蒼井優、山里亮太が辛抱限界の“過激化”/お騒がせ美女の新年“大予言”(6)

1月2日(木)9時59分 アサ芸プラス

 よしもとブサイクランキングで「殿堂入り」を果たしている、南海キャンディーズ山里亮太との電撃結婚で、世間をあっと驚かせた、女優・蒼井優

「ここ数年の蒼井の出演作品は、いつも激しいカラダを張ったシーンが話題になります。『彼女がその名を知らない鳥たち』『オーバー・フェンス』に続き、19年公開の『宮本から君へ』も同様で、蒼井が『亮太くんにはまだちょっと早いなぁ』と、山里の激しい嫉妬への不安を蒼井が口にしたほど。1月24日に公開される『ロマンスドール』はさらに激しく、ついに先端部分が隠れているだけでまん丸バストがほぼ見えちゃうという濃厚な場面を、ラブドール職人役の高橋一生と演じています。山里は周囲に、『思っていたよりもしんどいな』と、女優を嫁にしたことを後悔するような言葉をこぼしているといいますね」(テレビ局関係者)

 だが、そんな山里に遠慮して女優活動に手心を加えるような蒼井ではないだろう。

「むしろ、自分の女優としての情熱を十分理解した上での伴侶を得たと思っていますから、今後、より激しく女性としての本質を演技で表現したいと燃えている。バストすべてはおろか、下の毛の解禁だって十分にありえるのではないでしょうか」(映画関係者)

 山ちゃんがいつまで辛抱できるのか。

(露口正義)

アサ芸プラス

「蒼井優」をもっと詳しく

「蒼井優」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ