「総選挙を放送する意図がわからない」に「い、いまさら〜〜〜!!」の声続出! オタと非オタの深い溝を感じる2016年BPO“ご意見”4月〜6月編

1月2日(月)15時0分 おたぽる

『AKB48 45thシングル 選抜総選挙』公式サイトより。

写真を拡大

 テレビやラジオなどの放送に対する意見や苦情、放送倫理に反する問題に対応する第三者機関「放送倫理・番組向上機構(BPO)」(以下、BPO)。日々視聴者から様々な意見が届くBPOだが、中には首をかしげたくなってしまうクレームや深く考えさせられる指摘もある。

 今回は2016年4月から6月にかけてBPOに届いた意見の中から、ファンやオタクが「それはないんじゃないの!?」あるいは「全面賛成!」といった反響が大きく上がったものを取り上げていきたい。

「アニメを使ったCMで、おじいさんが天国に逝ってしまうような場面を何度も繰り返す。いい気持ちはしないし、年を感じる私も気になるが、子ども達にも見せていいのだろうか」 

 こちらの意見はおそらく6月に放送されていた「家庭教師のトライ」のCM「おんじいったりきたり編」でほぼ間違いないだろう。ハイジが「家庭教師のトライ」のサービスについて“入会金無料”であることや授業料が割引になることをおじいさんに知らせると「なにぃ!?」と、驚きのあまり頭に光る輪っかを浮かべて昇天しそうになるというもの。さらにハイジに「もう一回やって」とせがまれるとおじいさんは魂が抜ける瞬間を繰り返すのだが、ご高齢と思われる意見提供者はこのストーリーが不快だった模様。

 ネット上では「うわぁぁ、ユーモアのわからんやつめ」「このCMツボりすぎて初めて見たとき腹筋崩壊したんだが、嫌な人もいるとは衝撃」といった声が。しかし中には「笑って見てたが、背後にうちのじいさんが立ってた時は変な汗出たわ」と、老人に見せるにはリスクが高いと考えるものもいたようだ。ちなみに15年も『アルプスの少女 ハイジ』をパロディー化した「家庭教師のトライ」のCMはBPOに意見を寄せられているようだ。

「スマホゲームのCMは、昼飯が旨い理由は昼飯前にそのゲームをしたからというものだが、高校や中学では携帯の持ち込みが禁止されている所が多く、学生に学校でもゲームをするように促しているように思う」

 どうやらスマホアプリ『モンスターストライク』(XFLAG)のCM「ひっぱりランチ篇」のことを指している模様。CMでは学生たちが休憩時間に美味しそうに昼食を食べている様子が映し出され、その美味しい理由が「昼飯前にモンストしたから」と説明されるというもの。この意見については賛否が分かれているようで「言いたいことはわからなくはない。ただ、これ見たところで禁止されてる学校の学生はやらないだろ」「促しているっていうのはちょっと敏感すぎやしませんか?」といった意見と、「これはもっともな意見。学校に携帯の持ち込みすらダメなとこがあるのに、ゲームとか煽るのは論外」と意見が対立しているようだ。

 ちなみに16年の神奈川県内での調査によると、校内での携帯電話の持ち込みについて小・中学校は殆どの学校が「持ち込み禁止」か「持ち込み禁止だが一部は認めている」のに対し、高校では認めている学校が大半のようだ。

「アイドルグループの“選抜総選挙”を放送していたが、放送する意図が分からない。歌や演技を披露して審査するのなら理解できるが、歌うわけでも演技をするわけでもなく、単に投票によりグループ内での順位を決め、順位により優遇される様子を放送することに意義があるのか」

 この意見は確実に6月に行われた「AKB48 45thシングル 選抜総選挙」に対するものと思われる。しかし、この意見に対する反応は言わずもがな、「い、いまさら〜〜〜!!」「この人は総選挙のたびにご意見を送ってんのか、ご苦労様なこってす」といった声が続出。また「うわぁ、アイドルの何たるかをわかってねぇな」「ドルオタは演技も歌のクオリティも求めてないから。推しメンが上位になることを願ってるだけ。アイドルの人気ランキングも含めてエンターテイメントなんだよ!(激怒)」と熱い反論が相次いだ。

 こういった意見を見ていると、オタクと非オタの間には深くて広い溝があるのかと思ってしまうが、寄せられた意見も随分極端な気がしなくもない。もう少しオタク文化を生温い目で見守っていただきたいものだ。

おたぽる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

選挙をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ