注目ワード中日・巨人 嫉妬・アイデア 中国・メディア 稲村亜美・水着 エメリヤーエンコ・ヒョードル・ヒョードル氏 2017夏・ソフトモヒカン

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(12)若い頃は遅刻グセがあった

アサ芸プラス1月2日(金)9時9分

 吉田が初めて高倉の主演映画に関わったのは「大空の無法者」(60年、東映)という作品だった。当時の東映は京都が主流であり、高倉や吉田がいた東京撮影所は日蔭の存在だった。

「当たらない映画が続いて東京撮影所は元気がない。健さんにしたって年下の中村錦之助、日活でも石原裕次郎や小林旭のほうが先に売れてしまう。あの頃の健さんの口ぐせは『明日があるから!』だったけど、歯を食いしばって自分に言い聞かせていた感じだった」

 さらに女流スターとのせめぎ合いもあった。大歌手であり、東映の看板女優でもあった美空ひばりは高倉を気に入り、小林旭よりも先に「ダーリン」と呼んで相手役にたびたび指名。ただし、ピントはひばりのみに合わされ、後ろにいる高倉の顔はぼやけている。できれば出たくないというのが本音だった。

 また江利チエミとの結婚後も吉田はグチを聞かされた。

「健さんの主演1本が60万円になっていたけど、それでも家に帰ればチエミは東宝で1本250万円と聞かされる。何とかなんねえかなって訴えてきたね」

 そして大スターへ飛躍したのが「昭和残侠伝」や「日本侠客伝」(64年)、「網走番外地」(65年)の人気シリーズが立て続けに始まった頃である。

 とりわけ「昭和残侠伝」は主題歌の「唐獅子牡丹」に乗り、風間重吉役の池部良との“道行き”で敵陣へ斬り込んでいくシーンが拍手喝采を浴びた。

 池部は高倉よりひと回りも先輩の大スターだが、高倉を「健坊」と呼んでかわいがった。

「俺たちの健坊は画面に出てきた瞬間にスターなんだ。仲代達矢や宇野重吉は映画の筋が進んでいかないと輝かないだろ?」

 そんな池部の褒め言葉を吉田は何度となく耳にしている。とはいえ、高倉に対して甘やかしていたわけではない。大目玉を食らわせた瞬間を吉田は目の当たりにしている。

「池部さんが肺炎にかかって無理だって言っていたのを、何とか拝み倒して『獄中の顔役』(68年)に出てもらった。ところが、健さんはコーヒー好きの朝寝坊だから遅刻グセが直らない。さすがに池部さんが『バカヤロー』と怒鳴って『俺は肺炎を押して出ているんだから健坊もちゃんと来い!』と一喝。そんなこともあって、健さんは池部さんを尊敬していました」

 当時の高倉は脚本や演出に対して注文をつけるほうではなかったが、こと「昭和残侠伝」に限っては吉田に念を押す。主題歌の「唐獅子牡丹」を生かしてほしい、さらにセリフには「白いメシ」と「おふくろ」を必ず入れてほしいと言う。

「その2つのセリフで貧しい育ちであったこと、ヤ○ザになって母親にすまないと思っていることを簡潔に表現できる。自身のキャラクターを大事に考えるようになっていましたね」

 俳優になって10年目に芽生えた「意識」である。
copyright(c)TOKUMA SHOTEN@All Rights Reserved

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

関連ワード
追悼のまとめ写真 高倉健のまとめ写真 遅刻のまとめ写真 映画のまとめ写真

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「追悼」をもっと詳しく

注目ニュース
稲村亜美ファースト写真集「面白い脱ぎ方したくて」 日刊スポーツ6月25日(日)13時28分
タレント稲村亜美(21)が25日、ファースト写真集「どまんなか」(26日発売)の発売記念握手会を開いた。3月にハワイで撮影。[ 記事全文 ]
山崎夕貴アナ、おばた浮気をバッサリ「最悪の気分」 日刊スポーツ6月25日(日)11時4分
フジテレビの山崎夕貴アナウンサー(29)が、交際中のお笑い芸人おばたのお兄さん(29)の浮気発覚に「最悪の気分」と吐露した。[ 記事全文 ]
松本人志、小林麻央さんを追悼「こういう人を“美しい人”というんじゃないですか」 モデルプレス6月25日(日)10時31分
【松本人志/モデルプレス=6月25日】お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、25日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(毎週日曜あさ10…[ 記事全文 ]
小嶋陽菜、ベッドで“挑発”セクシーショット披露に反響「ドキッとした」 クランクイン!6月25日(日)11時45分
モデル、タレントとして活躍する小嶋陽菜が22日、自身のインスタグラムとツイッターを更新。[ 記事全文 ]
市川海老蔵「涙で台本みれない」 モデルプレス6月25日(日)11時23分
【市川海老蔵/モデルプレス=6月25日】歌舞伎俳優・市川海老蔵が23日、東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで緊急会見を行い、乳…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 市川海老蔵が語った「僕を変えてくれた」小林麻央さんの“献身愛”に感動週刊女性PRIME6月24日(土)4時0分
2 『青少年アシベ』って本気か! 少年アシベ新作が『月刊アクション』で連載へ、作画は森下裕美指名のBL作家ねとらぼ6月24日(土)13時13分
3 会見前に小林麻央さんの死去報道… 海老蔵の「お察しください」を無視したマスコミに非難殺到BIGLOBEニュース編集部6月23日(金)12時53分
4 松本人志、小林麻央さんを追悼「こういう人を“美しい人”というんじゃないですか」モデルプレス6月25日(日)10時31分
5 「バトルシップ」放送中止でツイッターに「奇祭」 浅野忠信も「参戦」で大盛り上がりJ-CASTニュース6月24日(土)15時3分
6 NMB48須藤凜々花の異変を察知していた?徳光アナ、結婚宣言の舞台裏を明かすモデルプレス6月24日(土)11時45分
7 倉科カナ、美少女時代の写真公開で「人生ずっとモテ期?」 ウェディングドレス姿公開には「心臓に悪い」の声おたぽる6月25日(日)9時0分
8 市川海老蔵、会見から一夜「まおと私は共に生きます」 子どもたちの様子もモデルプレス6月24日(土)9時40分
9 ディーン・フジオカとのキスで窒息寸前? 貫地谷しほり「おぼれそうだった」オリコン6月24日(土)14時14分
10 福山雅治、“BLラジオドラマ”に反響殺到で「審議したい」 ネット上で議論が白熱モデルプレス6月24日(土)18時34分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア