南沙良&若月佑美&奈緒&白石聖…2019年ネクストブレイク女子は誰だ!?

1月2日(水)8時15分 シネマカフェ

2019年ネクストブレイク女子は?

写真を拡大

2018年「Yahoo!検索大賞」女優部門を受賞した若手女優・今田美桜は、4月期放送の「花のち晴れ〜花男Next Season〜」ではツインテール美少女・真矢愛莉役を務め、先日、最終回を迎えたばかりの「SUITS/スーツ」でも好演を見せた。インスタグラムのフォロワーはこの1年で約10倍となり、最もフォロワー数が伸び、話題になったアカウントとして「#MVI 2018 トレンド部門」に輝き、2018年版「世界で最も美しい顔100人」にもノミネートされるなど一躍、大ブレイク。

思い返せば、今田さんはモデルとして活動しながら、「僕たちがやりました」「民衆の敵〜世の中、 おかしくないですか!?〜」をはじめ、ここ2〜3年の話題のドラマや映画で着実に成長を遂げてきた存在だった。では、来たる2019年には、どんな若手女優たちが登場することになるのだろうか?


新人賞受賞!『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』16歳のW主演女優
まず、12月18日に表彰式が行われた第43回報知映画賞で新人賞に輝いたのが、『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』の南沙良と蒔田彩珠。同作は人気漫画家・押見修造の“最高傑作”の1つといわれる青春漫画の実写化で、「ワカコ酒」「リピート〜運命を変える10か月〜」などの湯浅弘章監督がメガホンをとった。


吃音により、自分の名前すら上手く話すことができない高校1年生の大島志乃を演じたのが南さん。2002年6月11日生まれ、神奈川県出身。「nicola」モデルオーディションでグランプリを受賞し、現在も専属モデルとして活躍しながら、初オーディションでつかんだ『幼な子われらに生まれ』(17)で女優デビュー。義理父・浅野忠信や実母・田中麗奈にくってかかる微妙な年ごろの少女を熱演し、報知映画賞やブルーリボン賞新人賞にノミネートされた。行定勲が監督を務めた伝説的バンド「レベッカ」17年ぶりの新曲「恋に堕ちたら」のMVでも透明感を発揮、初主演作となった『志乃ちゃん〜』では澄み切った歌声も初披露した。


高い演技力もさることながら、過去に新垣結衣や忽那汐里などが務めた“人気女優の登竜門”ポッキーガールにも抜擢され、主演映画『無限ファンデーション』や新年1月4日(金)に放送される「第30回フジテレビヤングシナリオ大賞」受賞作「ココア」、2019年5月17日公開の松坂桃李主演の時代劇『居眠り磐音』などにも出演する。

シネマカフェのインタビューでは、自分の言葉で相手に伝えなくてはいけないオーディションや舞台挨拶は「生きた心地がしない」と言いながらも、「お芝居や撮影ではあまり緊張することがない」と語っていた南さん。もしかしたら、生粋の“女優”なのかも?


また、南さん演じる志乃と音楽を通じて友達になり、バンド「しのかよ」を結成する岡崎加代を演じた蒔田さん。猛特訓して挑んだギターの演奏も『志乃ちゃん〜』の大きな見どころとなっている。2002年8月7日生まれ、神奈川県出身。7歳から子役として活動し、是枝裕和監督のTVドラマ「ゴーイング マイ ホーム」や映画『海よりもまだ深く』『三度目の殺人』、さらに『万引き家族』にも出演している若き“是枝組”の一員。

そのほかドラマ「重版出来!」「anone」、映画『友罪』『猫は抱くもの』などや、「積水ハウス」や「カロリーメイト」といった数々のCMにも出演している。12月28日まで公演の初舞台となる音楽劇「道」(東京・日生劇場)ではヒロイン・ジェルソミーナを演じ、草なぎ剛と共演中。その確かな演技力には、エンタメ界から改めて熱い視線が送られている。



人気漫画の実写化に抜擢されたあの子は誰!?
2018年10月期に最も話題を呼んだドラマといえるのが、福田雄一監督が手掛けた「今日から俺は!!」だろう。「増刊少年サンデー」「週刊少年サンデー」で約10年間連載された西森博之の人気ヤンキーギャグ漫画を実写化。賀来賢人、伊藤健太郎、清野菜名、橋本環奈、太賀、矢本悠馬、鈴木伸之、磯村勇斗ら錚々たるメンツの中にあって、ドラマのオリジナルキャラクター・川崎明美役として起用されたのが、先日「乃木坂46」を卒業したばかりの若月佑美。


橋本さん演じる成蘭女子校のスケバン・早川京子を慕いながらも、伊藤と“バカップル”ぶりを見せる京子にツッコミを入れまくる役どころを好演。オープニングの「男の勲章」ではベースを担当した。

1994年6月27日生まれ、静岡県出身。2011年に「乃木坂46」1期生となり、「ヴァンパイア騎士」「嫌われ松子の一生」「あさひなぐ」「鉄コン筋クリート」など数多くの舞台にも出演。「今日俺」に起用した福田監督のTwitterによれば、「乃木坂46」の舞台「16人のプリンシパル trois」(14)で出会って以来、「その時のガッツに惚れての『モテリーマン』(スマートモテリーマン講座)ということで3度目(のタッグ)」となる。

ドラマの“福田組”初参加となった「今日俺」ほか、2018年はdTVドラマ「銀魂2-世にも奇妙な銀魂ちゃん-」の「眠れないアル篇」にまさかのサプライズ出演。福田監督の世界観が炸裂する佐藤二朗出演の「吉野家」のCMでは、アムロな戸塚純貴やシャアな太賀とともにフラウ・ボゥとして登場し、ウェブ限定動画の再生回数は350万回超え。続く「牛すき鍋膳」篇では黒板五郎な佐藤さん、純な太賀さんとともに“蛍”に扮してアドリブにも堪え抜き、再生回数は218万回超えとなっている。


まさに福田組の“秘蔵っ子”ともいえる若月さん。次は女優として、どんな作品に登場してくれるのだろうか?

また、「週刊少年ジャンプ」で連載された桂正和の伝説的人気漫画で90年代を代表するラブストーリー「I”s(アイズ)」も、岡山天音主演で連続ドラマ化される。そのヒロインのひとりで、原作者・桂氏が太鼓判を押したという葦月伊織役に起用されたのが、白石聖。


片寄涼太や鈴木伸之ら14人もの王子が登場する「PRINCE OF LEGEND」、続く2019年3月21日公開の映画版でヒロイン・成瀬果音役に大抜擢されており、Twitter上では“果音様”と呼ばれて大人気だ。

「back number」の名曲「クリスマスソング」に乗せたLINE MUSIC「LINE Xmas 2018」のCMで曲を聴きながら涙する女子高生、あるいは、上白石萌歌&井之脇海のキリン「午後の紅茶」CMシリーズで“恋のライバル宣言”をしたもうひとりの少女、といえばピンと来る人は多いだろう。



1998年8月10日生まれ、神奈川県出身。高校2年生のときに原宿でスカウトされたという白石さんは、ドラマ「仰げば尊し」「先に生まれただけの僕」「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」、映画『ハルチカ』などコンスタントに話題作に出演しており、さらに三浦貴大の妹役を演じた映画『栞』は北京国際映画祭にて正式上映。ブレイク男子のひとり、磯村勇斗ともドラマ「キミの墓石を建てに行こう。」で共演している。平成が終わるころには、浜辺美波のようなブレイク女子になっている可能性大!?

同じく「週刊少年ジャンプ」で連載された古味直志のラブコメ漫画を中島健人(Sexy Zone)と中条あやみの初共演&W主演で映画化する『ニセコイ』。その主要キャストの中で最もフレッシュなのが、中島さん演じる楽と実は両思いのクラスの美少女・小野寺小咲に扮する池間夏海だ。


2002年7月10日生まれと彼女も16歳で、沖縄県出身。広瀬すず×中川大志で人気を博した「シーブリーズ」の新CMで古川毅と共演、「あの美少女は誰!?」と話題となった。地元でモデル活動後、観月ありさ主演「斉藤さん2」(13)に子役として出演して以降、沖縄発信のドラマ・映画に出演しており、2019年2月2日からは映画『ココロ、オドル』も控えている。同じく沖縄出身で憧れの存在という新垣結衣のようになれるか、今後の活躍を見守りたい。



ブレイク女優の登竜門!朝ドラ参戦組にも注目
今泉力哉監督の『パンとバスと2度目のハツコイ』で「第10回TAMA映画賞」最優秀新進女優賞を受賞したのは、元「乃木坂46」の深川麻衣。中学時代の初恋の相手である山下健二郎(三代目 J Soul Brothers)演じる“たもつ”と再会するも、モヤモヤしながらキュンとする“モヤキュン”な恋愛が展開していく本作で瑞々しい演技を披露した。


1991年3月29日生まれ、静岡県出身。2011年「乃木坂46」1期生としてメンバー入りし、2016年6月に卒業。直木賞作家・北村薫原作の舞台「スキップ」や「世にも奇妙な物語'17秋の特別編」のうち「ポニーテール」で主演を務めた。2019年早々から、「まんぷく」で“ブレイク女優の登竜門”朝ドラに初出演。ヒロイン・福子(安藤サクラ)の姪・香田吉乃役を演じ、“塩軍団”と呼ばれる元たちばな塩業のあるメンバーとふとしたきっかけで出会い、複雑な恋模様が生まれる(!?)というから見逃せない。さらに、1月25日スタートのドラマ25「日本ボロ宿紀行」では売れない歌手の新人マネージャーを演じ、地上波連ドラ初主演を果たす。


なお、深川さん演じる吉乃の姉・タカを演じているのは、「まんぷく」初登場時に26歳で14歳を演じた岸井ゆきの(1992年2月11日生まれ)。大河ドラマ「真田丸」や主演映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』などで知られる岸井さんは今泉監督の最新作『愛がなんだ』に主演しており、“こじらせ恋愛映画”の名手の主演女優が姉妹を演じることに。

そして、いま話題を呼んでいるのが、タカと婚約中の神部(瀬戸康史)にほのかな思いを寄せる食堂「やまね」の美人店員・美代子を演じる、『アオハライド』『小川町セレナーデ』「神戸在住」の藤本泉(1991年10月21日生まれ)。同世代の彼女たちが、今後の朝ドラをさらに盛り上げてくれそうだ。


2018年前期の「半分、青い。」で、ヒロイン・鈴愛の親友・菜生役を生き生きと演じた奈緒にも要注目! 1995年2月10日生まれ、福岡県出身。地元でスカウトされモデルをしていた奈緒さんは、人気脚本家・野島伸司が総合監修を務める俳優養成スクール第1期生のオーディションを受けて合格し、特待生として所属。これまで、「まれ」「わろてんか」の朝ドラオーディションを受けてきたという。野島氏が手掛けたHuluオリジナルドラマの意欲作「雨が降ると君は優しい」(17)ではベテラン作家からセクハラを受ける若手編集部員役を熱演していた。


すでに引っ張りだこ状態で、NHKBS時代劇「赤ひげ」やドラマ「サバイバル・ウェディング」などに出演、ダイハツ「ミラ トコット」CMでは“大人たまちゃん”にも起用され、「メルカリ」や「東京ガス」などCM出演も増加中。2019年は主演映画『ハルカの陶』(秋公開予定)に加え、佐藤健主演の『サムライマラソン』(2019年2月22日公開)にも出演が決まっている。


シネマカフェが行った、日韓合作のショートムービー『いつか、会える日まで』に際したインタビューでは「海外でやってみたい気持ちがすごく湧きました。また、すごく先の目標ですけど、お母さん役がやりたいです。観た方が自分の母親を思い出すようなお母さんをいつかやってみたい」と語っており、そんな頼もしい姿を楽しみに待ちたいところだ。

シネマカフェ

「南沙良」をもっと詳しく

「南沙良」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ