【インタビュー】舞台「アルトゥロ・ウイの興隆」草なぎ剛、希代の悪人役に「人生を懸けてやります」

1月2日(木)17時0分 エンタメOVO

アルトゥロ・ウイ役の草なぎ剛

写真を拡大

 草なぎ剛が、2020年1月11日からKAAT神奈川芸術劇場で上演される、「アルトゥロ・ウイの興隆」に主演する。本作は、演出家の白井晃が、ヒトラーが独裁者として上りつめていく過程を、シカゴのギャングの世界に置き換えた物語に、ファンクミュージックをちりばめた斬新な演出を施す意欲作。白井とは18年上演の舞台「バリーターク」以来、2度目のタッグとなる草なぎに、本作に挑む心境、そして希代の悪人でもあるウイ役の役作りについて聞いた。



−オファーを受けた際、最初に本作に対してどんな印象を持ちましたか。

 白井さんと「バリーターク」でご一緒したときに、これまでにない新しい感覚があったんです。脚本は読んでも全く分からなかったのですが(笑)、実際に演じてみたらすごく楽しくて。なので、白井さんからまたお声を掛けていただいたことがすごくうれしくて、台本も読まずにやりたいと答えました。今、この作品の台本を読んでいますが…意味が分からないんですよ(笑)。前回もそうでしたが、自分が何の役なのかも分からなくなってくる(笑)。でも、やるしかないので。きっと、自分自身でも知らない扉を白井さんが開けてくれると思うので、未知の自分に出会えると期待しています。

−現在(取材当時)、稽古もスタートしたということですが、実際に稽古を始めてみて苦労していることは?

 せりふの量が膨大なことです。自分でもよくぞここまでしゃべるなと思いながら、(稽古以外でも)ずっと台本を読んでいます(笑)。なので、きっと観客の皆さんにはせりふを話し続ける僕を楽しんでいただけると思います。ウイは浮き沈みの激しい人間なので、叫んで、泣いて、あの手この手で人をだましたり、たくらんだりと、芝居冥利(みょうり)に尽きる役なので、白井さんとディスカッションをしながら楽しく稽古しています。

−草なぎさんは、せりふはどのようにして覚えるんですか。

 ひたすら読みます。台本によって覚えやすいときもあれば、覚えにくいときもあるのですが、今回は比較的覚えにくいので苦労しているんだと思います。演じるウイが僕とはかけ離れているキャラクターなので、それでなのかもしれないです。舞台に出演するときは毎回そうなのですが、稽古をやっていると不安要素がたくさん出てきて、稽古場で「どうしたらいいんだ」って途方に暮れるんですよ。今回も、自分にとって挑戦だと思います。なので、人生を懸けてやります。人生を懸けてやらないとつまらないものになると思うので、フルスロットルで、後先を考えずにやろうと思っています。

−本作でのウイ役をはじめ、最近では、悪役やいい人ではない役を演じることも増えていますね。

 映画『まく子』で演じた南雲光一や『台風家族』の鈴木小鉄は根はいいやつだったんですが、ウイは最悪な人物です(笑)。ジェームズ・ブラウンの曲がかかり、パーティーという形で(悪行が)繰り広げられているので、一見すると悪さはあまり感じないかもしれませんが、やっていることは最悪で、しかも、それを楽しんでいる。でも、そういう悪い人というのは、自分のことを悪いと思っていないと思うんです。それが自分の中のルールになっていて、ただ、自分が信じたことをやっているだけ。なので、僕自身も「勝手に演じちゃえ」と思っているところがあります。いい人というのは、例えば、人のことを敬ったり、礼儀があったりと(万人がこうだと思い描く)“定義”があるけれど、悪い人にはそれがない。正解なんてどこにもないんです。(悪人というのは)コロコロ印象が変わって、時にはいい人のように見えたり、都合が悪くなったら怒鳴り散らしたり、自由に表現できるので、それが悪人を演じる楽しさだと思います。

−役者以外にもさまざまな仕事をされていますが、その中で、お芝居はどんな存在ですか。

 学ぶことが多く、不真面目な自分を正してくれるものなので、学校に行っているような感覚です。つらいことも多いから、本当は嫌なんですよ(笑)。朝も早いし、夜も遅いし、自分の感情とは全く違う感情を表現しなくてはいけないから、僕にとってはすごく大変なお仕事ではあるんですが、ありがたいことに声を掛けていただくので。そうすると、声を掛けてくださった方や演出をしてくださる方がどういう言葉をくれるんだろうって興味が湧いちゃうんです。新しい自分に出会えるような気がして。(役者の仕事は)つらいし、大変なことも多いけど、そこでしか味わえない達成感があるので、やめられない仕事です。

−映像と舞台に違いは感じていますか。

 以前は、どちらも「役者」というお仕事なので同じだと思っていたけれど、最近は、ちょっと違うと思ってきました。それは、ただ単に、体力的なことだと思います。僕も若いときはできたことも、段々とできなくなっているのを感じるんです。映像の場合は、それでも集中している時間が短いから、そこまでの(年齢による)変化はないかもしれないけれど、舞台はそうはいかない。緊張していると変に力が入ってしまってリズムが狂ってしまったり、ちょっとした段差を踏み外してすぐに体を痛めてしまったり(笑)、体力的な違いが出てきたな、と。でも、そこをどう自分の中で補って、楽しんでいくかだと思います。ある意味、駄目な自分すら役に投影すればいいわけで、それも一つの役作りになる。例えば、少し動くだけで息が切れてしまったり、疲れてしまうかもしれませんが、それもリアルですよね。もしそれでせりふが詰まってしまったとしても、それ自体は仕方なくて、その次にどうするかというのが今後のテーマになってくると思います。

−2020年の目標は?

 いい革ジャンといいブーツに出会いたいですね。たくさん持ってはいるんですが、実は気に入っているのは本当にわずかなんです。革質もポッケの位置も全部違うから、なかなか全てが好みに合うのは見つからないんです。もうちょっとここがこうだったらいいのに…って必ずあるから、気に入るものに出会えたらいいなと、日々思っています(笑)。

(取材・文・写真/嶋田真己)



 KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「アルトゥロ・ウイの興隆」は1月11日〜2月2日、KAAT神奈川芸術劇場 ホールで上演。
公式サイト https://www.kaat.jp/

エンタメOVO

「舞台」をもっと詳しく

「舞台」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ