「芸術的な腰回り」吉木りさ、最新DVDに予約殺到で根強い人気証明

1月2日(月)17時0分 メンズサイゾー

 グラビアアイドルの吉木りさ(29)が、1月25日に最新のイメージDVD『milimiLISA』(ワニブックス)をリリースする。昨年末にジャケット写真が解禁された途端、予約段階でAmazonの売上ランキング上位に入り、その人気の根強さを証明したことで「さすが」「熱愛の影響なし」と業界内で話題となっている。


 同作は吉木の大好きなハワイで撮影され、彼女自身が現地語で「愛しい」を意味する「milimili」を入れたタイトルを命名。「今までになかった奔放で大胆な姿」が披露されると予告され、セクシーなジャケット写真に「可愛すぎる」と絶賛が巻き起こっている。


 だが、吉木は昨年話題となったドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)などに出演した俳優・和田正人(37)とオープン交際中。熱愛宣言もしっかりしており、男性人気の急降下が危惧されていた。熱愛宣言や結婚後にグラビア活動からフェイドアウトし、バラドルや主婦タレに移行していくのは業界の定番パターンでもある。


 だが、吉木は熱愛騒動の衝撃が冷めやらぬ昨年11月に最新の写真集『konikonikoniko』(ワニブックス)をリリース。「モノで身体を隠す」というコンセプトで、花や大型犬などで大事な部分を隠すという見えそうで見えない限界ギリギリの際どいセクシーショットを披露した。さらに牛乳風呂で生尻を浮かせた衝撃カットもあり、大人しくなるどころか攻めに攻めまくった内容となっていた。


 同写真集の発売イベントでは、記者から「ハワイでウエディングは?」「クリスマスはどう過ごす?」などと和田との交際に関する質問が続出した。他のイベントでも交際質問が連発され、吉木から「いいご報告ができるかもしれません。その時は改めて報告します」と近々の結婚をにおわせるような言葉が飛び出し、メディア上で「関係が進展している」「(吉木の誕生日である)7月27日にバースデー婚か」などと騒がれた。


 アイドルの多くは疑似恋愛を楽しむ「ガチ勢」と呼ばれるファンに支えられており、ここまで大っぴらに恋人について語ってしまえば普通なら致命傷。実際に恋愛スキャンダルをきっかけに人気凋落となったアイドルは数知れない。それだけに今まで絶大な支持を得てきた吉木のグラビア人気も「これまで」と思われていた。


 ところが、前述の最新イメージDVDは予約段階でAmazon売上ランキングのベスト5入り。昨年ブレイクした人気グラドルの忍野さら(21)や元HKT48の江藤彩也香(19)ら若手に混じって上位に食い込んでおり、発売前にもかかわらず、アラサーグラドルとしては異例の高い売り上げを記録している。


 誰もが予感した人気急落とはならずに、なぜ高い男性支持を維持しているのだろうか。この理由について吉木ファンのアイドルライターはこう分析する。


「とにかく吉木さんの代わりになるグラビアアイドルが存在しないことに尽きます。もちろん次世代グラドルたちも美少女、巨乳、美ヒップと逸材はたくさんいますが、彼女の腰回りのセクシーさ、お尻や太ももの芸術的なラインを超えるグラドルはいまだ出現していません。スレンダー系グラドルとしてデビューから現在に至るまで最高峰の存在なんです。ですから、熱愛宣言があったからといって『ファンをやめる』という選択肢はない。無論、寂しいとか悔しいといった感情がないといえばウソになりますが、吉木さんはグラドルとしては珍しく今までスキャンダルが皆無でしたから、そんな彼女が選んだ相手であれば『応援してあげたい』という気持ちにもなる」


 アラサーになっても一向に衰えないキュートなルックスにグラビア界屈指の芸術的なボディライン、さらに長年にわたって真摯にグラビアに向き合うことで生まれたファンとの信頼関係によって、依然として高い人気を維持しているといえそうだ。バラドルとしての人気も高い吉木だが、今後も変わらずに本職のグラビアで男性ファンを魅了してくれそうである。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

吉木りさをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ