注目ワード稲垣吾郎・文化放送 新垣結衣・コード・ブルー 利用規約・トイレ掃除 孫正義・孫氏 西内まりや・クリスマスイブ 2017夏・ソフトモヒカン

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

性同一性障害の歌手 偏見を取り除くためにも明るく活動したい

NEWSポストセブン1月2日(水)7時0分

「小さい頃から、自分の体に睾丸があることに違和感がありました」


 30歳になる直前の2010年4月に睾丸を取る去勢手術をし、公の場でもカミングアウトをした歌手の麻倉ケイトさん(32)は、保育園のときから自身が男であることに疑問を持っていた。


「男として生まれてきたけど、徐々に女に変わっていく。本気でそう信じていました。とにかく睾丸があることがイヤでした。座って足を組むと、足と足のあいだに睾丸が挟まれますよね。普通の男性であれば、気にならないと思うんです。でも、私はすごくイヤでした。自転車に乗るときも、必ずサドルに睾丸が当たる。なんで私には睾丸があるのだろう。疑問だらけでした」(麻倉さん、以下「」内同)


 小学生になっても、中学生になっても、その想いは変わらなかった。


「でも、周りは『もっと男らしくしろ』と、常に男であることを要求してきます。私も自分の気持ちにウソをついて、女性を好きになろうとしたことがあります。しかし、それは土台、無理な話でした。


 それ以前に、体育の授業前に着替えの時間になると、みんなに見られている気がして、恥ずかしくなるのです。だから、みんなが校庭に出た後、ゆっくりと着替え始めていました。今思えば、単なる自意識過剰なのですが、自分のことを女子だと思っていたので、恥ずかしかったのです」


 いわゆる性同一性障害者だったが、麻倉さんが幼少期を過ごした1980年代は、まだ一般的に認知されていなかった。


「時が経つに連れ、世間にも『性同一性障害』が浸透していきましたが、去勢手術はもちろん、なかなかカミングアウトをする勇気は持てませんでした。でも、周囲から何をいわれても、『私は私』という開き直りも必要だと感じたのです。


 去勢手術の1年前から、ホルモン治療を始めるなどの準備をして、ようやく睾丸を除去しました。そのときは、29年間溜め込んできた心のモヤモヤが一気に解消されて、本当にスッキリしましたね。『女性として生きていく』と決めたことで、ものすごく心が軽くなったのです」


 麻倉さんは、「同じような悩みを持つ人はたくさんいるはず。少しでも支えになれば」と、自伝『五十六億七千万』(光文社刊)を著した。


「手術をしてくれた先生は、『女性として生き生きと暮らしていくことで、同じような悩みを持つ人たちの励みになるように生きてください』と話してくれました。世の中には、性同一性障害に対し、まだまだ差別的な見方をする人がいるのも事実です。そのような偏見を取り除くためにも、私は明るく元気に活動していきたいと思っています」

NEWSポストセブン

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

NEWSポストセブン

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「歌手」をもっと詳しく

注目ニュース
稲垣吾郎をテレビ朝日系の芸能プロダクションが獲得表明へ まいじつ7月20日(木)19時31分
稲垣吾郎がジャニーズ事務所を退所する9月8日以降、所属する芸能事務所が見つからない場合に、テレビ朝日が獲得に乗り出すことが明らかになった。[ 記事全文 ]
新垣結衣、共演女優が公開告発するも視聴者は全面支持したDL「裏切り行為」! アサ芸プラス7月20日(木)5時59分
普通であれば一気に信頼を失うけど、ガッキーなら仕方ない!?新垣結衣が7月13日に放送されたバラエティ番組「VS嵐夏の2時間スペシャル」(フ…[ 記事全文 ]
西内まりや結婚&芸能界引退「Xデー」はクリスマスイブか まいじつ7月20日(木)19時0分
(C)まいじつタレントの西内まりやが、日米ハーフのモデルの呂敏(ろびん)と24歳の誕生日にあたる今年のクリスマスイブに結婚するという情報を…[ 記事全文 ]
TBS「世界の怖い夜」で放送の心霊写真は合成か 元画像には霊が写っておらず持ち主は怒り BIGLOBEニュース編集部7月20日(木)12時36分
TBS系で19日に放送された番組「生き物にサンキュー&世界の怖い夜合体3時間SP」で合成の心霊写真が使われたと、元画像の持ち主がTwitt…[ 記事全文 ]
顔面フル装備防衛大臣に「無神経さがにじみ出ている」 NEWSポストセブン7月20日(木)7時0分
女性セブンの名物還暦記者“オバ記者”こと野原広子が、世の中の様々なトピックにメスを入れる!今回のターゲットは稲田朋美防衛大臣です。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 TBS「世界の怖い夜」で放送の心霊写真は合成か 元画像には霊が写っておらず持ち主は怒りBIGLOBEニュース編集部7月20日(木)12時36分
2 新垣結衣、共演女優が公開告発するも視聴者は全面支持したDL「裏切り行為」!アサ芸プラス7月20日(木)5時59分
3 顔面フル装備防衛大臣に「無神経さがにじみ出ている」NEWSポストセブン7月20日(木)7時0分
4 「安心してください。パイパンですよ」吉野七宝美、超ハイレグ水着のPR動画がエロ面白いと話題メンズサイゾー7月20日(木)10時0分
5 <抱かれたい男2017>総合部門1位はどのセクシー男? キムタク、福山は転落週刊女性PRIME7月19日(水)22時10分
6 上西小百合議員、裏側まで放送された“ツイート炎上会見”に坂上忍「擁護する気はないが可哀そう」Techinsight7月19日(水)19時57分
7 稲垣吾郎をテレビ朝日系の芸能プロダクションが獲得表明へまいじつ7月20日(木)19時31分
8 山下智久、ネコ関連クイズで繰り返した「根本的な間違い」の赤っ恥!アサ芸プラス7月20日(木)9時58分
9 中居正広でもリカバー不能?「音楽の日」で歌手LiSAを巡って大放送事故!アサ芸プラス7月20日(木)5時58分
10 西内まりや結婚&芸能界引退「Xデー」はクリスマスイブかまいじつ7月20日(木)19時0分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア