【Love Me Doの大予言】Part.2~2021年は「お宝」「もつれ」がキーワード!?

1月2日(土)10時0分 耳マン

みなさま明けましておめでとうございます! ここでは、草なぎ剛さんの結婚をテレビ番組(ネオバズ!! みえる)で予言して的中させたことでも大きな話題となった占い師・Love Me Do氏の新刊『Love Me Doの大予言〜2021年から輝く未来を築くために〜』(2020年12月10日発売)から、2021年の予言を抜粋してお届けします! 2021年はどんな年になるのでしょうか!?


お宝が発見される?

2021年は、十干十二支で見ると「辛丑(かのとのうし)」という年になります。「辛(かのと)」は、陰陽五行論では「金行」に対応し、キラキラしたもの、光る金属製品、輝く宝石を表します。これまで苦しんできた人、必死に努力を続けてきた人は、自分自身が輝く年になることを意味しています。“辛”の年は、鋭さが大切です。なので、個性が強いせいで周りと噛み合わなかった人、尖った人のほうが輝けたりもします。また、そのまま金や宝石、お宝に関するニュースが出るかもしれません。

“もつれ”のイメージから見えること

丑年の“丑”は、“いとへん”を付けると、「紐」という漢字になります。これは男女のもつれを表しているので、不倫やドロドロした恋愛ドラマ、映画が流行る年になるかもしれません。一般の人でも男女関係が泥沼化したら、運命通りの出来事だと思ってください。より詳細は『Love Me Doの大予言〜2021年から輝く未来を築くために〜』で確認してみてください。

◎Love Me Do氏による注目の予言本『Love Me Doの大予言〜2021年から輝く未来を築くために〜』商品ページ
https://www.rittor-music.co.jp/product/detail/3120345003/

Love Me Do

ラブ・ミー・ドゥー●“ラブちゃん”の愛称で活躍している占い師。手相、タロット、四柱推命、西洋占星術、風水、易、人相、九星など、占術ごとの師匠につき、占いを習得。『陰陽五行論』を軸にオリジナル占いも考案している。著書も『部屋の角に神様がいる!Love Me Doの5分で簡単引き寄せ風水』(宝島社)、 『3秒でわかる!手のひら手相術 手に龍神様が走る!』(さくら舎)、 『30歳で星座が変わる!アラサー星占い』(学研プラス) 、『鏡の中のりんごは何色ですか?〜悩んだ時に啓示が降りてくる“神様の直感占い”』(サイゾー)、『月と風水〜時間と空間を操る時空風水〜』(ゴマブックス)とさまざま。サッカーのスキルもプロ級で、たびたびバラエティ番組にサッカー芸人としても登場している。

耳マン

「キーワード」をもっと詳しく

「キーワード」のニュース

「キーワード」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ