「有効期限」「正しい引き方」 意外と知らないおみくじの常識

1月2日(月)7時0分 NEWSポストセブン

おみくじ豆知識。有効期限はある?

写真を拡大

 2017年を占うおみくじ。知っているようで知らない、おみくじの作法や読み方について、おみくじの研究で知られる愛知県立大学・日本文化学部准教授の大野出さんと、15年以上にわたって全国のおみくじを収集・研究している、自称「おみくじマニア」の鏑木麻矢さんに聞いた。


Q:正しいおみくじの引き方は?


A:六角柱形の筒を振って、小さな穴から出てきた1本の棒に書かれたものと同じ番号のおみくじを受け取る『振りみくじ』の場合。穴を下に向けて筒を振るのは、本来の作法から反している。


「中国では筒を少し傾けて、斜めに振り、1本だけ飛び出してきたものをおみくじとして占います。日本の場合、穴が小さく棒が出にくいからと、下に向ける人が多いのですが、本来の作法ではない。水平より少しだけ上に起こして振ると、1本だけ出てきます。下に振ったからといって運気が逃げるわけではありませんが、正しい作法で引くと、心の持ち方も変わってきます」(大野さん)


Q:おみくじに有効期限はあるの?


A:おみくじに聞いた願いや頼みごとは、解決したら一区切りとなる。


「おみくじでわかるのは、今のままならこうなる、ということですから、有効期限というのは自分で決めることになります。それが解決したら、手元に置いておいてもかまいませんが、処分したいなら、感謝してから寺社の古札納め所に持って行って、おたきあげをしてもらいましょう」(鏑木さん)


 おみくじの効力を生かすも殺すも自分次第。正しく理解して、すがすがしい2017年にしましょう。


※女性セブン2017年1月5・12日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

おみくじをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ