new World」をぶちかます! 観客も手拍子と大きな掛け声で負けじと応戦し、いきなりクライマックスのような盛り上がりで会場の熱気も急上昇。勢いもそのまま、次の「Cross」のイントロで、「こんばんは、西沢幸奏です!」と力強く言うと「今日はよろしくお願いしますねっ」とカッコ良さの中にキュートさを混ぜた挨拶をして、そのままこの曲を静かに、だが徐々に力を込めて歌い上げていきました。 
 彼女を知っている方は周知のことかと思いますが、彼女のライブはシンガーのライブというより、バンドのライブに近い。ファンも飛び跳ね、拳を突き上げながら声を上げます。このパフォーマンスを19歳で自分のものにしていることに、まず驚いてしまいました。

 最初のMCの前に「幸奏〜!」という声がかかると「嬉しい。皆さんに“幸奏”って言ってもらえることが一番好きです」と答え、「いつも“雨女”とスタッフさんに罵られてきた私が、今日晴れさせることができました!(笑) 前回のトーク&ミニライブから9ヶ月になるんですけど、またこのトーク&ミニライブがやりたい、皆さんにお逢いしたいとスタッフさんに会うたびに言ってきました。こうやって集まってくれたことが、この9ヶ月で一番嬉しいです!」と、このライブが実現できたことを無邪気に喜ぶ彼女。 
 「今日は昼の部と夜の部で、衣装もセットリストも変えました! ただのイベントで終わらせたくない!というのが今日のテーマです。これを大きなステップにして前へ進んでいくために、一緒に楽しみたいと思ってます!」と語って、爽やかな「Just One」を歌います。歌詞に〈夕日に今 染まっていく〉とありますが、ステージがオレンジ色に照らされる中、サビで伸びやかな歌声を響かせていたのが印象的でした。

 続いては、ライブタイトルの通り、ライブだけではなく、より皆さんと顔と視線を絡ませることができる……ということでトークコーナーがスタート。ここからは、フライングドッグ・宣伝担当の鈴木さんが進行役を務めます。

 「帰還」をリリースしたばかりということで、まずはシングルの話から。「ライブで歌うことで初めて感じるものもあると思いました。アーティストのポテンシャルって全部ライブに出ると思っていて、すごく大事にしたい機会なんです。お客さんの前で歌って、初めて曲も完成するというか……」「この曲のレコーディングのとき、部屋を暗くして歌ってみたいんです。部屋のディテールが見えなくなるから目の前に海が広がっている感じがして、イメージがすごく湧きやすくなったんです」と、レコーディング秘話も。

 また、この曲は『劇場版 艦これ』の主題歌にもなっているということで、「観てない方もいるのでコメントするのが難しいんですが、私の曲だけど『帰還』があらためて好きになりました」と語りました。 
 自身で作詞した『帰還』のカップリング曲「Just One」については「ストレートな言葉を使ったので、書いてるときの感覚が明らかにいつもと違いました。今まで勇気がなくてストレートなことって書けなかったんです。メッセージはドンって伝わる歌詞がいいと思ってるけど、この曲は凝った言葉をあえて使わず、自分では少し恥ずかしいと感じるような言葉も入れました。でも本当に思ったから、言葉を変える必要はないと思ったんです。今までだったら辞書引いてでも代わりの言葉を探したんですけど、それでも変えたくない言葉っていうのがありましたね」と話しました。

 続いては《クイズ!幸奏と“Just One”》ということで、三択クイズを実施。幸奏さんとみんなの思う答えが合えば、彼女とシンクロ率が高まるという内容です。「西沢幸奏は、ご飯と汁物とおかずの何から食べる?」では汁物、「レコーディングのお供は?」では、さ湯、「大人になったらしたいこと」では、一人暮らしなどなど、彼女のプライベートに迫る質問がされました。

 最後は「高校生の時の50mのタイムは?」で、答えは7.9秒と女子の平均よりも速いという結果だったのですが、観客の多くは、タイムが遅いと予想していたので、イメージと現実のギャップもあったりしたのが楽しかったです。また、彼女のラジオでもやっている《弾き語りセラピー特別編 スタッフのお悩み解決》も開催。ここでは鈴木さんの悩みを強引に引き当て、彼女ができないと悩んでる鈴木さんに、「こだわりすぎるとこをどうにかしたほうがいい」と歌に乗せて、ズバッとアドバイス(笑)。これには鈴木さんもタジタジでした。

 トークコーナーを終えてからは再びライブがスタート。「おしゃべりで笑顔になることも大好きだけど、歌手として、歌で皆さんのことを笑顔にできるようになりたい。そういう優しい気持ちになれる曲を歌いたいと思います」と言って「ピアチェーレ」を歌う。ハンドマイクで、アコギをバックに優しく、心を込めて歌う。

「デビューした頃はできないことが多くて、自分に全然自信が持てなかったんです。こんな子供がメッセージなんて発信していいのかって考えちゃうような性格でした。でもそんな私が、ただただ音楽が好きという気持ちでステージに立てて、今、奇跡のように皆さんにお集まりいただいて、この瞬間、新しい曲が歌える。本当に生きてて良かったと大げさではなく思います。そんな嬉しい気持ちと私の決意が伝わればいいなと思います」と、大きく息を吸い込んで『劇場版 艦これ』の主題歌「帰還」を歌い始めます。 
 同期で流れるストリングスの壮大さというものがこの楽曲の特徴としてあるが、ライブだからこそ、そこで歌っているからこそ感じられる生々しい彼女の感情が、歌から溢れ出ているような感じがして、とても感動的でした。

 ラストスパートは「吹雪」から。エレキをかき鳴らして歌う西沢に、観客も大きな歌声で応え、「届けー!!」と絶叫。個人的には15年のアニサマでこの曲を歌った姿が思い浮かぶのですが、今は声も太くなり、この曲をよりしっかりと表現できるようになっていると思います。そんな彼女の成長もしっかり感じさせてくれたあとの本編最後は「The Asterisk War」。「全然まだ足りてないでしょ?」と客を煽りながら、魂を込めて熱唱し、ステージをあとにしました。 
 アンコールで再び「Brand-new World」を歌い、オープニング以上に盛り上げてこの日のライブを締めくくったのですが、ものすごいスピードで成長し続けている彼女のパフォーマンスに圧倒されっぱなし。途中に挟むMCで発せられるメッセージにも彼女のカリスマ性を感じ、今後、どんどん大きくなっていく姿が見えるような、そんなライブでした。

[文/塚越淳一]

西沢幸奏 トーク&ミニライブVol.2 “Face to Face”
[セットリスト]
1.Brand-new World(TVアニメ「学戦都市アスタリスク」OPテーマ)
2.Cross(PlayStation(R)Vita「BAD APPLE WARS」EDテーマ)
3.Just One
4.ピアチェーレ(アニメ「ARIA The AVVENIRE」主題歌)
5.帰還 (「劇場版 艦これ」主題歌)
6.吹雪(TVアニメ「艦隊これくしょん -艦これ-」EDテーマ)
7.The Asterisk War(TVアニメ「学戦都市アスタリスク」新OPテーマ)
Ec.Brand-new World(TVアニメ「学戦都市アスタリスク」OPテーマ)

イベント出演情報
FM NORTH WAVE 23rd ANNIVERSARY × KRAPS HALL 15th ANNIVERSARY
「Anison-R presents Special Xmas LIVE 2016!!」

日時:2016年12月18日(日)OPEN 16:30  START 17:00 END 19:00
場所:KRAPS HALL(札幌市中央区南4条西6丁目5番タイムズステーション1階)
出演:鈴木このみ、西沢幸奏
チケット:前売り 3,000円 当日3,500円
(*オールスタンディング・整理番号付き・別途1 ドリンク500 円)
イベントに関するお問合せ:FM NORTH WAVE 011-707-9999 (平日9:30〜17:30)
チケットに関するお問合せ:ローソンチケット 0570-000-777


ANIMAX MUSIX 2017 OSAKA
日時:2017年1月14日(土) 開場13:00 開演14:00
出演:i☆Ris、every♥ing!、大橋彩香、OxT、GARNiDELiA、KOTOKO、鈴木このみ、 
 鈴村健一、茅原実里、西沢幸奏、fripSide、Minami、ミルキィホームズ and more...   (五十音順)
場所:大阪城ホール
料 金:
・指定席:8,700円(税込)
・プレミアムシート:15,500円(税込)[限定グッズ付]
  
主催:株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパン
イベントについてのお問い合わせ
 キョードーインフォメーション  0570-200-888 (10:00〜18:00)

>>http://shiena-nishizawa.com/ (西沢幸奏公式サイト)
>>https://twitter.com/shiena_tw (西沢幸奏公式Twitter)

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「艦これ」をもっと詳しく

注目ニュース
ふなっしー、地元回帰で駅のアナウンスを担当するも冷ややかな船橋市民 週刊女性PRIME9月20日(水)4時0分
青果店には梨が並ぶ季節になったけど、あの“梨の妖精”を近ごろ見かけない……。「“梨汁ブシャー!”のふなっしーですね。千葉県船橋市の非公認キ…[ 記事全文 ]
二宮和也が長澤まさみとの共演で露骨に拒絶! ファンすら「ヤバすぎない?」「子供っぽい」と指摘する不自然な態度 messy9月19日(火)23時0分
9月14日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)に、映画『散歩する侵略者』のPRとして主演の長澤まさみ(30)が登場し、過去に交際報道のあった二…[ 記事全文 ]
B'z稲葉(52)、テレビでの「豹変」に驚き トーク中「老けた?」→歌「マイナス15歳...」 J-CASTニュース9月19日(火)15時53分
B'zがデビューしたのは、まだ年号が「昭和」だった1988年だ。それから約30年、当時23歳だったボーカル・稲葉浩志さんも、すでに52歳で…[ 記事全文 ]
鈴木砂羽“土下座強要”騒動の影響が…観客語る舞台での異変 女性自身9月20日(水)6時0分
「人道的に彼女の人格や尊厳をメチャクチャにするような、そういった罵声を浴びせた事実はございません」9月13日、演出・主演舞台『結婚の条件』…[ 記事全文 ]
稲垣、草なぎ、香取がSNS開設を前向きに検討 日刊スポーツ9月20日(水)5時0分
ジャニーズ事務所から独立した元SMAPの稲垣吾郎(43)草なぎ剛(43)香取慎吾(40)が、ツイッターやインスタグラムなどのSNS開設を前…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 ふなっしー、地元回帰で駅のアナウンスを担当するも冷ややかな船橋市民週刊女性PRIME9月20日(水)4時0分
2 B'z稲葉(52)、テレビでの「豹変」に驚き トーク中「老けた?」→歌「マイナス15歳...」J-CASTニュース9月19日(火)15時53分
3 二宮和也が長澤まさみとの共演で露骨に拒絶! ファンすら「ヤバすぎない?」「子供っぽい」と指摘する不自然な態度messy9月19日(火)23時0分
4 市川海老蔵と小林麻耶で噂される再婚は大河ドラマにも出てくる風習だった!?アサ芸プラス9月19日(火)5時59分
5 市川海老蔵「再婚最有力候補」小林麻耶との複雑な関係まいじつ9月12日(火)10時30分
6 山下智久、頻繁にエゴサーチしていた「気になってしょうがない」モデルプレス9月19日(火)19時23分
7 稲垣、草なぎ、香取がSNS開設を前向きに検討日刊スポーツ9月20日(水)5時0分
8 鈴木砂羽“土下座強要”騒動の影響が…観客語る舞台での異変女性自身9月20日(水)6時0分
9 中居正広の暗躍、ジャニーズ事務所をも秤にかける存在に週刊女性PRIME9月19日(火)4時0分
10 山下達郎、ライブ中の「客の合唱」は迷惑 「あなたの歌を聴きに来ているのではない」J-CASTニュース9月19日(火)15時7分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア