松坂桃李 ヒーローから一転…共演者も息のむ演技力に絶賛の声

1月2日(火)21時0分 女性自身

女性自身[光文社女性週刊誌]

写真を拡大


1月2日放送の「新春大売り出し!さんまのまんま」(フジテレビ系)に俳優の松坂桃李(29)、女優の沢尻エリカ(31)が出演した。


09年に「侍戦隊シンケンジャー」(テレビ朝日系)で俳優デビューした松坂。司会を務める明石家さんま(62)は、松坂が以前同番組で披露した「戦隊ヒーロー独特の芝居のクセが抜けず、現場で怒られた」とのエピソードが大のお気に入り。松坂は今回も芝居中にビンタをされることについて「爆破をやっていますから(ビンタくらい大丈夫)」と答え、さんまの爆笑を誘っていた。


そんな松坂、映画「不能犯」では戦隊ヒーローとは真逆な「殺人犯」を演じている。昨年12月21日に行われた完成披露試写会でも「絶対に立証不可能な方法でターゲットを殺す」という主人公を怪演した松坂に、共演の沢尻らから「怖かった」との声が続出していた。


「松坂さんが演じたのは“欲にまみれた人を死に誘っていく殺人犯”ですが、まるで役柄が憑依しているかのような熱演ぶり。沢尻さんが『現場で初めてお会いしたときに、キャラクターがそのまま出てきたんじゃっていうくらい』と言っていたほどです。これまでは好青年的なキャラクターが多かったですが、一皮むけたと絶賛されていますよ」(映画関係者)


実際、Twitterでも《松坂桃李の感じと全然違うけどシリアスな表情の演技うまい》《シンケンジャーの頃から演技力はピカイチって思ってたけど。本当に味わい深い役者になって…》《演技の幅広さ凄いから!!!好青年ばっかじゃないんだよ!!!》など、その演技を絶賛する声があがっている。


「松坂さんの演技力の評判は近年、高まっています。特に昨年は、連続テレビ小説『わろてんか』で“ダメ夫”をコミカルに熱演。いっぽう映画『彼女がその名を知らない鳥たち』では、病的な“クズ男”を演じきっていました。演技の幅を広げられることが、本人にとっても喜びになっているようです」(前出・映画関係者)


今年はR-18指定映画「娼年」の公開も控えている。同作では、会員制ボーイズクラブで働く青年を演じており、さらに振り切った演技をみせるという。「ここまで精神的に追い込まれた現場は初めてかもしれません」と松坂もコメントを寄せている。


今年30歳を迎える松坂。さらに新境地を迎えそうだ。

女性自身

「松坂桃李」をもっと詳しく

「松坂桃李」のニュース

BIGLOBE
トップへ