『ソニック・ザ・ムービー』音速の“ひとり遊び”に興じるソニックがついに出会った相棒と ジム・キャリー怪演のドクター・ロボトニックに立ち向かう! US版予告編&場面写真が一挙公開

1月2日(木)16時3分 tvgroove

ソニック・ザ・ムービー

「ソニック」シリーズは、1991年に株式会社セガ・エンタープライゼスから発売された『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』以来、様々なゲーム機向けにシリーズ作品が展開され、目にも止まらぬスピードでゲームステージを駆け抜ける革新的なゲーム性と、音速で走る青いハリネズミ「ソニック」のクールなキャラクターが日本を始め、世界のゲームファンの心をつかみ、愛され続けている。

そして、全世界でシリーズ累計約9.2億本(※=DLを含む)を記録した日本発の大人気キャラクターがハリウッド実写映画化された作品、『ソニック・ザ・ムービー』が2020年3月27日(金)に公開。

この度、2020年・Hurryネズミ(ハリネズミ)年の幕開けを祝してUS版予告編と場面写真が一挙に到着!

故郷を離れ遠い地球にやってきたソニックが、ひょんなことから出会った保安官トム(ジェームズ・マースデン)と相棒となり、ソニックのスーパーパワーを狙うドクター・ロボトニック(ジム・キャリー)の野望を阻止するために大冒険を繰り広げる本作。先日解禁された日本語吹替版30秒特報に続き、この度ソニックが音速でひとり遊びにいそしむ姿を捉えたUS版予告編が到着!

US版予告編

故郷でパワーを狙われ地球に逃げてきたソニック。ちょっとさみしい時もあるけれど、音速で移動できるソニックは大丈夫!「バッターはソニック」「ピッチャーもソニック!」「こんなチームは嫌だ!」と言いながら、野球を1人で楽しむソニックの姿などを観ることができます。そして、ジム・キャリーの怪演っぷり全開なドクター・ロボトニックの“クレイジー”な一面が明らかになり、全身に青き閃光を走らせたソニックとの対峙シーンも…!それぞれのキャラクターの特性が色濃くにじみ出ている映像に期待が高まる。

Sonic (Ben Schwartz) in SONIC THE HEDGEHOG from Paramount Pictures and Sega. Photo Credit: Courtesy Paramount Pictures and Sega of America.

また、新たに到着した場面写真では、ソニックの強い意志が感じられる表情のアップから、鬼気迫るトムとのドライブシーン、ソニックがリングを見つめ音速で移動している姿など、疾走感溢れる瞬間のほか、不気味な笑みをたたえたドクター・ロボトニックの姿もインパクト絶大!

STH_06741R2CK – Jim Carrey in SONIC THE HEDGEHOG from Paramount Pictures and Sega. Photo Credit: Doane Gregory.

『ワイルド・スピード』シリーズのニール・H・モリッツと、『デッドプール』のティム・ミラーがプロデュースし、監督にはアカデミー賞短編アニメーション部門ノミネートのジェフ・ファウラーが、実写初監督に大抜擢。才能溢れるキャスト・スタッフが揃い、世界的人気ゲームキャラクターがスクリーンを駆け巡る!Hurryネズミ年の主役はオレ以外いない!とばかりに、【仲間が欲しい】と願いながら遂に出会えた相棒トムと共にソニックが繰り広げる、超高速スピードアドベンチャーにご期待あれ!


■監督:ジェフ・ファウラー
■製作:ニール・H・モリッツ(『ワイルド・スピード』シリーズ)、ティム・ミラー『デッドプール』
■出演:ベン・シュワルツ、ジェームズ・マースデン、ジム・キャリー、ティカ・サンプター
■全米公開:2020年2月14日
■原題:Sonic the Hedgehog
■配給:東和ピクチャーズ
■公式サイト:sonic-movie.jp
■コピーライト:2019 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

tvgroove

「遊び」をもっと詳しく

「遊び」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ