西田敏行、鈴木亮平の西郷どんを絶賛「唯一無二の役者」

1月2日(火)12時0分 オリコン

1月3日放送、NHK総合『もうすぐ!西郷どん』新旧“西郷隆盛”が初対面(左から)西田敏行、鈴木亮平(C)NHK

写真を拡大

 NHKで7日からスタートする大河ドラマ『西郷どん』(毎週日曜 総合 後8:00、BSプレミアム 後6:00)のPR番組『もうすぐ!西郷どん』が、総合テレビで3日(後0:15〜0:44)に放送される。その番組内で、本作の主人公・西郷吉之助を演じる鈴木亮平と、1990年大河ドラマ『翔ぶが如く』で西郷隆盛役を演じた西田敏行の、新旧“西郷どん”スペシャル対談が実現。28年の時をこえて、新旧“西郷どん”がドラマの魅力、西郷隆盛の魅力を語る。

 鈴木と西田は今回の番組収録が初対面。鈴木には当日まで西田が出演することは知らせておらず、サプライズへのリアクションも見どころ。

 『西郷どん』では「語り」を務めることになった西田は「僕は鈴木亮平君に初めてお会いして、これぞ『西郷どん』を演じる唯一無二の役者さんと確信しました。きっと今年の年末は、親しみと敬愛を込めて『西郷どん、西郷どん』と呼ばれ、『西郷どん』すばらしかった」と皆さんから言われていると思います。鈴木君にお会いしたことで、語りに若干客観性が失われ、西郷さん寄りの語りになってしまうかもしれませんね。『あ、今ちょっと西郷寄りになってますね』と、ディレクターさんから言われそうです」とコメント。

 鈴木は「西田さんにずっとお会いしたいと思っていたのですが、先輩・西郷さんということで、お会いするのが怖いような気がしていました。今回このような場を設けていただき、西田さんとお会いできたので、とてもよかったです。西田さんを感情的にして、ディレクターさんからダメ出しを受けるほど、僕らがいいお芝居をお見せできたらと思います」とコメントした。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

西郷どんをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ