BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

【シネマ羅針盤】2017年、注目映画はこれだ!<邦画編>

シネマカフェ1月2日(月)11時0分
画像:『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』 (C)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会 (C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
写真を拡大
『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』 (C)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会 (C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
画像:『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』(c)2017 ひるね姫製作委員会
写真を拡大
『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』(c)2017 ひるね姫製作委員会
画像:【シネマ羅針盤】2017年、注目映画はこれだ!<邦画編>
写真を拡大
画像:【シネマ羅針盤】2017年、注目映画はこれだ!<邦画編>
写真を拡大
画像:【シネマ羅針盤】2017年、注目映画はこれだ!<邦画編>
写真を拡大
胸がキュンキュンし過ぎて「一度、お医者さんに診てもらっては?」と心配したくなる最近の日本映画界。『君の名は。』の大ヒットに沸いた2016年に続き、良いニュースがあるといいのですが…。既存のセオリーが崩壊したいま、映画ファンはどんな作品を観るべきなのか?


<成功のカギは海外ロケ? ハズせない話題作>
2017年、邦画界で最も注目を集めている大型実写企画が『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(8月4日公開)、そして『鋼の錬金術師』(12月公開)だ。ともに国内外で高い人気を誇るコミックが原作になっており、それぞれスペイン、イタリアで大規模なロケを敢行した点も共通している。独特な世界観の再現が不可欠なだけに、海外ロケがもたらす効果は、両作品にとって成否を分ける重要なカギとなるはずだ。

また、『ジョジョ』であれば“スタンド”、『ハガレン』なら錬金術を駆使したバトルシーンも見どころになる。原作を尊重しつつ、斬新なアクション描写を生み出せるかが勝負である。キャスティングや脚色に対する賛否は、実写化ならではの悩ましい問題だが、それでもファンなら見逃せない、映画会社にとっては失敗できない、絶対に“ハズせない”話題作なのは間違いない。ヒットして、シリーズ化が軌道に乗ればいいけど…。


<カリカリするだけ無駄? コミック実写化どう楽しむべきか>

コミック実写化の話題が続きます。すべてのタイトルを挙げると、本当にキリがないけど、いまやヒット請負人の地位を確立した神木隆之介を主演に迎えて、二部作で映画化される『3月のライオン』(前編3月18日公開、後編4月22日公開)をはじめ、『銀魂』(夏公開)、『東京喰種 トーキョーグール』(夏公開)、『亜人』(9月30日公開)は押さえておきたい作品だ。

異色のプロモーションを展開しているのが『銀魂』で、主演の小栗旬が「実写化してどうもすいませんでした」と自虐的な謝罪動画を公開し、大反響を巻き起こしたばかり。でも、「実写化してどうもすいませんでした」って気持ち、あらゆるコミック実写化に携わる関係者の本音なのかも…。もはやカリカリするだけ無駄だし、2017年は映画を受け取る観客側の姿勢も問われそう。


<嵐メンバー主演作が続々公開、岡田准一&生田斗真も変わらぬ活躍>

例年以上に、ジャニーズ事務所に所属する男性タレントの主演作が公開されるのも2017年の特徴。特に大野智主演の『忍びの国』(7月1日公開)を皮切りに、松本潤主演の『ナラタージュ』(10月公開)、二宮和也主演の『ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜』(11月3日公開)と、「嵐」メンバーの主演作が続々公開され、ファンはうれしい悲鳴だ。

すでに俳優として確固たるポジションを築いている「V6」の岡田准一は、『追憶』(5月6日公開)と『関ヶ原』(8月26日公開)に主演。同じく実力派俳優の生田斗真は『彼らが本気で編むときは、』(2月25日公開)、『先生!』(秋公開)で主演を務め、スクリーンで変わらぬ活躍を披露する。

「KAT-TUN」の亀梨和也は『PとJK』(3月25日公開)、『美しい星』(5月公開)に出演。「Hey! Say! JUMP」の山田涼介は前述した『鋼の錬金術師』に加えて、東野圭吾原作の『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(秋公開)に主演する。2016年大晦日をもって解散した「SMAP」の元メンバー、木村拓哉が主演する『無限の住人』(4月29日公開)も注目すべき一作だ。


<『君の名は。』に続け! アニメ映画は2017年も期待大>

国内興収210億円を突破した『君の名は。』をはじめ、『聲の形』『この世界の片隅に』といった秀作が、正当な評価と予想を超える興行成績を獲得し、まさにアニメ映画豊作の1年だった2016年。この現象に続けとばかりに、2017年も期待作が目白押しだ。

制作会社の解散を理由に、公開が延期になっていた伊藤計劃原作の『虐殺器官』が、満を持して2月に公開。『攻殻機動隊S.A.C.』『東のエデン』の神山健治監督によるオリジナル作『ひるね姫 知らないワタシの物語』(3月18日公開)は、主演の高畑充希をはじめ、豪華な声優陣も注目を集めそう。

また、“逃げ恥”で一躍全国区のブレイクを果たした星野源が、主人公の声を務める『夜は短し歩けよ乙女』(4月7日公開)、岩井俊二監督の同名傑作をアニメ化する『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(8月18日公開)など、アニメに興味がない人にこそ観てほしい作品も。スタジオジブリ出身の米林宏昌監督(『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』)は、新スタジオ「株式会社スタジオポノック」から最新作『メアリと魔女の花』(夏公開)を発表する予定だ。“ポストジブリ”論争もいまは昔。個性あふれる作り手によるアニメ映画の数々が、スクリーンで躍動する。
Copyright (c) 2017 IID, Inc. All rights reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
映画のまとめ写真 医者のまとめ写真 日本のまとめ写真 君の名は。のまとめ写真

「映画」をもっと詳しく

映画に関するまとめ
注目ニュース
小栗旬がフジテレビに「絶縁宣言」で、「CRISIS」続編が白紙の危機! アサ芸プラス6月28日(水)9時59分
小栗旬がフジテレビに絶縁宣言!?6月22日発売の「週刊新潮」によると、小栗はとある事情からフジテレビに対して怒りを露わにしていたという。[ 記事全文 ]
フジテレビ新体制発足で、いよいよ小倉智昭らの「クビ切り」が決定か!? アサ芸プラス6月28日(水)9時59分
6月28日の取締役会で正式にフジテレビのトップに就任する宮内正喜新社長。その新体制がスタートするにあたり、さっそく打ち切り番組の最有力候補…[ 記事全文 ]
TKO木下が踏んだ“和田アキ子の地雷” ナリナリドットコム6月28日(水)8時42分
タレントの勝俣州和(52歳)が、6月25日に放送されたバラエティ番組「テレビじゃ教えてくれない!業界裏教科書」(AbemaTV)に出演。[ 記事全文 ]
杉良太郎が批判「名ばかり刑務所ボランティア」有名人は誰? NEWSポストセブン6月28日(水)11時0分
被災地慰問や途上国支援といった芸能人の慈善活動については、世間から注目される一方で「売名目的」といった批判もつきまとってきた。[ 記事全文 ]
脚の付け根まで全見えに!有村架純「美脚ショット」に衝撃走る! アサ芸プラス6月28日(水)5時59分
女優の有村架純が公開した美脚ショットが「史上最高の美しさ」だと注目を集めている。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア