『紅白』視聴率第2部39.4%でワースト3位 - 1部は35.8%で上昇

1月2日(火)11時7分 マイナビニュース

大みそかに放送された『第68回NHK紅白歌合戦』の番組平均視聴率(NHK総合、関東地区)が2日、ビデオリサーチから発表され、第1部(19:15〜20:55)は35.8%、第2部(21:00〜23:45)は39.4%だった。

前年は第1部35.1%、第2部40.2%だったため、それぞれ0.7ポイントアップ、0.8ポイントダウン。第2部は2年ぶりの40%割れで、2部制となった1989年以降、歴代ワースト3位、第1部は2013年の36.9%に次ぐ歴代15位だった。

今回のテーマは、前年に続き「夢を歌おう」で、総合司会はウッチャンナンチャン内村光良桑子真帆アナウンサー、紅組司会は有村架純、白組司会は嵐の二宮和也。今年9月に引退する安室奈美恵が14年ぶりに出演し、朝ドラ『ひよっこ』からは特別編の放送や、主題歌「若い広場」を歌う桑田佳祐の登場で盛り上げた。結果は、紅組143万2,371票、白組223万7,644票で白組の勝利。これで、通算成績は紅組31勝、白組37勝となった。

なお、裏番組のトップは、日本テレビの『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 大晦日年越しスペシャル! 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』で、(18:30〜)17.3%、(21:00〜24:30)16.3%だった。
○『NHK紅白歌合戦』ここ10年の視聴率(NHK総合)

2017年:(1部)35.8%、(2部)39.4% / (紅組司会)有村架純・(白組司会)二宮和也・(総合司会)内村光良、桑子真帆アナ

2016年:(1部)35.1%、(2部)40.2% / (紅組)有村架純・(白組)相葉雅紀・(総合)武田真一アナ

2015年:(1部)34.8%、(2部)39.2% / (紅組)綾瀬はるか・(白組)井ノ原快彦・(総合)黒柳徹子、有働由美子アナ

2014年:(1部)35.1%、(2部)42.2% / (紅組)吉高由里子・(白組)嵐・(総合)有働由美子アナ

2013年:(1部)36.9%、(2部)44.5% / (紅組)綾瀬はるか・(白組)嵐・(総合)有働由美子アナ

2012年:(1部)33.2%、(2部)42.5% / (紅組)堀北真希・(白組)嵐・(総合)有働由美子アナ

2011年:(1部)35.2%、(2部)41.6% / (紅組)井上真央・(白組)嵐・(総合)阿部渉アナ

2010年:(1部)35.7%、(2部)41.7% / (紅組)松下奈緒・(白組)嵐・(総合)阿部渉アナ

2009年:(1部)37.1%、(2部)40.8% / (紅組)仲間由紀恵・(白組)中居正広・(総合)阿部渉アナ

2008年:(1部)35.7%、(2部)42.1% / (紅組)仲間由紀恵・(白組)中居正広・(総合)松本和也アナ、小野文惠アナ

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

紅白歌合戦をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ