BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

【アニメ漫画キャラの魅力】アニメの文法まで叩き壊す!?最強老人「アイザック・ネテロ」の魅力『HUNTER×HUNTER』

キャラペディア1月2日(土)12時56分
画像:(C)CHARAPEDIA
写真を拡大
(C)CHARAPEDIA
 『HUNTER×HUNTER』の登場人物で誰が最強なのか?というランキングがファンの間で論議となっているのをよく見かけます。結果は様々ですが、共通しているのは“「人間」の最強はハンター協会会長である「アイザック・ネテロ」である”という事です。また、「キルア」のじいちゃんが子供の時に既にジジイだったわけですから、最年長かつ最強という事になります。

 彼はアニメ序盤から登場していましたが、実は「ハンター試験編」のあたりでは、少しトボけたえらく強いジイさんといったイメージ。序盤最強キャラである「ヒソカ」が彼と戦わなかったのは、あくまで「スキだらけで毒気を抜かれた」からであり、特に「ネテロ」の強さに戦わずして屈服したわけではありません。


⇒アイザック・ネテロとは?(HUNTER×HUNTER)
http://www.charapedia.jp/character/info/4951/


【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】


■人間の命運を賭した戦いに

 そんな「ネテロ」が、飄々とした好好爺の仮面をかなぐり捨てたのは、「キメラ=アント編」でした。キメラ=アントがこれ以上増殖すれば、人間社会が崩壊の危機を迎えかねない事態になったと察知するや、自らキメラ=アントの王の討伐へと向かいます。人間の価値をある程度認める王に対し、並のアニメならここで心の交流でも生まれそうなものですが、「立場上それはできねえ相談だわな」「後戻りできねえのよ!」と、ついに彼の最強の念能力「百式観音」を発動させるのです。その凄まじさは、王をして「人間の個の極致」と感嘆させ、王にじわじわとダメージを与えます。

 ところで、ネテロ対王の場面の途中で、ネテロの声を演じられていた永井一郎さんが亡くなり銀河万丈さんに交代しています。ネテロの声は永井さんの遺作の一つとなってしまいました・・・。

■人間の悪意の実行者

 本来ボスキャラとは、最終決戦において主人公に倒されるべき相手であり、それがもっとも盛り上がる展開なのだと思います。しかし、主人公「ゴン」が倒したのは王の親衛隊である「ネフェルピトー」であり、しかもこの戦いは人類のためでなく、「カイト」の仇を討つという私怨を晴らすものでした。

 一方、人類のために戦ってきた「ネテロ」は片腕と片脚を失い、ほぼ全オーラを使い果たす「百式観音零之掌」さえも通用しませんでした。それでも彼は最終的に「メルエム」を倒す事に成功します。しかしそれは、体内に仕込んだこの作品世界の核兵器である「貧者の薔薇」によってでした。これは現実世界に置き換えると、核兵器による自爆テロとでも言うべきもので、「最も恐るべきは人間の悪意であった」という結末・・・。しかもこの結末は、「ボスキャラは主人公が倒す」という少年戦闘マンガの文法をも破壊したのです。

 思えば、冨樫義博さんの作品『幽☆遊☆白書』では、戸愚呂弟も仙水忍も、主人公「幽助」が直接手を下さずに命を落としています。そして「メルエム」もまた、「ネテロ」という「個」に敗れたのではなく、発明品と悪意という“人間の闇”に敗れたと言えるのかもしれません。


【原稿作成時期の都合により、内容や表現が古い場合も御座いますがご了承下さい】


★記者:ルーデル(キャラペディア公式ライター)
(C)EggMode.inc

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
アニメのまとめ写真 魅力のまとめ写真 HUNTER×HUNTERのまとめ写真 漫画のまとめ写真

「アニメ」をもっと詳しく

注目ニュース
TOKIOの2人、バク転成功 「40代で出来んのは素直に尊敬」 J-CASTニュース9月25日(月)19時44分
かつて「ジャニーズ」といえば、「バク転」のイメージが強くあった。少年隊や光GENJI、V6などメンバー全員ができるグループある一方、最近で…[ 記事全文 ]
小泉今日子の10月ドラマ予告動画が「あの爆死ドラマに激似」の不穏! アサ芸プラス9月25日(月)9時59分
10月17日スタートの新ドラマ「監獄のお姫さま」(TBS系)。主演は小泉今日子で脚本は宮藤官九郎。[ 記事全文 ]
香取慎吾、今後は「芸術活動」が主軸?高く評価される実力とは! アサ芸プラス9月25日(月)9時58分
晴れて、新たに所属事務所が決まった香取慎吾。SMAPのCDデビュー日(91年9月9日)の前日に、およそ30年も所属したジャニーズ事務所を退…[ 記事全文 ]
松本潤が「イッテQ」で体を張る裏事情 まいじつ9月24日(日)19時0分
画/彩賀ゆう(C)まいじつ『嵐』の松本潤が10月8日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)にゲストで出演する。[ 記事全文 ]
でんぱ組卒業の最上もが、久々の姿にファン喜び 日刊スポーツ9月25日(月)17時6分
アイドルグループでんぱ組.incを卒業した最上もが(年齢非公表)が久しぶりにメディアに姿を現した。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア