稲垣・草なぎ・香取、離れて感じる紅白の重み「光栄な幸せな時間だった」

1月2日(火)7時3分 マイナビニュース

SMAP稲垣吾郎草なぎ剛香取慎吾が12月31日、インターネットテレビ局・AbemaTVの特別番組『27Hunホンノちょっとテレビ』(1月1日0:45〜)出演前に袴姿で取材に対応。報道陣の質問に答える形で『NHK紅白歌合戦』再出場への思いや、歌への思いを語った。

SMAPとして1991年に初出場し、2015年まで23回出場と紅白の常連だった3人。取材の裏で『第68回NHK紅白歌合戦』が放送されていたタイミングだったこともあり、今回の紅白を見ていたか聞かれると、香取は「(渡辺)直美が踊っていたのは見ました。ビヨンセじゃなかった。レディー・ガガ?(笑)」と話した。

再出場への思いを聞かれると、「いやー」「どうだろう」と顔を見合わせた3人。香取は「あれだけいっぱい出場させてもらったけど、今改めて考えると、本当に光栄な幸せな時間でした」と感慨深げに振り返り、再出場については「恐れ多いですね」と恐縮しながらコメントした。

さらに、「どこか、この日(大みそか)といったらあそこに行って、リハーサルして本番、というのがルーティーンというか、当たり前だなと思っていたのもあるけど、今思うと本当に素晴らしいステージ」と、一度離れたことでその重みをあらためて感じたと打ち明けた。

稲垣も「本当にまっさらで、何もないと思ってスタートした。(紅白は)みなさん目指すところじゃないですか。それをやらせていただいたんですけど、慎吾が言った『恐れ多い』というのがぴったりだと思います」と同調した。

12月24日には、11月に生配信されたAbemaTV『72時間ホンネテレビ』のテーマソングでジャニーズ事務所から独立後初のオリジナル曲となる「72」の配信がスタートした3人。草なぎは「今の僕らの気持ちと番組が重なっていて、いろんなことがリンクしていて気に入っている曲」と語る。

そして、歌への思いを聞かれると、香取は「歌うことは好きなので歌いたいなとは思います」と返答。続けて、YouTubeで草なぎが頻繁に歌っている映像を公開していることについて「YouTube始めたらこんなに好きな歌が歌えるんだって」とうらやましがると、草なぎは「やれば? 来年替えようか?」と提案し、笑いが起こった。また、稲垣も歌について「機会があればもちろん。歌も踊りも芝居も好きなので」と話した。

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

紅白をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ