「なぜお茶にすり替えたのか」 「回顧録」執筆中のASKAが内容「予告」

1月2日(月)18時33分 J-CASTニュース

「逮捕へ」と報じられた直後のASKA邸周辺(2016年11月28日、J-CASTニュース撮影)

写真を拡大

歌手のASKAさん(58)が2017年1月2日、新たな書籍『700番 第3巻』の執筆に取り掛かっているとブログで明かした。覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕された当時について、「なぜ、僕が尿ではなくお茶にすり替えたのか」を焦点とした内容といい、すでに出版社の担当者と話したとしている。

ブログには、その回顧録の一部が掲載されている。そこには、2度目の逮捕が報じられた16年11月28日の足取りが書かれていた。



息子には「直ぐに帰ってくる」と伝えた



「お父さんは、何もやっていないんだから大丈夫。直ぐに帰ってくる」


ブログに綴られた『700番 第3巻』は、息子へのこんな語りかけから始まる。直後に息子の携帯電話に、警視庁組織犯罪対策部から連絡があり、「話を聞きたい」と訪問予告を受けるASKAさん。すでに自宅周辺には、数百人の報道陣が取り囲んでいたが、「堂々としていよう」と、その「濁流」に飛び込む様子が描かれている。


ブログには、「再び逮捕」の第一報を台湾の友人から受けたことや、電話やメールが殺到したこと、別の友人の勧めでワイドショーを見ると、「やり取りをしたことのある芸能レポーター」が容疑の内容を伝えていた、といったことも書かれている。


投稿の最後には、逮捕前に「ミヤネ屋」などに対して、ブログを更新したことについても触れられている。当時ブログには、報道を受け落胆したファンから「がっかりだ」「やっぱり、やめられなかったんだね」「裏切られた」「還暦は、刑務所で迎えてください」といったコメントが来ていたといい、


「私は、この誤解からの書き込みの流れを変えなければという思いから、ブログに書き込んだ。つづく」

と、続編をにおわせて締められている。なお、現時点では「なぜ、僕が尿ではなくお茶にすり替えたのか」の具体的な内容はブログでは明かされていない。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

お茶をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ