“イカ大王”が両手にこじはる、峯岸。新年はAKB48に推し変か?

1月2日(金)11時45分 Techinsight

小嶋陽菜、イカ大王、峯岸みなみ。(画像は『instagram.com/nyanchan22』より)

写真を拡大


AKB48の小嶋陽菜がNHK紅白で遭遇したイカ大王との1枚を公開した。こじはると峯岸みなみを両サイドに写ったイカ大王の顔はデレデレ。その正体はモノノフとして知られるが2015年はAKB48ファンに鞍替えする可能性もありそうだ。

イカ大王と言えばNHKのコント番組『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』に登場するキャラクターで決してダイオウイカではない。プロフィールには「世界最大のイカ、ダイオウイカに捕食の仕方を教えたと自称している謎の生物。深海のドン。イカでもなく、人間でもなく、“イカ大王”」とある。

2013年の紅白でも出没したが、2014年の『第65回NHK紅白歌合戦』でも舞台裏からステージまで随所でその姿が確認されている。紅白が終わり年が明けた元日にAKB48のこじはるが『小嶋陽菜 nyanchan22 Instagram』でそのイカ大王の写真を投稿した。

思わぬお年玉に読者も「イカ大王様だー! 笑」、「ゆるキャラ新境地開拓」、「にゃんさんの笑顔に癒やされた」とコメントを寄せているが、その中に「きゃー! 塚地武雅様」との証言もありイカ大王の正体はバレているらしい。

お笑いコンビ・ドランクドラゴンの塚地武雅はももいろクローバーZのコアなファン、モノノフを公言している。しかし、アイドルファンの芸人として人気を得た山里亮太(南海キャンディーズ)がAKB48からももクロへと応援するアイドルの対象を拡げた例もあり、塚地がAKB48ファンとなっても不思議はない。

塚地は昨年末12月30日放送の『LIFE!2014 年の瀬 紅白コラボSP』で“黒子”役でももクロの5人と共演した際に、感動で目を潤ませていた。あのももクロへの情熱と今回のこじはる・峯岸との写真のデレデレぶり、今後、彼がAKB48へと揺らぐかどうか注目したい。

※画像は『小嶋陽菜 nyanchan22 Instagram』より
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

AKB48をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ