「笑点!」林家木久扇師匠のネタが子供たちにまさかの悪影響?

1月2日(土)9時58分 アサ芸プラス

「笑点!」(日本テレビ系)を子供と一緒に楽しんでいる親御さんたちが、林家木久扇師匠のネタに苦虫を潰した顔になっているという。テレビ誌ライターが語る。

「以前、『あ・き』というお題について、木久扇師匠が『あしたのことは考えない、きのうのことは忘れた』と回答。それが気に入ったらしく、その後も頻繁に使い始めたんです」(テレビ誌ライター)

 そのフレーズを子供たちが頭の中にインプット。親が「明日の準備をしなさい」と言っても、「あしたのことは考えない、きのうのことは忘れた」と返してくるのだとか。

「親御さんが、『木久扇はバカキャラだから、明日のことが考えられなくて、昨日のことを覚えてられないんだよ』と説明しても、わかってもらえないそうです」(前出・テレビ誌記者)

 子供たちが冬休みの宿題を一向にやらないようだと、それはひょっとしたら木久扇師匠のせい?

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

林家木久扇をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ