BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

日産、中国サッカーチームに「損害賠償」請求 胸ロゴ勝手に変更への対抗が「大反発」に

J-CASTニュース1月2日(土)11時30分
画像:中国のサッカー界では、チームとスポンサー企業との関係も普通の国とは違うらしい(写真はイメージ)
写真を拡大
中国のサッカー界では、チームとスポンサー企業との関係も普通の国とは違うらしい(写真はイメージ)

サッカーのアジア王者・広州恒大(中国)とスポンサー契約を結ぶ日産自動車の中国合弁会社が、チームを相手取り、約3244万元(約6億1000万円)の損害賠償を求める訴訟を中国の裁判所に起こした。

中国メディアが報じ、日産自動車も提訴の事実を認めており、日本国内でも報道され始めた。



キックオフ1分前に変更をメールで通知



提訴した中国合弁会社は「東風日産」。対する広州恒大は中国国内リーグで2011〜15年の5連覇を達成した強豪。2015年12月には、7チームが世界一のクラブチームを競う「クラブFIFAクラブW杯」にもアジア代表として出場。サンフレッチェ広島との3位決定戦で敗れはしたが4位になった。


なぜ、蜜月関係にあるはずのチームとスポンサー企業が法廷を舞台に争うことになったのか。広州恒大は胸ロゴにスポンサー「東風日産」の名前が入ったユニホームを使用してきたが、11月21日に行われたアジア王者を決めるAFCチャンピオンズリーグ決勝第2戦で、チームの親会社の傘下にある保険会社「恒大人寿」のロゴが入ったユニホームを着用したからだ。


中国での報道によると、広州恒大はこの試合の何日か前に胸ロゴの変更を申し出たが、東風日産側が拒否。変更には両者の同意が必要だが、広州恒大はキックオフの1分前にメールで変更を通知しただけで、胸ロゴを「東風日産」から「恒大人寿」へと変更して試合に臨んだという。試合後の11月末に東風日産がサイト上で「契約違反だ」とし、法的手続きに移ることを明らかにしていた。


日本企業は「よそなら信じられない話だけど中国ならあり得る」(中国展開する飲料メーカー)、「日本で横浜Fマリノスの胸ロゴが『NISSAN』から『NISSAY』に変わったようなもの」(日産関係者)とあきれ顔だ。



「大事な試合の前に訴えた」



問題が発覚した11月末には中国のネット上で


「不誠実なやり方で保険会社の信頼はなくなった」

「この保険会社には入りたくない」

などと、「恒大人寿」への批判的な書き込みが多数を占めた。


ところが、12月16日に東風日産が訴訟を起こしたことが報道されると風向きが一変。広州恒大が翌17日のクラブW杯準決勝・対バルセロナ戦を控えていただけに、


「大事な試合の前に訴えたのはタイミングが悪い。東風日産に同情していた人も反感を持ったはずだ」

「東風日産を二度と買わない」

といったコメントが並んだ。


本来、問題とされるべきは、広告主でもなく、広州恒大のはずだが、広州恒大への批判はあまり見かけられなかった。


ちなみにバルセロナ戦での広州恒大ユニホームの胸ロゴには、再び「東風日産」が入っていた。

Copyright(C) 2006-2016 株式会社ジェイ・キャスト

はてなブックマークに保存

J-CASTニュース

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「中国サッカー」をもっと詳しく

注目ニュース
タモリ、牛タンにキレて“意見”電話 ナリナリドットコム8月19日(土)10時55分
タレントのタモリ(71歳)が、8月18日に放送されたバラエティ番組「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)に出演。[ 記事全文 ]
南明奈、よゐこ濱口優との結婚は?千原ジュニアのイジり炸裂 モデルプレス8月19日(土)14時42分
【南明奈/モデルプレス=8月19日】タレントの南明奈が19日、“バイクの日(8月19日)”にちなんで都内で行われたイベントに、お笑いタレン…[ 記事全文 ]
宮迫博之の不倫騒動にアフラックが大激怒!多額の契約金返還か まいじつ8月18日(金)19時0分
(C)まいじつお笑いコンビ『雨上がり決死隊』の宮迫博之が、8月16日に保険会社大手の『アフラック』からCM契約を解除されていたことが分かっ…[ 記事全文 ]
フジ三上真奈&ヤクルトエース「熱愛」に周囲が結婚を切望するウラ事情! アサ芸プラス8月19日(土)9時59分
フジテレビの“ミカパンこと”三上真奈アナが、プロ野球ヤクルトのエース、小川泰弘投手と真剣交際していると報じられたのは8月13日。[ 記事全文 ]
若者の缶切り離れ 中学生の61%が缶切りで開けたことない NEWSポストセブン8月19日(土)7時0分
初の東京ドーム公演が決まるなど、国民的アイドルグループへと成長した乃木坂46。そんな人気絶頂の彼女たちにも思わぬ死角が…。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア