「西郷は追い掛ければ追い掛けるほど、その奥にもっと大きなものがある人物」中園ミホ(脚本)【「西郷どん」インタビュー】

1月2日(火)17時0分 エンタメOVO

脚本の中園ミホ氏

写真を拡大

 2018年の大河ドラマ「西郷(せご)どん」の脚本を手掛けるのは、連続テレビ小説「花子とアン」(14)、「トットてれび」(16)などを送り出してきた中園ミホ氏。林真理子氏の小説を原作に、日本人なら誰もが知る西郷隆盛という人物を1年間、どのように描いていくのか。大河ドラマ初挑戦となる本作に対する意気込みと、西郷という主人公に込めた思いを語ってくれた。



−林真理子さんの小説が原作ですが、脚本を書く上で難しさはありましたか。

 林さんの小説は今まで何度も脚色させていただいているのですが、『映像に関してはあなたがプロなのだから』と、いつも任せてくださるのでやりやすいです。“歴史”という大きな原作をどういう切り口で見せるかという部分については、林さんの小説がとても色濃く書いてくれています。私はそれを基に、エンターテインメントとして、人間ドラマとして、人間・西郷を描くつもりです。

−時代劇は初めてだそうですが、引き受ける理由として、原作の存在は大きかったのでしょうか。

 それに尽きます。林さんの原作と聞いたら、他の人には譲れません(笑)。

−林さんから何かお話は?

 いつも口癖のように「常に高みを目指しなさい」とおっしゃる方なので、今回も大河を引き受けるに当たって、「やりなさい」と背中を押していただきました。

−脚本を書く上で、心掛けていることは?

 西郷隆盛は、日本人なら誰でも知っている歴史上の偉人です。しかし、この作品ではそういう偉人の部分ではなく、人間としての西郷を生き生きと描きたいと思っています。

−時代考証を磯田道史さんが担当していますが、何か印象的なエピソードは聞きましたか。

 司馬遼太郎さんも「西郷という虚像に驚いているうちに終わってしまった」と言っているように、西郷は捉えどころのない人です。その“捉えどころのない人”をどうやってつかもうかと思い、磯田先生に「西郷はどんな人ですか?」と聞いたところ、「餅のような人」と教えてくれました。つまり、お餅を2個並べて焼くと、くっついてしまうように、近くにいる人の心に寄り添い過ぎて、同化してしまうような人だったらしいと。だからこそ、男性からも女性からも愛され、誰もが西郷のために尽くそうとしたのでしょう。西郷を描く上では、この話が大きなヒントになりました。

−書き進めている現在の手応えはいかがでしょう。

 西郷の人物像をつかんで書き始めたつもりでしたが、書いていくうちにどんどん「こんな面もあったんじゃないか」という部分が出てきて、自分の中でキャラクターが育っていく面白い体験をしています。林さんも「書き終わった時、やっと自分なりに分かった」と言っていましたが、書き終わるまで、彼の輪郭ははっきり見えないような気がします。西郷はそれくらいスケールの大きな人です。

−主演の鈴木亮平さんの演技から刺激を受けた部分はありますか。

 私はいつも俳優さんを想像しながら書くのですが、鈴木さんは以前、「花子とアン」に出演していたので、今回は最初から鈴木さんをイメージして書いていました。ただ、想像以上に体を作られてたくましくなっていたので、当初よりも野性的になっているところがあるかもしれません(笑)。

−西郷の幼なじみであり、鏡のような存在でもある大久保正助(利通/瑛太)については、どのような印象をお持ちでしょうか。

 林さんから聞いておかしかった話があります。鹿児島で「西郷さんのお墓に連れて行って」と言うと、タクシーの運転手さんはみんな喜んでお墓を案内してくれたそうです。でも、「大久保の銅像に連れて行って」と頼んだら、「どうぞ」と素っ気なく答えて、タクシーから降りてくれなかったと。その話で、鹿児島ではこんなに差があるんだと知って、びっくりしました。とはいえ、大久保がいるからこその西郷の存在であって、太陽と月、光と影のような2人の存在はとても魅力的です。

−男性が中心の物語になると思いますが、女性はどのように描くつもりでしょうか。

 薩摩は男尊女卑の気風が強く残っているといわれますが、鹿児島の女の人たちはとても強いです。私は強い女の人を書くのが好きなので、それが分かって安心しました(笑)。西郷には3人の奥さんがいましたが、その3人と愛し合ったり、別れたりする中で、西郷はああいうスケールの大きな人間になっていったような気がします。ですから、3人の奥さんとの関係は丁寧に描くつもりです。

−西郷の妻たちのキャラクターはどのように作り上げていくのでしょうか。

 西郷は筆まめなので、奥さんに手紙をたくさん書いているんです。大久保にも、愛加那(西郷の二番目の妻/二階堂ふみ)と仲むつまじい様子を報告したり…。そういう手紙を参考にしながら、史料のままではなく、血の通った人間にしたいと思って書いています。ただ、女の人を書くときは、つい力が入ってしまうところはあります(笑)。

−この作品を通して視聴者に伝えたいことは?

 西郷も大久保も、今後登場する岩倉具視や徳川慶喜も、みんな逆境を経験しています。それぞれ理不尽な理由で表舞台を去り、辛酸をなめた時期がありました。西郷は5年ほど島に流されていましたし、大久保も蟄居(ちっきょ)の処分を受けて家から出られない時期がありました。でも、私にはその時期が彼らをさらに人間的に大きくしたように思えるんです。そう考えたら、西郷がより魅力的に見えてきました。今は先が見えない時代といわれていますが、逆境というものは、誰にでも起こり得ることです。でも、それが人を強くする。それをメッセージとして伝えたいというのが、私のひそかなテーマです。

−それでは、視聴者に向けて抱負を。

 歴史の好きな方はもちろんですが、今まであまり歴史ものに興味のなかった方にこそ、見ていただきたいです。私も歴史に明るい方ではないので、時代考証の先生方の力を借りながら書いている途中ですが、あの時代の若者たちの群像劇は本当に面白い。西郷という人も、追い掛ければ追い掛けるほど、その奥にもっと大きなものがある、計り知れないスケールの魅力的な人物です。こういう人がいたということを知っていただき、1年間、西郷にほれていただけたらうれしいです。

(取材・文/井上健一)

エンタメOVO

この記事が気に入ったらいいね!しよう

西郷どんをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ