ふわふわ笑顔で本格ブレイクなるか...小島藤子、2015年期待の若手大河女優

1月2日(金)15時0分 メンズサイゾー

 昨年12月から放映されている、山崎製パン「中華まん」のテレビCMに出演している美女がネット上で話題となっている。


 赤いコートを着て、アツアツの肉まんを頬張りながら、「ほかほかっ」とキュートな笑顔を見せているのは女優の小島藤子(こじま・ふじこ/21)。しっかりとした眉が特徴的で、えくぼが可愛らしい小島に対して、ネットユーザーたちから、「ふわふわな笑顔だな」「久しぶりの正統派美女」「こんな子とデートしたい」といった声が寄せられている。


「小島さんは、小学生のときにスカウトされて、ファッション誌『ニコ☆プチ』(新潮社)の専属モデルとして芸能界デビュー。その後、中学生女子向けのファッション誌『ラズベリー』(徳間書店)でモデルを務めると、かつてベッキーさんなどが活躍したテレビ東京系のバラエティ『おはスタ』の"おはガール"に抜擢されました。目鼻立ちのはっきりした顔立ちで、当時から大人っぽい印象がありましたが、喋ると独特の間合いがあって、不思議な魅力の持ち主でしたね。子供のころのアダ名は"宇宙人"だそうで、昔から個性的な性格だったのでしょう。


 そんな彼女が女優として注目を浴びたのは2009年に放送された『小公女セイラ』(TBS系)でした。主人公をイジメる役柄を見事に演じ、業界内でも話題となりました。それから立て続けに映画に出演し、2011年放送の『明日の光をつかめ2』で初めて連続ドラマの主演を務めています。このドラマでは、母の恋人に強姦されそうになり、家に火をつけて逃れるも、少年院に送られるという少女を演じました。かなりインパクトの強い役どころでしたが、体当たりの芝居を見せた小島さんの評判はさらに上昇。その後もコンスタントにドラマに出演しており、若手女優の有望株として期待されています」(芸能関係者)


 4日から放送されるNHKの大河ドラマ『花燃ゆ』にも出演が決まっている小島。主人公の幼馴染という役柄で、主要な位置づけとはいえないものの、視聴者の関心度が高い大河ドラマへの出演は、女優としてのさらなる飛躍につながることだろう。小島と同じ事務所に所属する貫地谷しほり(29)も、2010年放送の大河ドラマ『龍馬伝』で、主人公・坂本龍馬に一途な思いを寄せる美少女剣士を好演し、幅広い層の視聴者に知られることとなった。小島としても先輩の貫地谷に続きたいところだろう。


 しかし、順調な女優業を歩んでいる小島にも一抹の不安があるという。


「2011年に小島さんがバラエティ番組『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演した際、視聴者からの投稿コーナーで『ハワイ行きの飛行機の中でうるさく騒ぐ小島藤子を見た』と暴露されています。小島さんは、何度も客室乗務員に注意されながら、友達とはしゃいでいたようです。まだ10代のころの話で、可愛らしいエピソードといえますが、小島さんはスタジオトークで、『別にいいやと思って...』と答えており、この発言に対してネット上には『非常識すぎる』『開き直るな』といった声が寄せられました。


 このときの印象からか、いまだに小島さんには『実は性格悪い!?』といったイメージを持っている視聴者も多いようです。すでに3年以上も前のことですから、今の彼女は大人になっていると思いますが、偏ったイメージが定着しては今後の女優業に影響しかねません。これまで出演したドラマでは過激な役柄も多く、演技の幅を広げる意味でも、違う一面をアピールする必要があるかもしれませんね」(前出)


 かつて出演したバラエティ番組では、わがままな一面を見せてしまった小島だが、最新CMでは、ふわふわな笑顔が魅力的といわれている。そんな小島はすでにさまざまな顔を持った女優に成長しているのかもしれない。まだ21歳の小島だが、今年の大河ドラマでは新たな表情を見せてくれそうだ。
(文=おおはし)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

笑顔をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ