GACKT、『格付け』個人無敗の62連勝も「3流芸能人」に恨み節

1月2日(木)9時20分 しらべぇ

GACKT

年始恒例となった、味覚や聴覚なども本当に「1流」なのかをチェックするバラエティ番組『芸能人格付けチェック』(テレビ朝日系)が1日放送。今年も個人成績58連勝中のアーティスト・GACKTの戦績に注目が集まっていた。


◼連勝中のGACKT

GACKT は2009年の初登場から勝ち続ける者の悩みとして、これまでにも円形脱毛症になるほどのプレッシャーに苛まれてきた。

番組冒頭からGACKTの連勝記録を振り返るなど、番組としてもGACKTの連勝を縦軸に据えて展開していったのだが、「嫌な予感がする。番組に出ないって選択肢はありか?」とスタッフに出演辞退も可能か確認するなど、どこか不安な様子を覗かせていた。

そしてその予感は的中することとなる。


関連記事:GACKT、格付け生放送で「ハズレ食材」へのコメントに称賛 「さすが…」

◼金爆・鬼龍院翔とのコンビ

同じく全問正解中のゴールデンボンバー・鬼龍院翔とコンビを組んだGACKT。身につけていた4,000万円相当のダイヤのブローチを「間違えたら視聴者プレゼントにする」と宣言するなど、自身を追い込みながら格付けに挑戦する。

GACKTはワイン、社交ダンス、うなぎ、四重奏と味覚・聴覚などが試されるチェックに全問正解、62まで連勝を伸ばす。

しかし鬼龍院が最初に挑戦した吹奏楽での聴覚チェックで失敗し1流から「普通芸能人」に転落。「クソ」「もうミュージシャンを辞めたほうがいい」と怒りを滲ませ、その場に立ち尽くすGACKT。

さらに最終問題、牛肉チェックで再び鬼龍院が間違えて2ランクダウン。連帯責任で「3流芸能人」でフィニッシュとなったGACKTは「俺、今年20周年だよ」と恨み節を零していた。

◼視聴者も興奮

自身は無敗ながらも、パートナーの失敗で3流芸能人と格付けされてしまったGACKTに、視聴者からも大きな反響が起きている。

「衝撃的な結末でした」「えっGACKTさん3流に落ちたんですか!?」「鬼龍院翔 GACKTを始めて3流にした男として格付けの歴史を塗り替えた」「まさかのGACKT様が3流笑笑」と新年早々、GACKTのまさかの姿を楽しんだようだ。


◼約2割弱が「味音痴」

しらべぇ編集部で全国10代〜60代の男女1,732名を対象に調査したところ、全体の15.6%が「自分は味覚音痴だと思う」と回答している。

味覚音痴

目隠しした状態で少量しか口にできない味覚チェックは、味覚音痴でなくとも正解を導くのが難しい。さらにGACKTからのプレッシャーもある、通常とは異なる条件下での味覚チェックだっただけに、鬼龍院にも同情するところだ。


・合わせて読みたい→GACKTや坂口杏里も… 「本名」が公表され驚いた芸能人たち2019


(文/しらべぇ編集部・サバマサシ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年3月22日〜2019年3月27日

対象:全国10代〜60代の男女1732名 (有効回答数)

しらべぇ

「GACKT」をもっと詳しく

「GACKT」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ