本命・森七菜&関水渚、子役出身&女子アナも…2020年大ブレイクが期待される女優

1月2日(木)9時0分 クランクイン!

 Yahoo!検索大賞女優部門でトップに立った、『3年A組 —今から皆さんは、人質です—』の今田美桜、『なつぞら』で2度目の朝ドラ出演を果たした清原果耶、『緊急取調室』や『シャーロック』など、ゲスト出演のドラマで怪演を披露し、とてつもない存在感を与えた松本まりかなど、2019年もさまざまな女優が活躍し、話題となった。では、2020年はどのような女優がお茶の間や客席をにぎわしてくれるのだろうか。活躍が期待される8人を予想してみた。■森七菜

 1人目が森七菜だ。彼女の芸能デビューのきっかけはネスカフェのウェブCMのオーディションで、Amazonプライム・ビデオのオリジナルドラマ『東京ヴァンパイアホテル』で女優デビューを果たした際もオーディションと、何かとオーディションに縁がある森。ブレイクのきっかけとなった、新海誠監督によるアニメーション映画『天気の子』のヒロイン・天野陽菜役も、もちろんオーディションだ。しかも、その参加者は2000人以上! そこを勝ち抜いただけあって、彼女の声は大絶賛され、雑誌『日経トレンディ』(日経BP社)が選ぶ「2020年 来年の顔」に選出、全国高校サッカー選手権の15代目応援マネージャーにも就任した。

 2020年は、オーディションを勝ち抜いて決定した、岩井俊二監督の映画『ラストレター』(1月17日公開)への出演だけに留まらず、同作の主題歌「カエルノウタ」を歌う歌手としてメジャーデューも予定されている。さらに、3月30日のスタート予定のNHK連続テレビ小説『エール』に、ヒロインの妹・梅役で出演が決定。幅広い層に知られる女優として、飛躍の1年となるだろう。

■関水渚

 2人目が、2019年にグラビアアイドルから女優へと転身を遂げた関水渚だ。映画『町田くんの世界』で1000人を超えるオーディションの中からヒロイン・猪原奈々役に選ばれた関水は、女優デビュー作にして映画初主演。そのため、演技力が未知数で不安視する声も聞かれたが、そのフレッシュさがキャラクターにぴったりとハマり、「ひたすらかわいかった」「演技が良かった」など評判は上々。第43回山路ふみ子映画賞 山路ふみ子新人女優賞を受賞する結果となった。また、10月クールのドラマ『4分間のマリーゴールド』(TBS系)には、主人公が働く消防署の消防士・阿部志乃役で出演。生と死がテーマの物語において、志乃の明るさが救いでもあり、ベテラン勢がひしめく中、初ドラマとは思えない堂々とした演技を披露。好印象を残していた。

 2020年は1月8日スタートのドラマ『知らなくていいコト』(日本テレビ系)からスタートし、ヒットシリーズの9年ぶりの続編となる映画『カイジ ファイナルゲーム』(1月10日公開)のヒロイン役、人気ドラマの映画版の続編『コンフィデンスマンJP プリンセス編』(5月1日公開)と続く。新人ながら演技力は折り紙付きだけに、面白い2020年となりそうだ。■子役出身:恒松祐里&三吉彩花

 次が、子役から活躍している恒松祐里と三吉彩花だ。まずは恒松だが、黒沢清監督が『散歩する侵略者』で起用した際、「末恐ろしい女優」と称したように、演技派の若手として知られている。2019年は白石和彌監督の映画『凪待ち』で、見た目は透明感あふれる少女なのに、闇を抱えながら生きている少女を熱演。母親役の西田尚美との言い合いは圧巻であった。そんな演技派・恒松の2020年はスリラー映画『シグナル100』(1月24日公開)、家族崩壊エッセイを実写化した『酔うと化け物になる父がつらい』(3月6日公開)、1月クールのドラマ『女子高生の無駄づかい』(テレビ朝日系)が待機する。

 一方、小学生から読者モデルとして活躍してきた三吉は、2012年の映画『グッモーエビアン!』で数々の賞を受賞し、注目される存在に。2019年は、主演作『ダンスウィズミー』が第22回上海国際映画祭 ガラ上映部門のオープニング作品に選ばれ、レッドカーペットのデビューも果たした。2020年は映画完成前にも関わらず、世界中の映画会社からオファーが殺到しているホラー映画『犬鳴村』に主演。話題になることは間違いなさそうなので、どこまで評判と評価を伸ばせるか、結果に期待だ。

■気になる

 ほかにも、2019年には3本のドラマに出演し、2020年には映画『映像研には手を出すな!』が待機する乃木坂46の山下美月、唯一無二の存在感でファッションモデルとして活躍しながら、2020年には『風の電話』『恋恋豆花』など、主演映画3本が待機する売れっ子のモトーラ世理奈、“美少女タレントの登竜門”とも言われる結婚情報誌『ゼクシィ』の12代目CMガールに選ばれ、1月クールのドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』に主演の横浜流星の恋人役で出演する白石聖も気になる存在だ。そして、写真集のヒットが記憶に新しい田中みな実は、2019年に『ルパンの娘』や『モトカレマニア』(共にフジテレビ系)に出演し、今年は女優業に進出しそうな気配大! こうした個性的な女優が頭角を表し、私たちをいろいろと楽しませてくれるに違いない。始まったばかりの2020年、今後の動向を注視していきたい。(文・安保有希子)

クランクイン!

「森七菜」をもっと詳しく

「森七菜」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ