注目ワード小倉智昭・不倫 小栗旬・小栗旬がフジテレビ 仮面ライダーW・二人で一人の探偵 山寺宏一・銀魂 ヒノキ・スギからヒノキ 2017夏・ソフトモヒカン

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

リアリティがケタ違い!"その道の専門家"が描いた話題のマンガ3選

おたぽる1月2日(金)20時0分
画像:『マンガで分かる心療内科』第1巻(少年画報社)
写真を拡大
『マンガで分かる心療内科』第1巻(少年画報社)

 さる2014年10月、人気マンガ『マンガで分かる心療内科』のアニメ化が発表された。アニメ版のタイトルは『アニメで分かる心療内科』で、今年2月からWebアニメとして配信スタートする予定(http://mental-anime.jp/)だという。この作品は累計300万部を超えるという原作の人気もさることながら、現役の精神科医が原作者を務めるのが大きな特徴だ。

 マンガに限らずアニメ、ラノベも同様だが、近年はファンの側にも知識が増え、うかつな描写をすれば「作者は勉強不足」「物理法則がおかしいwww」などとネット掲示板で嘲笑される事態がしばしば見られる。そんなご時世でも圧倒的な説得力を持つのが、"その道の専門家"が関わった作品と言えるだろう。今回は取材協力や監修レベルではなく、原作者あるいは作画まで本人がこなしてしまった"専門家のマンガ"から、話題の3タイトルをピックアップして紹介したい。

■原作者は現役精神科医!『マンガで分かる心療内科』

 原作者は「ゆうメンタルクリニック」代表の精神科医・ゆうきゆう氏。東大医学部卒、しかも漫画研究会の部長も務めていたという異色の経歴である。

 単行本1巻カバーに記されたキャッチフレーズ「心療内科の病気のすべてを笑いながら学べる!」が示すとおり、明るいギャグを織り交ぜながら毎回さまざまなテーマを解説している。扱うテーマは認知症・うつといった比較的シリアスなものから、ロリコン(ペドフィリア)・露出症・フェティシズム・EDまで多彩だ。

 主な進行役のキャラクターは2名。精神科医の心内 療と、サイドテールの美人看護師・官越 あすな。豊富な事例を挙げながら療がテーマについて精神医学の見地から解説し、あすなが執拗にボケ&セクハラを仕掛けるのがお約束だ。専門家が手がけるだけあって内容は非常に詳しく「EDの患者には"普段の興奮材料のほとんどが二次元のイラストである"人が目立つ」「アメリカの診断基準では"13歳以下の少女にキスしてもらう"こともペドフィリアに該当しない」など、オタク的に少なからず気になる(?)ネタも多い。

 こうした精神医学的な情報は文章だけよりもイラストが付くと格段にわかりやすくなることもあり、マンガとの親和性は高い。アニメ版でもどこまで原作テイストを生かしながらノーブレーキできわどいネタを連発してくれるかに注目だ。

■原作者は(元)公邸料理人!『大使閣下の料理人』

 2006年まで「週刊モーニング」(講談社)で連載された作品で、2015年1月3日に新春ドラマスペシャルとして実写版の放送が決まっている(http://www.fujitv.co.jp/taishikakka/)。原作者の西村ミツル氏はブルネイ・ベトナムで日本大使館の公邸料理人を務めていた、これまた異色の経歴の持ち主。近年では『信長のシェフ』(芳文社)原作者といえばわかりやすいだろう。

 主人公の大沢 公は、日本を飛び出した若きフレンチシェフ。外交における"料理の威力"を熟知している在ベトナム大使の倉木に従い、その恵まれた技量をいかんなく発揮する。ささいなミスからこじれてしまった各国間の関係修復に、また日本に対し謀略を仕掛ける企みを防ぐため、さらには国家のメンツをかけた公邸料理人同士の腕比べ対決まで......一介の料理人に過ぎないはずの公が各国の要人を向こうにまわし、縦横無尽の活躍を見せるシーンは痛快。また、外交に携わる人たちが普段どんなことを考え、何に苦労しているかといった"外交のウラ側"を詳しく知るにもすぐれた副読本になり得る。これも外交の最前線で腕を振るってきた原作者の経験あってのことだろう。

 西村ミツル氏が手がけるマンガ作品は「主人公がフレンチ料理人」「料理によって外交を行なう」という2点が一貫している。『信長のシェフ』は料理の力を敵勢力の切り崩しや脅迫に使う"攻めの料理外交"、対して『大使閣下の料理人』は国家間のバランスを調整する"守りの料理外交"といった感じだ。

 新春のドラマ版では櫻井翔さんが主人公を演じ、ヒロイン役に剛力彩芽さんが抜擢されている。剛力さんが演じるのは原作に登場しないオリジナルキャラということもあり、ネット上では賛否が分かれそうだ。しかし『大使閣下の料理人』という作品自体が非常に高いポテンシャルを秘めているため、この放送をきっかけにして原作に触れてくれるファンが増えることを願いたい。

■作者は(元)甲子園球児!『BATTLE STUDIES』

 新人マンガ家なきぼくろ氏は、高校野球の超名門・PL学園野球部の出身。甲子園にレギュラー出場した経歴をもつ変わり種だ。デビュー作『どるらんせ』でMANGA OPEN奨励賞とeBook Japan賞を獲得し、2015年初頭から『BATTLE STUDIES』を連載することが決定している。現在はこちら(http://www.ebookjapan.jp/ebj/special/mangaopen/index.asp)で読み切り版の無料閲覧が可能だ。

『BATTLE STUDIES』は高校1年生の野球部員・狩野 笑太郎を主人公に、甲子園出場のため強豪校で想像を絶する日々を送る様子が描かれている。PL学園をモデルにしたDL学園の生活はさぞやトレーニングまみれだろうと思いきや、本作で大半のページを費やして描かれているのは異常なほど厳しい"上下関係"だった。パシリや食事の世話は当たり前。笑顔は禁止。どんな要求にも「ありません」「できません」禁止。返事は常に「はい」「いいえ」のみ。ルールを破れば肉体言語によるしつけ(体罰)が待っている。読む前の想像をはるかに超えた衝撃の内容だった。

 とはいえ全体を通して読むと悲壮感はなく、むしろ一般的なスポ根マンガとは別種の爽快感すら漂う。寮では横暴で理不尽だった上級生たちはまぶしいほどのカッコ良さをグラウンドで魅せ、1年生である自分のがんばりも認めてくれる。野球を通じて思う存分に自分を表現できる楽しさが、コマからあふれ出ているようだ。作者自身もこの作品を「別に暴露話ではない」と話しており、PL学園での生活を「最高の財産です!!」と振り返っている。卓越した画力に元球児ならではのリアリティ、そして野球漬けだった日々への愛着......連載スタートする前から非常に期待がもてる作品だ。

 なお、なきぼくろ氏が奨励賞を受賞したMANGA OPENの第34回は、あの世界中に話題を振りまいた原発ルポタージュマンガ『いちえふ 福島第一原子力発電所労働記』が大賞を獲得した回でもある。かたや元高校球児が描いた"高校野球マンガ"、かたや原発作業経験者が描いた"原発ルポマンガ"——奇しくも同じ賞で"現場を体験した者のマンガ"が揃って受賞するという興味深い結果となった。先に紹介した『大使閣下の料理人』も含め、こうしたカテゴリでは「モーニング」系列の作品が今後も強みを発揮していきそうである。
(文/浜田六郎)

Copyright © CYZO Inc. All Right Reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「専門家」をもっと詳しく

注目ニュース
小栗旬がフジテレビに「絶縁宣言」で、「CRISIS」続編が白紙の危機! アサ芸プラス6月28日(水)9時59分
小栗旬がフジテレビに絶縁宣言!?6月22日発売の「週刊新潮」によると、小栗はとある事情からフジテレビに対して怒りを露わにしていたという。[ 記事全文 ]
フジテレビ新体制発足で、いよいよ小倉智昭らの「クビ切り」が決定か!? アサ芸プラス6月28日(水)9時59分
6月28日の取締役会で正式にフジテレビのトップに就任する宮内正喜新社長。その新体制がスタートするにあたり、さっそく打ち切り番組の最有力候補…[ 記事全文 ]
TKO木下が踏んだ“和田アキ子の地雷” ナリナリドットコム6月28日(水)8時42分
タレントの勝俣州和(52歳)が、6月25日に放送されたバラエティ番組「テレビじゃ教えてくれない!業界裏教科書」(AbemaTV)に出演。[ 記事全文 ]
脚の付け根まで全見えに!有村架純「美脚ショット」に衝撃走る! アサ芸プラス6月28日(水)5時59分
女優の有村架純が公開した美脚ショットが「史上最高の美しさ」だと注目を集めている。[ 記事全文 ]
「仮面ライダーW」7年ぶりの続編が決定 映像作品ではなく新たなステージで BIGLOBEニュース編集部6月28日(水)10時2分
東映は28日、特撮TVドラマ「仮面ライダーW」の続編の製作が決定したことを発表した。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア