賛否両論の正月特番 テレビ離れが叫ばれる若者はどう思っている?

1月2日(木)10時1分 しらべぇ

テレビスタジオ(batuhan toker/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

正月三が日は1年で最もテレビに注目が集まる時期で、各テレビ局が特別番組をラインナップ。どれをみようか、目移りしてしまうほどだ。

そんな正月特番だが、好きな人がいる一方で苦手な人もいる様子。


■正月テレビ特番は好き?

そこで、しらべぇ編集部では全国の10〜60代の男女1,827名に「正月の特番」について調査を実施。

結果、「大好き」と答えた人は13.3%、「まあまあ好き」が42.0%で好きな人は55.3%。テレビ離れが叫ばれる昨今だが、それでも5割が正月特番について「好き」と考えている。


関連記事:正月が終わるのって寂しい? 会社員と専業主婦で大きな温度差も

■10代の割合が高め

正月特番が好きと答えた人を年代別に見てみよう。

「若者のテレビ離れ」と言われて久しいが、本調査では10代のじつに7割が「好き」と回答。そして年代が上昇するごとに割合が減り、60代は42.9%に。

バラエティが多く、イケイケな内容になることも多い正月特番。出演者のハイテンションに若者はついていくことができるが、中高年は「ちょっと…」と眉をひそめているのかも。

■好きではない人の意見は?

正月特番が「あまり好きではない」と話すIさん(60代・女性)に話を聞いた。

「全体的に騒がしい番組が多く、うるさい。NHKですら『初笑い』的なお笑い番組をやっている。私は落ち着いて新年を迎えたいので見たくはないのですが、家族が見るので、どうしても目に入ってしまう。


もうちょっとシニア向けの、落ち着いた番組も放送してもらいたい」


■大好きな人の意見は?

一方「大好き」と語るのはYさん(20代・男性)だ。

「正月特番って人気のある番組が放送されるので、見たい番組が目白押し状態。せっかく新年を迎えられたのだから、陰気な番組より明るいほうがいい。


正月特番にバラエティや笑える番組が多いのは、そんな意味も含まれているんじゃないですか。もちろん、やりすぎはよくないですけども」


笑いに溢れ、楽しい気分になることができる。正月特番の魅力は、その辺にあるようだ。


・合わせて読みたい→大晦日の夜は何を観る? やっぱりあの2番組が人気に


(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年12月13日〜2019年12月18日

対象:全国10代〜60代の男女1,827名 (有効回答数)

しらべぇ

「正月」をもっと詳しく

「正月」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ